頼むから静かにしてくれ

はじめまして パチスロの勝ち方、雑感 ニュージーランドの話や戯言 時事関係や政治・経済などなんでも書いていきます よろしくお願いします

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~整合性の欠如ってやつだ~

うみねこのなくころに


設定1でもプラスとは聞いていただけで今まではスルーしていたのですがこの台、機械割が1をフル攻略で102.8%あるみたいです

一日回せば日当てで2万、時給で1500円程度あるみたい
パチンコで2万から3万の間で四苦八苦して探して打っている最中には止め打ち注意を気にする現状を考えればめちゃくちゃ甘いですね


ということで今さらながらすこし触ってきました



ひさしぶりにビタ押しなるものをしてみた結果、かなり下手くそになってました

けっこう目押し力とか早回しとかは自信があるほうだったんですがビタ押しが必要な機械は最近はほとんどないうえにそもそも打っている時間も減りましたしね


それでも初めの2回とも30Gだったのはへこみました





最初は直視だけで普通に、スイカを狙うのと同じように狙って止めたらなんか止まらない

どうしたもんかと思案した結果、直視とタイミング押しの併用とでもいうんですかね
10秒ぐらいリールを回してタイミングを取りながら同時にリールを凝視することでその後の20回ほどは全て成功しました


バシバシッバシなんてかっこよく決めたかったのですが現実はバシバシジーーーーーーートントンバシでした

はたから見たら最近打ち始めた人のように写ったでしょうけどどう打とうが成功させることのほうが大切です
体裁を取り繕ってもしょうがない


大切なのはいま自分にできることを数え上げ最善を尽くすことだ





なんて割の良さばかりが取りざたされていますけどこれシステム面や出目などスロットとしてなかなか良くできてます

ビッグ後に必ずはいる完走型RTと比較的軽い初あたり、まっさきにガンダムⅡを思い出しましたがあれも割が甘くRT中の演出進行度でボーナス期待度の示唆と出目の良さがよくできてましたね


スロットとしてもよく出来てますしRT中の会話などがサウンドノベルとして面白げです
いかんせん内容が内容だけにストーリーが途中でぶつぎりになっているので原作を読んでいない私には完全には理解できませんでしたけど概要ぐらいはどのエピソードも掴めます


魔法かトリックか、その暴きあいばかしあいの謎解きのような物語だと見受けられましたがこういうのはけっこう好きだったりします
逆転裁判のようなものですかね、家裁の人・・・はちょっと違うか




ひさしぶりにスロットを打って原作を読みたくなったのでamazonの欲しいものリストに加えておきました






うみねこを打っていたり羽根ものを打っている時もそうなのですが、パチンコやスロットに大事なのって緊張感と達成感だと感じることがあります


うみねこに関して言えばビタ押しを失敗してRT30Gしかもらえなかったとなってもなんだか納得がいくのですよね、それは自分が招いた事態ですから不幸というよりかは自分の技量が至らなかったと納得するだけの理由があります

羽根ものでも単純に自分が下手くそで出ないんだなと感じる時は練度が足りないと自分を戒めることで目の前の少量の出玉にも納得がいきます


納得がいくというのは事実を消化できるだけの整合性があるので心地よいし快いし楽しいものです
それを快楽と呼ぶのなら単純な運の出来に大半が左右される今のスロットやデジパチは享楽と呼ぶべきですが


パチンコは享楽では回らない

かといって快楽を得るためには今のパチンコはあまりにも状況が整っていない、整合性の欠如ってやつだ


だからみんな享楽に走る

けどね、享楽の台はボーダーが低いだけなんだよ
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 01:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STAP細胞論争に見る文明の陳腐化

小保方さんがかわいい

STAP細胞がいろいろと騒がれていますね

技術的なことに関してはわからないのですがいろいろ見てみると捏造があるか不正があるかに論点が集中しすぎておりこれだけの騒動になっているのも単純な炎上問題と同列にすら見えてきます


そしてどうも論文の転載についても本旨にかかっていないところでの転載であり研究そのもの、STAP細胞の有無とは関係ないところで問題になっているところを見るとなにか陰謀めいたものまで感じてしまいます




学問全般において、特に理系の研究は無駄なことの繰り返しで発見、研鑽を行うものでそこには絶対的な自由があるべきです


時間や金の無駄、国から助成金をもらっているのに毎日、何を無駄なことを繰り返しているんだとはたから見れば遊んでいるだけのように見えてもそれが産業、文明、技術の発展に欠かせないものであるのなら私達、一般人にできることは



ただ見守ることだけです


今回の騒動で小保方さんへのバッシング、精神状態を危惧するニュースなど様々なことが騒がれていますが理研の調査報告書での画像の改竄についても不服申し立てがされて決議されたあとにどうこう言えばいい

噂レベルの話しか飛び交っていないのにこれだけの騒ぎになっていることは不思議です



無意味です



肝心のSTAP細胞の有無については理研が1年かけて検証するということになっていますがSTAP細胞があるかないかだけの問題でその他のことは至極どうでもいい

個人的には論文を捏造しようが画像を改竄しようがそれでSTAP細胞の研究が進むのであれば「有り」だと思っている
もちろん学術的なルールや倫理的な問題が発生はするが一個人としてSTAP細胞が社会、人にもたらすであろう便益を想像するのなら画像なんかどんどん改竄することを希望する
それが、捏造や改竄が正しいか正しくないかという点で言えば正しくないし自らが関係者や小保方さん本人だとすれば画像を改竄したりはしないだろうが完全な傍観者からすればSTAP細胞に近づく術があるのならどんどんやれと言っても不思議ではない


しかし一連の騒動を見るとやたら倫理的で情緒的な意見が目立ちます


割烹着がどうだリケジョだなんだとマスコット扱いして大衆に消費させるマスメディア、ネットメディア、パーソナルメディア
こんなに騒動の背景にあるものが見るに耐えない報道もかなりめずらしい、フジテレビデモ以来ではないでしょうか




ただでさえ学歴社会が崩れかけてOD(オーバードクター)が問題になっている大学院なのに非常勤講師が矢面にたたされて日本中からバッシングされてたら研究を志す学生もかなり減りそうです



暗い部屋で顕微鏡と格闘する自由は確保されるべきなんですよ
学府の最高位まで進んだ人達です

そこで研究していることは文明の進歩そのものなのですから多少の失敗は許されて然るべきです


ましてそれを糾弾するということは絶対に間違っているし、文明の陳腐化を進める行為であることを気づくべき
George
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 23:19 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~パチスロQZを見て感じたこと~

パチスロQZを見て思ったこと
http://slotqz.jp/sn/c-board.cgi

ビタ推しさんの記事でパチスロQZを覗いてきました
スロブログについて5つの提言
http://bita-oshi.blogspot.jp/2014/04/5.html


とむげさんや以前にコメントを頂いてブログを休止してしまったケイさんなどリンク先の方々もいろいろと書かれていましたがスロットブログについて、というよりもスロットを打つ人間の心理状態のようなものまで掘り下げて書いていきます

とむげさんの記事
http://slogic.blog.jp/archives/37058871.html
ケイさんの記事
http://keipachibrog.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

両者にはリンクの許可をいただいていませんので目にかかりご迷惑でしたら削除させていただきますのでその際は気兼ねなくコメントいただけるとありがたいです




解析をそのまま転載するブログの是非について

まずスロットブログを書いてみて実際にわかるのがこんな「パチスロの話」とか書き続けても読者は集まりません
私の文章の至らなさや更新頻度が少ない、リンクがほとんどないというのもあるでしょうがどれだけ努力して文章を書いてもたかが知れています
スロットブログではないですがイケダハヤト氏のように文章でアフィリエイトをしている方でも実際には炎上、逆撫で、コンプレックスをほじくりかえしていることでアクセスを集めているわけですし誰が見ても100%純朴な方法で食えるほどに稼いでいるブロガーはかなり少ない


だからまともにアフィリエイトやろうと思って個人ブログを始めてみてもたいていの人は一年も持たないで挫折します


こんなもん楽しまなければやってられません


しかしスロットブログに限り、くそつまらないブログでも稼ぐ方法が機種情報を書いてしまうことです
スロットブログを書いている方ならおわかりになるかと思いますがスロット関係で検索から来る人ってほとんど機種名や勝ち方などから飛んできます


私も昔にAKBのV外しについて新台初日か2日目かに書きましたがいまだにアクセスがあったりします
それ以外でスロット関係の検索から飛んでくるなんてほとんどありません


だからスロットブログでアフィリエイトする絶対条件は機種情報や旬なゾーンや止めうちなどを書くことにってしまうんですよね

絶対条件ではあっても十分条件ではないのでしょうけど解析ブログのSEO対策については私はやっていないのでよくわかりません
おそらくテンプレートの中に「期待値、解析、パチスロ」と打ち込んだりするのでしょう


で、それがパチスロQZで問題になってるのでしょうけど



まぁはっきり言って迷惑ですよね、私も解析ブログとか勝ち方を書いているパチンコ礼讃ブログについてはすこし引いて見ていますが解析を載せるのが問題があるのかというとまたすこし違う話のような気がします


解析はメーカーから雑誌社に渡されるものみたいです


で、これだけ情報があふれかえって解析を雑誌で見るという需要が消えかけていても何もお達しがないというのはおそらく解析は雑誌に権利が帰属するものではないんじゃないでしょうか

メーカーは発表する媒体が便宜的に雑誌というだけで、ブロガーでも営業に行けば解析を公表する媒体として認められるようにまでなったりするんじゃないでしょうかね

それこそ国会の記者クラブみたいに



同じ雑誌の例で週刊誌が出したスクープでもそこらのサイトに張られていたり新聞その他メディア、他誌も追従して書き連ねますが世に出てしまえば著作権があるもの以外は自由だと思います

スロットの解析に著作権というのは聞いたことがありません



解析ブログはあふれすぎですしスロットで勝つための情報は優位性があるから勝つための情報たりえるのに誰でも知っていれば情報はただの情報にしかならないから解析ブログでみんなで勝とうというのは矛盾しているしそれがパチスロQZでも話題になっている理由で、争点とされるべきだと思うんですけどね



読んでみると単なる煽りあいになってました


掲示板での議論って罵りあい、一般化した意見をいったものが勝ちのような決着になるだけでほんと無意味です
あげくにはスルースキルが処世術みたいなことを言い出す人間が表れ終了と


包摂的な意見を言ったものが共感をあびるのを良しとするのが掲示板のルールだというのであれば商用ブログでなんでもかんでも良しとする解析ブログと変わりません


議論は細かいところまで詰めていく作業です、だからスルースキルを言い出すようなカースト制度を信仰している人は害でしかない
一般化した意見のように見える単なる前提はピラミッドの最も下に位置すると知ったほうが良い









とここまで書いてあげようと思ってたのですが、3日前に書いてまたQZを覗いてきたら建設的なものになっていました、まるまる消そうか迷いましたが横線で対応させていただきます


なんでこれだけ議論になっているのかと言えばパチスロで勝つということ、それ自体の死活問題だからここまでみんな感情的になってレスするし批判的に書くのだと思います


ケイさんのブログでも同じことが書かれていましたがパチスロで勝つということとブログを書くというのは矛盾しているのですよね、本当にその通りです
解析は雑誌を見なければわからないというのがパチスロで勝ち組が利益をあげることができるギリギリの許容範囲だったのだと思いかえせます


これは比較優位の問題そのものです

貿易を語る時に出てくる経済学の言葉ですが、軽く説明すると先進国においてはほぼ全ての物の生産性は後進国よりも高いのになぜ先進国は後進国から輸入をするのか

単純に生産性を比較するのではなく、時間や効率、費用対効果など総合的に両国で勘案することで後進国から輸入したほうが良いという結論になります


先進国が全ての分野において後進国よりも生産性が高いという絶対優位性は重要ではなくて、分業化して後進国では単純労働、先進国ではマーケティングや営業などの知的労働をしたほうがどちらの国にとっても比較的に優位であるということです



すこし前までのスロットの状況
先進国は雑誌、後進国はスロッターと考えれば雑誌が解析を出すことで利益を得てスロッターがそれを元に労働するというのは非常に比較優位の原則にのっとっています


しかしここに第三国、解析ブログが表れて全世界に発信することで両者ともに優位性が損なわれて自由競争の時代になってしまいました



雑誌も勝ち組スロッターも怒るのは当然です、市場には市場のルールがあると言いますがそんなルールいつできたのかという解析ブログ側の言い分もまた正論のような気がします




なのでこういった議論がなされるのは非常に良いことで嫌儲と一口に言ってしまえるほどの問題ではない
勝つということの根幹に関わるものだから解析ブログは片っ端から通報して雑誌に対応してもらうぐらいの熱があっていい
ブログ側もメディアとしてやっていきたいのならプライバシーポリシーを設けたりパチスロで勝つことはどんなものかなど責任をもって行えれば先進国として、スロメディアとして認められるようになるのかもしれません
George
ポチっと
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 00:33 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無駄話~エセジェンダー~

かわいい娘が増えたなと思う


造形的に見れば整形の技術や化粧品の質も上昇しつづけているので何もおかしなことではないけれども、けれどもあまりにもかわいいにフォーカスしすぎでやしないだろうか?なんてことをエロサイトを漁りながら考えていた



よくありげなかわいいAV女優が増えたなんていうお題目の記事を書くつもりもないのだが街を歩いていてもそんなことを感じることが増えてきました





古いもので裏腹系やガングロ、最近だと森ガールや肉食系女子などカテゴライズされてたりしますがどれもベースにあるのは時流にあったかわいさですね



かわいいとか美しいというのは手放しで楽しんだりするものなのでしょうし女性として美しさを追求するのは当然の行為なんでしょうが個人的に感じる感想としてはかわいいを追求しすぎてかわいければなんでもいいなんていう空気があるのはいただけません



日本には伝統的なアイドルという文化がありますがアイドルというかわいさの象徴のような存在でもすこし前までは松田聖子さんやモーニング娘のように歌もうまく修練の末に世に出てきた傑物でまさにテレビに出てくるような限られた人間だと感じました

最近のアイドルはたしかに昔のアイドルよりもかわいいのです、かわいいことがアイドルとしての唯一無二の才能であるのなら今の時代はアイドル全盛期と言ってすらしまえるかもしれませんが昔の熱狂に満ちた空気はもう感じることはありません



商業的に成功すればするほど形骸化しているようにも見える



アイドルが女性が女性らしく生きるための象徴であるのならこれほど歪んだ時代はないのかもしれない
いや、地下アイドルなど手を伸ばせば届きそうな女性が表舞台に出てきたことでジェンダー的に言えばむしろ好ましい時代とも見て取れる




何が言いたいかというとかわいいで女性が得れるものって男から見れば性的な魅力でしかない
かわいい、美しい、かっこいいとかは入口としてこの上なく重要なのは間違いないのでしょうし

それで結婚してなんやらかんやらいろいろ財産や子供など獲得していくのが女性としての模範的な幸せの成り方であるのなら容姿に磨きをかけるのは非常に理にかなっています


けれどそれって今の時代には非常に危険な気がするんですよね


30を過ぎればかわいさもピークを過ぎて老いはじめてしまうのでそれまでになんとか結婚しようと婚活をするのでしょうけど当然、結婚できる人とできない人に分かれます



男が経済的な理由や将来的に子供や嫁を養える確信もないこと、娯楽が溢れているせいで結婚にそれほど意欲的ではない人が増えているので
女性がなんとか結婚しようとかわいいを追求して性的な魅力を伸ばしていても幸せは実らずに男に消費されて終わってしまうことも多々ある



だから今の時代、女性の社会進出、ジェンダーの平等が叫ばれる一方で現実にはすこし歪んでいるように見えることがある


キャバクラ嬢みたいな女性が増えてもキャバクラ嬢に狂う男は本当にさみしい人か下半身で思考する人しかいないのでそれを現実にあてはめようとしてもうまくいくはずがない

だから女性は容姿もそこそこに化粧も薄くキャバクラ嬢のような打算的あざとさではなく良い意味でもっと自分のために生きてみてはどうだろうか、若い男なんて付き合う理由の8割ぐらいがやりたいだけなんだからそんなことに振り回されるのはバカバカしい



何が言いたいかわかんなんくなったな



そういえばエロサイト見てる途中だった
George
女性なんて誰も見てないだろと思った方はポチっと
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 23:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牛スト鍋定食

ワタミに続いてすき家も労務がきつすぎて閉店騒ぎ、株価暴落となっていますね


ストライキの件数を調べてみたら40年前は1万件近くあったのにたいし2011年では57件にまで減っているみたいです


覚えているのですとプロ野球界再編でストライキまでいったことがありましたけど一般的な労働に従事する人たちがストライキするというのはあまり聞かないですね



すき家の場合にはバイト、バイトリーダー、店長、エリアマネージャーに至るまでが非正規の人間で構成されていて正社員は運営、本部に属する人たちだけのようです

ようは実際に現場で動いているのは非正規の方達だけということには驚きです


どんなに会議を重ねても営業報告書を読んでも現場と本部がすれ違うのは当然ゆえに出てきたのが例の牛すき鍋定食と考えられますね


牛丼って初めて食べた時、ものすごくおいしかった記憶があります

まだアメリカ産の牛肉が規制される前、松屋もすき家もどこにもなく吉野家で食べた牛肉は子供ながらにも衝撃的でした
のちにあの肉が提供される行程がお玉ですくってかけるだけだと知った時にはさらに驚きましたが牛丼家の本質ってそこにあると思うんですよね


余計な手間を省いているから低価格ですぐに提供できる、インスタントなんだけどインスタントじゃないという絶妙なバランス



最近はいろんなメニューがどの店もありますが肝心のバランスをなくしたら他においしい店はいっぱいありますからそっちに客が流れていくのは当然ですし人件費と労働内容に怒りを感じる従業員が出るのも当然です



本来はストライキはどんどんやるべきだと思います
日本人には黙って働くのが美徳という文化がありますがそういう考えって徳ではあるんですけど得ではないんですよね


ストライキかストレスかどっちか選べと問われたら多くの人がストレスを選ぶ社会ってどっかに歪みが生じてきますし爆発すれば今回のような事態にまでなってくるのでしょう


しかし実際にストライキやデモを行うと世間からの印象は痛い奴ら




労働環境や労務の是正に労働組合や基準法があるのにストライキやデモが否定されるのはなんとも不思議なロジックです


嫌韓のヘイトスピーチなどは宗教的な側面が強いのであれはまた別の話になってくるのでしょうけど時給800円でこき使われているのをよしとするのはよほどの達観者か奴隷根性が染みついている人だけのものです


権利としてのストライキは企業にどんな不利益を生もうとも行われるべきもののはずなんですよね



ストレスを甘受するのは徳でも得でもないという当たり前の話なのに忌み嫌われるようになったのはいつからなのか


平和というやつなのでしょうけどピースフルは必ずしもハートフルではない定食
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 01:46 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。