頼むから静かにしてくれ

はじめまして パチスロの勝ち方、雑感 ニュージーランドの話や戯言 時事関係や政治・経済などなんでも書いていきます よろしくお願いします

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

牛スト鍋定食

ワタミに続いてすき家も労務がきつすぎて閉店騒ぎ、株価暴落となっていますね


ストライキの件数を調べてみたら40年前は1万件近くあったのにたいし2011年では57件にまで減っているみたいです


覚えているのですとプロ野球界再編でストライキまでいったことがありましたけど一般的な労働に従事する人たちがストライキするというのはあまり聞かないですね



すき家の場合にはバイト、バイトリーダー、店長、エリアマネージャーに至るまでが非正規の人間で構成されていて正社員は運営、本部に属する人たちだけのようです

ようは実際に現場で動いているのは非正規の方達だけということには驚きです


どんなに会議を重ねても営業報告書を読んでも現場と本部がすれ違うのは当然ゆえに出てきたのが例の牛すき鍋定食と考えられますね


牛丼って初めて食べた時、ものすごくおいしかった記憶があります

まだアメリカ産の牛肉が規制される前、松屋もすき家もどこにもなく吉野家で食べた牛肉は子供ながらにも衝撃的でした
のちにあの肉が提供される行程がお玉ですくってかけるだけだと知った時にはさらに驚きましたが牛丼家の本質ってそこにあると思うんですよね


余計な手間を省いているから低価格ですぐに提供できる、インスタントなんだけどインスタントじゃないという絶妙なバランス



最近はいろんなメニューがどの店もありますが肝心のバランスをなくしたら他においしい店はいっぱいありますからそっちに客が流れていくのは当然ですし人件費と労働内容に怒りを感じる従業員が出るのも当然です



本来はストライキはどんどんやるべきだと思います
日本人には黙って働くのが美徳という文化がありますがそういう考えって徳ではあるんですけど得ではないんですよね


ストライキかストレスかどっちか選べと問われたら多くの人がストレスを選ぶ社会ってどっかに歪みが生じてきますし爆発すれば今回のような事態にまでなってくるのでしょう


しかし実際にストライキやデモを行うと世間からの印象は痛い奴ら




労働環境や労務の是正に労働組合や基準法があるのにストライキやデモが否定されるのはなんとも不思議なロジックです


嫌韓のヘイトスピーチなどは宗教的な側面が強いのであれはまた別の話になってくるのでしょうけど時給800円でこき使われているのをよしとするのはよほどの達観者か奴隷根性が染みついている人だけのものです


権利としてのストライキは企業にどんな不利益を生もうとも行われるべきもののはずなんですよね



ストレスを甘受するのは徳でも得でもないという当たり前の話なのに忌み嫌われるようになったのはいつからなのか


平和というやつなのでしょうけどピースフルは必ずしもハートフルではない定食
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 雑記 | 01:46 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自殺した慶大生が書いていたブログが面白い

すこし前に自殺教唆で事件になった慶大生のブログを見つけたので紹介します


続!愛をください

これからどんどん生長しても、 少年たちよ、容貌には必ず無関心に、 煙草を吸わず、お酒もおまつり以外には飲まず、 そうして、内気でちょっとおしゃれな娘さんに 気永に惚れなさい。

より引用

自由に楽しむだけの会話にさえも見えないルールはある。「人間」たちは皆そのルールに対するバランス感覚を生活していく中で獲得し、それに「自然に」従えるようになっていくみたいだが私は駄目だ。どんなに努力しても「自然さ」が獲得できないのだ。「自然さ」が得られなかった者は、世界の中に入れない。世界の自由さの中に含まれた自然なルールがわからない私は、朝日に溶けた幽霊のように、いるのにいないような存在になってしまうのだ。そこまでいくと、人はあるとき私の「不自然さ」に必ず気づく。それがたまらなくつらいんです。魔女狩りのない時代で本当によかった。


だからこそ、同級生やサークルの人やTwitterの人に話しかけられたり、ご飯に誘われたりすると、涙があふれ出るほどうれしい。呼ばれた理由が何であってもうれしい。

「あれっメンヘラ神!?まだ生きてたんだ!!」

と勝手に死んだことにされてたとしても本当にうれしい気持ちでいっぱいになる。



この世界に、ほんの一瞬でも、さわれたことがうれしいのだ。






一部を引用させていただきましたがどの記事も文学的な世界観にメンヘラである自らをポジティブにとらえて昇華させている文章が強く印象に残ります

自分自身と向き合う葛藤の中にも楽しみを見いだせているようにも見えるし亡くなってしまったことは本当に残念でなりません


心が弱いと表現されるメンヘラの方達ですがこういう普段はひねり出さないだろう内面に触れることがあると心は弱いのではなくきっと琴線が人よりも響きやすいのかなと感じます

琴線に触れれば感情は音を出して奏でますしそれは健常者の方以上に人間的だし面白いものだったりするのかもしれません



世界観が違うのでしょうね、そんなもの本来は誰もが違うもので自然に生きていく中で社会に適応させていくのが生物的なんでしょうが人間的かというとすこし違う気もします

彼女のように異質な感性をもって生きている人にとって社会は高次元か低次元かどちらにせよ次元が違って受け入れきれないのでしょう



それがメンヘラと呼ばれる人達なんでしょうけどきっとそれは社会から見ればおかしい人達で、生物的に失調していても人間的にはこのうえなく魅力的な人物だったりすることもあるんじゃないかな



と彼女のブログは問いかけてくれました


天国では眠剤なんか使わなくてもきっと安らかに眠れる


だから死んで良かったねなんて社会的には不謹慎極まりない言葉でもとても人間的な彼女は笑ってくれると勝手に信じるただのメモ
George
ブログやる気出てきた、短いですがぽちっとお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 00:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

村上春樹風スロット小説

小説って書いてみたかったんですよね
暇な方はどうぞ



完璧なスロットというのは存在しないんだよ、完璧な依存というものが成り立たないようにね


そういって彼は重い目のくまをたくしあげ笑った。ずいぶんとしわの少ない顔に見えた。綺麗な顔とは言えない。死んだ目をしているわけでもなくどこかを見つめているようにも見えた。過去の思い出でも回想しているのだろうか


違う。宵超し天井を探しているのだ



「ねえ、ここにいる人たちはみんなハイエナしてるわけ?」と緑はジャグラーのパネルを不思議そうに見つめながら言った
「おおくは・・・ね」そういって彼は目のくまを重たそうに下ろした
「男の人ってどういうこと考えながらスロットを打つわけ?」
「勝った金で風俗でも行こうかとかかな、上等なので家族サービスとか」
「ふうん」



ずいぶんと関心の薄い緑がバレンタインデーの下駄箱にチョコが入っていないぐらい当たり前で予想を裏切らない反応をしたことに僕はがっかりしたし安堵した



ホールを回って見るがハイエナできそうな台はない。放水車で撃退された学生運動の成れの果てのようだ

すこし打ってみようか、そういって彼女を誘った。ジャグラーだ。ピエロはいつも笑っている。失笑か嘲笑か微笑みかはわからない。
笑っている。とにも、かくにもだ


「ねえ、いい大人がこういうことしてるってやっぱり異常じゃない?」と緑は怪訝そうな瞳を向け、訊いた
「異常・・・だね」
歯間にホウレンソウでもつまったような物言いだ

「あ、光った」紫色の光に包まれた緑はそう言った。怪訝な瞳が破幻の瞳だと考える僕の思考回路にドロップキックしたい。カナディアンバックブリーカーでもかまわない。

「777と揃えればビッグだよ」


そう聞いて緑はしどろもどろにリールを止めた。ビックだ。スリーセブン。6000円とちょっとだ。

出玉を全て飲ませて「飽きたわ」緑はつまらなそうに言った
「そうだね、つまらないし無為だね」
「無為?ずいぶんと聞きなれない言葉を使うのね。無駄ではダメなの?」
「駄馬でも荷物を運ぶくらいはできるだろ。ためにならないから無為なんだよ」
「そう」



車に戻りカーステレオの電源をいれる。こなーゆきーと聞こえてきたが僕の地方では雪など降らない。粉雪に共感などできない。



「じゃあ、ホテルでもいこうか」彼はギアを入れながら言った
「パチンコに連れてきてそのままホテルってあなた何を考えているの?」
「それはそれ、これはこれである。冷たいようだけど地震は地震、野球は野球である。パチンコはパチンコ、ボートはボート、そしてファックはファックである」



緑は帰ってしまった
George
いまいちかなと思った方はクリック
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 02:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチンコの話~出来そこないラプソディー~

こんばんは

パチンコやパチスロの演出についてですがいいかげんに作ったほうがむしろいいんじゃないかと思う時があります


激熱演出はちゃんと当たって欲しいとか赤保留は最低でも期待度30%は欲しいとか客の要望でそうなっているのでしょうがもっとバランスもめちゃくちゃにしてどの演出でも当たるぐらいのほうが打ってて心地良い気がします


というのも最近、バジリスクを打っていたんですよ
スロットではなくパチンコのほうなのですがもう演出バランスが一昔前の出来そこないみたいな台で作画もけっこう目につくところがあったり作りこまれているとはお世辞にも言えませんでした




けれど作りこまれていないはずなのに他の台より打ちやすかったんですよね



これ、パチンコだけの話ではなくゲームなどもそんな風に感じる時が多いです
ドラクエも8より4や5のほうがとっつきやすい、良い意味でのチープさがありますしFPSよりも昔の任天堂64の007のほうが面白いという人も多いでしょう

黄金銃を探して打ち殺すというシンプルなゲーム性でしたがゲームもパチンコも遊びはシンプルなほうが受けると思います




技術的に進歩すればそれだけ複雑難解な表現の仕方が可能になるのでしょうけど盤面に写っているものを見るのは人の目であり脳が処理するものなので処理能力が疲れを感じてしまえば目の前の美麗な映像もわずらわしくなる


美術の進歩はグラフィックの発展の歴史でも画材の発展でもなく感性による発展なんて言われるかどうか知りませけど単純な図式の美しさ、フィボナッチ数列とかそういうところに美しさはあるんだと思います



だから奥村のバジリスク開発陣があれを意図して作ったのかどうかは置いておいても個人的には好印象な台でした


昨今の演出事情に関してはこれがこうなってここでチャンスアップがあってカットインがきてボタンが赤かったりでかかったりしてようやく当たるか当たらないかの勝負に立てる台が多いですがバジリスクはいきなり発展してそのまま当たったりしました


謎当たりというやつですね


ちょっと前のパチンコはこういう台が多かったのにいつのまにか演出がインフレ化しすぎて野暮ったくなったのか



慶次がまさに演出の歴史を表している台ではないでしょうか

初代慶次はマックスタイプの先駆けということもあり大ヒットでしたがあの台のなにがすごかったかっていうと演出バランスの奇跡的な崩壊具合だったと思い出します


保留4個の状態で変動開始してものの1秒でいきなり大ふへんもの図柄が降ってきて大当たりやボタンプッシュでセリフ白字でのキセルからストーリー、無予告から発展して襖赤タイトル赤セリフ赤で当たりなどなど



なにがどうなってもなんとかなるんじゃないと思わせるようなバランス具合でしたがその後、出るたびにマイナーチェンジを繰り返してしまう惨状





どうしてこうなったのかは知りませんし最近でもAKBなんかはよくできていると感じましたが綱渡りで渡りきれたら当たりという台がほとんどになりましたね


どうだ、こんだけ綺麗な液晶でウーハーを聞かせてすごいだろというのもたしかにすごいんですけどパチンコやスロットの演出って当たるか当たらないかを見せたり考えさせたりするのがメインで綺麗かどうかは二の次ですから綺麗にしたぶんパチンコの本質からずれていっては本末転倒です


綺麗なものを見たければ美術館でも水族館でも登山でもいろいろありますし
パチンコの演出に綺麗さとか求めてる人なんて遊戯人口の1%もいないんじゃないでしょうか



だから目の前で打ってる人の服装ぐらい着崩れて汚れてたりしてても大丈夫だよ
George
飢餓向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 00:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勝つためのパチスロの話~等価禁止とクソビッチ~

また海でくそはまりしてきました
1500はまり4R単

もうやだ、魚嫌い、あのクソビッチの当たらないぽいぽいリーチに憤怒しかけたところで弾も現金も時間も同時に尽きたので投げてきました




話変わり大阪ではもう等価が完全に禁止になっていましたが他県でも等価禁止の方向にすすんでいるようですね


これを聞いて真っ先に思ったんですけど、すこし前まで一物一価って言ってませんでしたっけ・・・

むしろ等価推奨の流れで私の知っているホールでもパチンコが等価になったりしていましたがいつのまに業界、というかこの場合は警察の方針が変わったのか


なんなんでしょうね


まぁ地域の管轄ごとにも違うのでしょうが、何がしたいのかよくわからない



等価禁止がもたらすものって何か?
勝つために打っている人の立場からすこし考えていきます


パチンコはおそらく何も変わらないと思います、何も変わらないというとおかしな表現ですが特に勝ちにくくなるということはないでしょうね


むしろパチンコは等価でなくなったほうが勝ちやすくなるという意見の人もけっこういそうですしすこし前までなら私も同様の感想を持っていたでしょうが

等価がメインになってからもパチンコを打っていて思ったのが等価なら等価の打ち方があることです
1玉の重みが違いますから期待差球はたいしたことがなくても期待収支で見れば意外となんとかなりそうな台を探せたりするのですよね

つまりすこしの隙や開けでなんとかしてしまえるぶん等価が不利ということにはあまりならないのかな
低換金ですと店に依存しやすく等価ですと機種に依存する部分が大きくなるということで換金率の問題はパチンコではあんまり関係ないと思います




スロットはどうなりますかね
まず天井、ゾーン狙いは貯メダル使用でないかぎり勝てなくなるのは間違いないですね


簡単な数字でモデルケースを見てみると
等価:平均投資9000円で回収11000円の期待値2000円が5,5枚になると回収が10000円になり期待値1000円と

わかりやすい数字でだしただけですが天井狙いでは今の台だとこんなんが多そうです

現金で打ちまわって流しまくると収支は半分になると思っておいてだいたい間違いなさそうですが・・・半分になったらもうそんなことやる価値がなくなりますね



ただ天井狙いやゾーン狙いでも非等価になることによるメリットもありそうです
まずは貯玉手数料無料の店が大前提ですがおそらくふらっとハイエナして帰るようなライト層とでも呼ぶべき人たちは淘汰されるでしょうし貯玉を貯めきれないような資金で打っている人は台の荒さと換金ギャップに殺されてしまいます




実際にホールにいて最もやっかいなのがなりふりかまわないライトハイエナ層ですからむしろハイエナでは非等価は望ましいとも受け取れますね
ただ貯メダルを使えない店にはハイエナはよりつかなくなるからライト層はいなくなっても使える店が貯メダル加納店に限定されるので局地的に見たらむしろ厳しくなりそうです



やっかいなのはむしろ設定狙いのほうかなと思います
今の台はいやがおうにも投資がかかる台ばかりですし、貯メダルで打つにしても今の状況ですとジグマっていつでも設定が狙える、打てるホールなんてほぼないですから

どっかのイベントに出向いて打って、次いつ打てるかわからないのに換金しないで貯メダルのままずっと放置というのも危険です



その分、設定を入れてくれたりベースを2にしてくれたりすることを期待したいですがおそらくダメでしょう
設定なんか使っても使わなくてもそもそも全然わからないんですから設定を使う理由はもうすでに失ってしまっていますし使ってると見せたければ島単位でいじくるしかないですがそんなホールはもう私のまわりではどこにも見つかりません




良くも悪くもこういう状況が変わる時ってどういうふうに変わるかと考えるのも重要ですが反応速度のほうがけっこう重要だったりします

換金率が変わればホールも右往左往して釘をいじくってきますし、すこし前から優良ホールの指針はもう釘をどれだけアケてるかよりも釘が動いているかどうかです

さもすればこういう大規模な変更があった場合にはすべてのホールが瞬間的に優良店になる可能性があるわけですしね、あくまで瞬間的ですが


スロットの場合にはとりあえずどれだけ抜けるのかととりあえず抜けるだけ抜いてみるホールと試行錯誤するホールにわかれると思います



総合的に増税の影響で換金率が厳しくなることを考えれば厳しくなったぶんだけ客から抜くしかないのですこしたって結果だけ見ればただ換金率があがっただけ厳しくなり何も変わっていないということにはなりそうですけどね・・・






ただ希望的観測ですがパチンコやスロットは非等価のほうが遊戯人口や台の仕様などを考えれば良い方向に向かうと思います

今のスロットは等価仕様で長時間打つようにはできていません

例外なく全ての台が荒く演出などごりごり出てきて短時間でも打ち手は足ると感じるように出来ているんですよね
等価がメインになってから台もそういう設計になってきましたが長時間打つことがあると短時間で遊戯する客のために作られた台は光や音に演出ももっさりしすぎていて疲れてしまいます

現在の機種構成で打っていて疲れないのは海とジャグとゴッドぐらいしかなく他は全部撤去していただきたい


スロットを堪能するにはやはり長時間打ってなんぼ、高設定に座ってなんぼみたいなところがありますから等価禁止はスロット本来の遊戯性に回帰するチャンスでもあると考えられます



パチンコも同様ですね

それで遊戯人口が増えれば増税でも結果的には勝てる額は増えるというのもありえますがやはり希望的観測なんですよね



捻りがうまい、ハイエナがうまい、羽根ものがうまいなんてのはありましたが状況が総じて好転したことなど今まで一度もないですし裏切られるとわかっている希望なんて持つぐらいなら持たないほうがいいのかもしれない



なんて考え方自体がひどく絶望的だがむしろパチンコではすこぶる賢明なのかもしれない



そんなことより2日で12万負けたのでお金を返していただきたい
George
ポイポイっと押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 22:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無駄話~移民受け入れについて~

毎年20万人の移民を受け入れるだとか受け入れないだとかすごい騒ぎになってますね

参考ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140316/plc14031615260006-n1.htm


このままいけば100年後には人口が5000万人を切るという試算みたいで移民を受け入れることで1億人を維持できるとのことですがその差5000万人は移民もしくは在日二世三世になるのでしょうか


ようはアメリカやオーストラリアのように人種がわかれていくと・・・移民という呈をなしていますが半数が海外からの人になると植民といってしまえそうですがそれ以前に日本での移民受け入れというのはとてもデリケートなものです






アメリカやオーストラリアにニュージーランドもそうでしたがもともとは原住民が住んでいても産業が発展した当初から人種はすでに多様化していてそれが当たり前にある社会なので今回の日本のケースに当てはめて考えるのはかなり危険に見えてしまいます



日本は思想的にも地理的にも諸外国とは様相が全く異なります、歴史や死生観なんかもかなり独特な考え方をしますから海外から人が入ってきて彼らがそれ相応の権利を求めるような社会になれば少なからずいろいろ軋轢がありそうです
現在進行形で在日韓国人の方や中国の方もバッシングを受けたり通名なんつうものを使わなくては面倒だったり苦労していることでしょう



いなかもんなんですよね、日本人は



良くも悪くもコミュニティーが強いですしそれゆえ環境に依存しやすいとも言えますし悪く言えば排他的で他人を受け入れるのに時間がかかることも多く海外からの人などは敬遠されたりコンプレックスを抱いてしまったり




そういういびつなつながりが妙に心地よかったりするんですがようは自助よりも共助という意識のほうが強いのかな
それが宗教的な考え方によらずに自然に成り立っているんですから世界でもかなり独特な国であるのは間違いないでしょうから移民というとそういう根本的な日本を日本たらしめている思想的なものまで脅かされてしまうのではないかと怖いものがあります



人口減少問題とそういった思想的な問題を秤にかけてこれから偉い人達で議論されていくのでしょうがそもそも論を言ってしまうと人口減少ってそんなに問題なのかが疑問なんですよね




すこし調べてみると明治維新のころでも人口は3500万人ぐらいですが当時、日本が国力で列国に劣っていたかといえばそんなことはないでしょうし大戦の時も今の半分ほど6000万人程度のようです



街を歩いていても電車に乗ってみても主要都市のピークタイムなんかもうどこもかしこも人だらけで夜の0時に電車に乗っても座る席がない路線なんかもあったりします
それだけの人が働ける経済規模になってそれを維持するには人口が必要だから問題になっているんでしょうがもう働きアリ大国みたいな国は一度、人口も経済規模も減少したほうがいいんじゃないかな


もともこもない単なる感情論ですけどね



移民を受け入れて人種のサラダボウルみたいになるのも個人的には楽しそうで良いですし受け入れないで人が減って過ごしやすい国になるのも悪くない



ので心配するようなことでもないのかなとは思いますがどうなるのかは楽しみですし興味はあります



ただどこもかしこも六本木みたいになると思えばやっぱり反対に一票としておきます
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 00:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~等価終了とかこつけてみたけど全然違います~

なんだかずいぶんとおだやかだ

インフルエンザで家にひきこもっていたせいか、のどが痛いのでタバコをろくに吸っていなかったからかもしくは・・・パチンコを打っていなかったせいか




普通は金を失うから借金して債務整理するはめになるからやめろ

もしくは勝ってても負けてても時間の無駄だからやめろ


なんてことが一般的なパチンコをやめるべき理由で言われますが1週間ぐらい打たないでいると気づくことがパチンコを打ってるとバカになっていくからやめたほうがいいんじゃないかということですね


脳が麻痺する、神経が吸われるなんて言い方のほうが的を射ているでしょうか



単純な勉学時間の問題もありますが私も昔より確実にバカになったと実感しています


仮に朝から晩までパチンコを打って帰ってきても肉体的にはそんなに疲れていないのに精神的にはおそらく考えている以上につかれているのでしょうね
体は動いても頭が動かないからパチンコを打って帰ってきて本とか新聞に目を通すと目は文字を追っているのに内容はよくわからないまま読み進めてしまうなんて人もかなりいたりしそうです、私も似たような経験があります



翌日に落ち着いて読み返してみると細かい部分の話がぶっちぎれていたり

精神的な疲れはゆえんストレスで、ストレスを感じれば生産性や仕事の能率なども低下しますしタバコくさい環境に一日いればセロトニンも低下して幸福感も低下します


幸せな人は不幸な人よりも仕事が早いなんてのも有名な話



パチンコの最大の罪ってそういう打てば打つほどバカになるところだったりするのかもしれません



一日打てばー10万から+20万ぐらいまで平気で上下するのが今のパチンコ・パチスロですからよほどの高所得者でないかぎりは打っている時に目の前の台の出来事、演出や出玉に完全に無関心になるのは無理ですしね


完全に無関心になるには億万長者か長いこと打っていて完全にバカになってもうバカになる伸びしろが残されていない人間だけでしょう





僕はお金のために打ってますよ、期待値しか興味ないから収支に一喜一憂などしません

という勝ち組の方便も半分嘘で半分本当といったほうがいいでしょう

収支を見るには期待値を見る、期待値を見るには台を見る、台を見れば嫌でも演出や出玉も目につきます



やっていることは期待値でも打つ動機が金である以上は射幸心の檻から抜け出ることなどできはしない






じゃあ精神的に疲れないためにどうすればいいのかというともう台を完全に見ないということしかないと思うのですよね


例えば軍団のリーダーは実際にパチンコを打ったりしないで台を探していたりデータをまとめていたりするのでしょうが彼は期待値しか見ていなくとも週単位でマイナスを叩くことはほとんどないと知っているので精神的に疲れたりはしないでしょう、一喜一憂することなく結果だけがわかり単なる数字でしか見ていないのだから




そんなことは普通に打ってる人には無理なのでゆらゆら打つしかないのですけどね



ゆらゆら、揺蕩うなんて言い方はすこし生ぬるいですね


精神的には殴られてると言ったほうが適切ですね


と考えれば台パンという行いは正当な仕返しであり等価交換の法則にあんがい則っていたりするのかもしれません


等価は4月で終わるみたいですけど
George
ポチポチ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 21:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

哲学について浅考

病み上がりなので短文散文

インフルエンザB型にかかって家にひきこもっていました、思えばインフルエンザにかかったのなど中学校以来です

3日ほど熱があり39.2度まであがり寝込んでしまいパソコンの光すらうっとおしいぐらいに体調が優れませんでしたがなんとか回復しました


しかしまだ外出できないのでブログでも書いていきましょう



といっても書くことがないな、哲学・・・についてでも書いてみましょうか



哲学書なんて読んでみてもまったくわけがわからなかったのでいわゆる実存主義、認識論、唯物論だとか哲学の話は名前と軽い意味ぐらいは知ってても内容はほとんど理解していません




しかし哲学的に考えるということは大切な姿勢であるように思います


学問の基礎となったのが哲学、神学、医学、法学とどこかで聞きましたが



哲学から派生して社会学、経済学、政治学などなど細分化すれば21世紀アジア学部、観光学部、都市学部、情報コミュニケーション学部などいろいろありますが

肝心の哲学を専攻する学生はそれほど多くはない



本来、全ての思考の基礎となる哲学を学ぶことほど有意義なことはないはずなのに現代では哲学を学ぶ人間は小賢しく理屈めいていてめんどくさい人間で実社会に役に立つ知識はないとむしろバカにされる始末



哲学的思考というのは答えがない命題を考える、限界を見据える姿勢をただす学問だと思うのですが答えがないというのはやはり不安だし不満だし不毛だとそういう結論になってしまうのでしょう

だからニーチェは埃をかぶりバイタリティだけで成功したような社長、実業家の哲学書のほうが売れる


こうこうこうやって成功するのが人生である、成功とはつまり金だと言い切ってしまうものまであります
そこまで言い切ればむしろ気持ちいいくらいなのですが


なんにせよ本として売ろうと考えれば哲学は普遍化し省略して薄っぺらく引き伸ばして誰でも咀嚼できるようにすることが必要になる

誰でも理解できるというのはつまり誰でも手が届くぐらいの現実味を持った説得力が必要になるのだから思考は陳腐化する、形骸化する、怠惰する・・・堕落する


哲学は死ぬ


死ぬといっても歴史があるので消滅することはありえないですが私が言いたいのは


哲学というと信念とか格言のように使われていることが奇妙だなと思うこととこうしましょうみたいな答えの書いてある哲学書は哲学ではないということですね






あのブログの記事おもしろかったからコメントしようとしたけどなんかうまく思考がまとまらない、書けないからやめちゃったのほうがよっぽど哲学してますね



ふむ、慣れない内容と病み上がりの二重苦で筆が進まんけどとりあえずの更新ってことで

明日もヒマが確定なので更新します
George
気が向いたら押してください

| 雑記 | 22:21 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。