頼むから静かにしてくれ

はじめまして パチスロの勝ち方、雑感 ニュージーランドの話や戯言 時事関係や政治・経済などなんでも書いていきます よろしくお願いします

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~神について~

映画とかでアナルにお金入れて刑務所はいるシーンがありますね

今回はアナルではなくアナゴにお金入れてきました



北斗や吉宗なんかもそうですが話題性のある機種って一度は触っておこうと思ってけっこうてきとうに打ったりするんです

いやてきとうといってもそれなりになんとかなりそうな状況、G数のなかでのてきとうではありますが先日はアナゴを打ってきました



どうでもいいけどこの顔でアナゴですなんて面と向かって言われたら反応に困りますね


hadess_20140228224328f87.jpg




アナ、アナ、アナルは勘弁してくださいとか咄嗟に言ってしまうかもしれません
アナル連呼してて変な想像をされると困りますが私は同性愛者ではありません




660はまりの台をまぁ3~4万で当てて玉ができたらもうちょい打つかと打ち出しました



7kでてきとうに押していたらいきなりギャッキーンと鳴って何事かと思ったら液晶には紫の7が揃って姫が出てきてGG開始



どうやらこのお方も神らしい、やたら端麗で神々しい容姿でアナゴの妻ということらしい・・・検索検索

ふむふむ

穴子の奥さんについて
マスオには亭主関白を装うが、実際は尻に敷かれており、いわゆる恐妻家である。夫人(声の出演:塚田恵美子→山本圭子、ドラマ:北斗晶)は厳しく、弱みを握られているのかアレコレねだられ穴子の小遣いは減る一方である。穴子が年末にスナック等をハシゴしている途中、警官から職務質問を受けた際に偶然居合わせた妻も一緒に穴子に質問するなど徹底している。
なお、奥さんの出番は少なく以前ワンカットのみ登場した際にはわざわざ「穴子夫人」と注釈付きであった。2007年に「穴子夫人」がメインとなる話が放送された(このとき、妻の趣味はエステやネイルサロンなどであることが判明している)他、同一のキャラクター・声で何度か登場している[223]。



wikipediaサザエさんの登場人物より

アナゴは意外と愛されキャラみたいですね

恐妻家のかえるさんの奥さん・・・間違えた、アナゴの奥さんの実力はいかに



紫7を4回揃えて2回フリーズして500スタート、直後に中断黄7でも固まって230?くらいのっけていきなりG数が700Gを超える



簡単やな


その後、ちょこちょこ乗せ犬と姫が一回ずつ出てきて3400枚で追う時間ではなかったのでやめ

今年はあまり引けていなかったのでこういうのはほんと助かる、神に感謝



慣れない話、稼動記事は置いておきまして本題の神について



ミリオンゴッドってネーミングは関心することがあります、天才的ですね

スロットはギャンブル性があり、偶然を信じる心が客をあおっていると考えると神という名は偶然という漠然とした概念よりもはるかに具体性があります


偶然を神とすりかえればギャンブル中毒がいきつく先の濁った感情もいくらかましに感じれるのかもしれません


そこにミリオン、100万円という現実味のある手をのばせば届きそうな形容詞をつけることで神は身近でまるでつかむことができるかのように錯覚するのでしょうか


神は無条件で信じたほうが良いとパスカルの賭けでは言われていますが、スロットでは初代ミリオンゴッドで自殺者が出たように神は信じたらまずいでしょう



ホールでアナゴを見ていても荒さはほかのAT機の比ではありませんね

私が実践したようなひける時には終わらないG数を乗せることもけっこうありますがほかは犬連打で死屍累々、見るも無残です
新装で稼動が良いので見ればわかるレベルですね


今のスロットは荒い、荒いとさんざん私も言っていますがゴッドについてはほかの機種がかわいく見えます
系譜やゼウスはなんだかんだで100Gスタートでしたからまだましだったのかもしれません、アナゴは50駆け抜けがあり引き戻すこともあまり見かけないぶん旧ゴッド達よりももう一段階は荒いという印象を持ちました



ありきたりな感想かもしれませんが。5号機もここまで来たかと




荒さもここまでくるとなにか清清しいような印象さえ持ちます、ほかのAT機は投資に出だまが見合っていないと感じることが多いです

打って出たからではなくアナゴは投資に出だまが見合ってると感じる人も多いのではないでしょうか

というか投資は無限、出球も無限と感じるゆえに比較することが難しいだけともいえますかね



液晶演出とかもよくできてますしけっこうはまる人、神に殺される人が出てきたりするんじゃないですかね

なんて書いて一月で通路になってたら笑いものですね
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
PSかえるさんへ
奥さんのネタが不快に思われたら申し訳ありません、その際は即刻該当部分を削除いたしますのですこしでもお気に触ることがありましたらご一報いただけるとありがたいです
スポンサーサイト

| パチンコ パチスロ | 22:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無駄話~多少の努力で十分な幸せ~

ダラダラ更新、Alcholidayです


多少の努力で十分な幸せ


そんなふうに教え込まれてきた
戦後からの教育、団塊、ロスジェネ、はてにはゆとり教育と世代ごとに選民されながらも根本的なことは変わらない

それなりに学びそれなりに遊びそれなりに働けば十分に幸せになれると・・・



戦後、GHQの統治下に置かれた日本は高度経済成長の波に乗り史上でも類を見ないほどのスピードで発展してきた
民主主義の理想とも言える一億層中流が現実になされていたほとんど奇跡といっても良いほどの環境

いざなみ景気、神武景気で盛り上がった好景気はバブル崩壊まで続くことになりましたがそのころにできた価値観、既成概念が現在を生きる私たちにのしかかっているのではないでしょうか



当時はそれで良かった
単純労働でも十分に飯が食えて週末にはすこし裕福な家にテレビを見せていただきプロレスという八百長劇に純粋にも一喜一憂できたのでしょう
それですべてがうまく回っていたと後世に生きる私は学びました

経済成長も過渡期を向かえバブルに突入すると企業は誰かれかまわず採用して夜はディスコで踊り移動はタクシー、食事は常に外食、車を所有しているなど当たり前で金に困るということはなかった時代もあったみたいですね



民衆は何も考えず逢瀬を愛しただ踊ればよかった
それですべてうまく回っていたのかもしれません


ただそれを今生きる人に強いる、そんなふうに生きれない人間は落ちこぼれだと強いるのはあまりにも酷だろう
そしていまだにそんな価値観を振り回す人や空気みたいなものがあることに困惑することがあります





若者の○○離れや草食家なんて言い方が最も端的にそういった腐るべき価値観をあらわしているでしょう

何年か前に秋葉原のほこてんに車で突っ込んだ人、最近も同様の事件がありました
亡くなった方々にたいしては遺憾ではあるが彼の現状は如何ともしがたかったのかもしれません

秋葉原で事件があった数日後、テレビで事件についての街頭でのインタビューを流しておりそのうちの一人が放った言葉は今でも強く覚えています

「彼の行動は理解できないけどその行動に至ることについてはわからなくはない」



閉塞感を象徴するニュースでたいへん話題になりましたが私も同様の感想を抱いていました



経済大国があり、誰もがその一員たりえた事実があるから無職になるぐらいどうでもいいことなのに必要以上に悲観的になってしまいこんな事件にはしってしまうのは過去にあったであろう豊かさの代償ともいえなくもない

だから彼の行動は理解できないがわからなくはない



終身雇用、年功序列、福利厚生完備は当たり前で総量規制もない


そんな時代は終わりました


誰もがどこかで無職になるのは多くの人には当たり前で車は嗜好品とかし結婚にはすこし躊躇してしまう


だからどうなろうが笑ってればいいと思うんですよね





中年の方がコンビ二でレジなんか打ってるの見るとあんまり楽しそうには見えませんが・・・負け組みと卑屈になり楽しくないと感じているとしたら本当はそれってそーんなに大事なことではなかったはずだと思ったりします


だから老人が今の若者はなんだとたまに実際に聞くことがありますが
今の若者の鬱屈はあなた達がバブルで豪遊し歪んだ社会保障制度をつくりレールから脱線せすに働き生きることが当然だと感じてしまう思考が蔓延しているせいでもたらされている感情だ

だから今すぐその小奇麗なスーツを質にいれて退職し女房と隠居してくれなんて毒づきたくなる・・・ことはあまりないかな




経済成長せずにいまだにアメリカの属国で米軍基地がそこらぢゅうにあり戦闘機の音にうならされ鉄をひろって生活していると考えればなんて恵まれた世界なんだとも思いますし


天秤にかければ、どちらかといえば最高の国だ、最低な人にとっては最低で愛される国かといったらすこし違う気もする



なんにせよ不毛な話
George
ぽちぽち
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 21:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~ミタさん~

隣りの台がよくあたるのは隣りは両脇にあるからそう見えるだけ

おばあちゃんがオスイチを決めるように見えるのは移動回数が尋常ではないからで

ブログ主がひき強に見えるのはパチンコやスロットは負ける時は何事も起きないから記事にもしない、できないだけ




パチンコのオカルトや七不思議のようなものはすこし考えれば説明がつくことばかりです


しかし説明のしようがない事実がパチンコやスロットにはあります


なぜか打つ台がなくなるという経験がほとんどない、ここでいうのは介入要素がある台など勝ちやすい台のことですね




パチンコのダービースタリオンを打っていました

介入要素だけで見れば銭形なみの台です、2個返しであれだけ増やせるんですから戻し玉が減っても台ごとで見れば隙なんかいくらでも作れるのでしょうね



そしてこういうネタ機のようなものってなぜか際限なく出てきます、そしてメーカーが違っても導入の時期がかぶることってほとんどないんですよね

不思議です


浅い私見でパチンコを時系列順に振り返ってみるとファフナー、ホースケ、美空ひばり、銭形スケバン、ガロ鋼、AKB、デビルマンクラブ、ダビスタ

潜伏や朝いちランプのガロレッドレクイエムやレインボーマンなんかもありましたね、私は打ってなかった時期もありましたし雑多な機種は覚えていないのもありますが勝ちにいける台が枯渇するということが振り返ってみると一度もないのではないでしょうか



店のことだけを考えて抜ける台しか設置しないというのもやろうと思えばできるはずです

例えば昔は海は低換金で一日座ってるだけで勝てる店があり、そんな甘っちょろいうち方は通じなくなっても赤海や白海のように癖と介入だけでいけるような台もありましたが今は一部の優良店やグランドオープンでもなければ打つこともなくなりました
エヴァも似たような感じですね


仮にパチンコが全部、海やエヴァのように衰退していって勝つ余地が消えていけば勝つパチンコも終了なのでしょうがなぜかそうはならない



止めうち注意などから見てもパチプロはもう必要とされていないのだからメーカーもホールに迎合して負けている客しか残さないような機種構成にしても問題はなさそうに見えます




がおそらくメーカーはそうなったらもう終了だなと知っているのでしょうね




ダービースタリオンは光の速さで右が殺されました

それでもホールが閉めて台が殺されてもこういう台が出ると私もそうですが勝つことに執着しがちな人間は次を探すようになるのですよね


どれだけ玉が増やせるとかどれだけ変則スペックで打たせようというのは本当はどうでもよくて
おそらくメーカーは勝つことに執着した客に次を探す、希望みたいなものを植えつけるのが本当の狙いなんじゃないでしょうか

そういう意図を持って出していると思えばなぜネタ機のようなものが尽きないのかもいくらか釈然とするものがあります




私もおそらくそうだと思いますが一昔前より勝てる額は減ったのにどうにもホールに向かってしまう、それはパチンコやパチスロがつまるつまらないという問題ですらなかったのかもしれない


勝てる台は消えることがないという確証があるのだから勝ち続ける確信は持てなくても希望だけは持たされているからホールに向かう




ハイエナでも同じかもっと直接的にこういった感情はコントロールされているでしょう
またウルトラマンウォーズが出ると思わせれば機種情報を漁る、雑誌を見る、ブログをチェックする



おまけに最近はダービースタリオンがもうどこでも打てないようにそういった機種はすぐに消えていく、情報がまかれてしまえば終わりだという焦燥感までついてきます




それは依存というよりも逸りや焦りといったほうが的確でしょう

だから手段としてのパチスロというのはきっと考えている以上に危ういものである


だっていつそんなのなくなるかわからないしなくなってもきっとまだ探してるのかもしれない



アホみたいに・・・猿みたいに


満たされないのに
George
ポチポチ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 00:23 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうでもいい話~因果応報~

人の井戸端会議をいい加減に盗み聞きして
都合のいいとこだけかいつまんでまるで自分の手柄のように何も知らない連中の前で偉そうに披露して
それで騙して金稼ぐような奴がしっぺ返し喰らうとしたら
それはただの因果応報なんだよなあ




2ちゃんねるのまとめサイトが騒動になっていますね、yahooでもニュースになっていました
興味のある方はこちら
http://www59.atwiki.jp/affiliatenanj/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140212-00000112-it_nlab-sci
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22872701

以前にも似たような騒動があったみたいですが今回は洒落にならない事態になっているようです

数分経つと画像が切り替わる偽装gif画像を2ちゃんねるに貼りそれを確認もせずにまとめるまとめブログが転載するとブログ上で画像がきりかわり法に触れる画像に変わるというものらしいです


ネットってホント知らないと怖いことが多いですね
スロットブログでもexifを削除しないで画像を掲載しているブログなんか探せばあったりするんじゃないですか?
あと私のブログにもいましたがブログに喧嘩ごしの批判コメントをしている人とかIPからどこから書きこんだかわかったりするんですが内容証明を送りつけられて名誉棄損で訴えられたらどうするつもりなのかなんて思ったりします



今回はドメインのwhois情報から住所、氏名、電話番号、大学名などがばれてしまいアルカイダや創価学会などの申し込みに勝手にプロアクティブを注文されたりひどいのですと暴力団に当該名義で糞を送りつけるなどの騒動になっているみたいです




ネット炎上に関してtwitterなんかでは炎上させるほうが愚かだと思いますが今回のような2ちゃんまとめでの騒動だとすこし違う印象を持ってしまいます


ある意味、因果応報なんですよねこんなの



2ちゃんねるって私も覗くことあるんですがだいたいアフィについては否定的です

そんなことはまとめるほど2ちゃんを覗いている管理人なら知ってて当然ですがそんなものはおかまいなく記事にしてアフィで稼いでいます


嫌がっているのを知っているのにどうせ知らない人間だしなんて考えて記事にして金にかえていざ結託して炎上させられるとさも被害者面しているのはものすごい違和感をかんじます


どうせ知らない人間だし知ったことかなんてまとめているとすればどうせアフィカスだろ知ったことかと炎上させている2ちゃんねるの住人と考え方としては全く同じです



盛者必衰、因果応報であり当然の帰結と言えるでしょう



別れた彼女が嫌がっているのにつきまとうストーカーとやっていることは変わらないのに彼女に訴えられたとたんおとなしくなる、そんな女々しい印象を持ちます

現実にストーカーは法的に禁止されていますが2ちゃんねるのまとめなんかただ法整備が整っていないだけの隙をついているだけの俗悪な業でしかない





けど2ちゃんねるまとめブログって需要があったりするんでしょうね

議論が好き、長文は読まない、けど答えは欲しいなんてそんな人間が多いのでしょう


2ちゃんねるなんてまともに読んだらほんとに便所の落書きだらけで時間の無駄以外の何物でもないですが短文で排外的、断定的に響く言葉が連なっていたりしてかゆいところをくすぐる最もらしい書き込みは多かったりしますからね



それをまとめてるブログはなあんにも考えないけど知ってるよって嘯きたい人にはちょうど良い媒体なんでしょう

まとめるほうもまとめるほうでレスを抽出して恣意的な操作をすることもできながら体裁は2ちゃんねらーの書き込みなんて逃げ道を用意している卑怯者だらけで子供が好き勝手にライン工でもしたらこうなるんだろうなぁと思います



だから今回の騒動はやりたいだけやれば良いと私は思います




まとめサイトなんか検索の邪魔以外のなにものでもないですからね、今回の騒動はなんJで起きているのですがなんJでググってみるとまとめサイトがトップに出てくるなんてわけわからない状態です



GOOGLEもまとめサイトなんかアダルトサイトみたいに村八分にすればいいと思いますがそう簡単なものでもないのですかね
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 00:39 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~ハッピーセット~

萌え台とハイエナが席巻しているふしのあるスロット業界


なぜスロットは萌化していくのか、なぜスロッターはハイエナ化するのか

おそらくは勝ち負け以上のものがある、そんな話




いきなり突拍子もない出だしですが戦争と聞くとイメージがしにくいものがあります


戦争などどこかで聞いた話や学んだ話、現実に起こっているものでもシリアの内戦やカンボジアその他中東やアフリカなどの海外で起きているものですから私達にはあまりにも馴染みがなさすぎる


漠然としすぎているので実体験として知らないものは興味もわきにくいです




最近、「ぼくらの」という漫画を読む機会がありました
戦争物のSF漫画で有名なので知っている方も多いと思いますがなかなか面白い漫画・・・なのはけっこうどうでもよくて


読了し、ネットで漫画の背景や批評なんかを見ていると著者のインタビューにすこし感銘を受けて、ああこれスロットでも同じだなぁと感じたので一部を紹介いたします



現在、戦争の最大の抑止力は「敵味方問わず人命は尊い」という人道主義ではなく、「他国民の命に関心はないが、自国民の命を失うのは耐え難い」というエゴイズムです。

問題の根にあるのは、自国民と他国民の生命を完全に分け隔てる思考法です。

自分達が主役と思い込み、ハッピーエンドを追求するが、その過程で多くの他人が巻き込まれ不幸になっても「しょせんは脇役」と無関心になる。多くのハリウッド映画や日本の漫画にも共通する感覚です。


鬼頭莫宏さんインタビューより



全く仰る通りで人道主義なんてものは一部の宗教家が持っているだけのもので現実に目にするものの多くは政治家の建前、もしくは偽善者や企業の社会貢献など純粋なものではなくなっているように感じます



戦争の理由というのは人間の思考法を反映するのにこれほど説得力があるのかと驚きました


ハリウッド映画なんかまさにその通りでどれだけ主人公が銃を乱射しようがその弾に全く慈しみを感じませんし銃弾に倒れうずくまる敵の心情、感情、人生には見る側も作る側も無関心を装います


主人公には感情を移入してもいきなり出てきて殺されるだけの脇役には一瞥の関心も寄せないで平気でいられる



アニメやゲームなんかでもたいがいのものは同じようなもの

ドラクエでモンスターを殺して罪悪感が湧かないのは当たり前だと感じるようにそれがいつのまにか現実に、スロットにシフトしていってもなんら不思議ではない



ハッピーエンドとはそうやって追求するものだと学んできたのだから







偶然ではなく必然に萌え台が台頭してきた時期とハイエナが激増してきた時期とは重なります

まだツインエンジェルに座るのもためらう人が多かった時期にはそこまでハイエナが多くはありませんでした
設定狙いが機能していたのも要因ではあるのでしょうがいつのまにか萌えスロがホールの看板機種を担うようになり主要ホールにはハイエナがたむろするようになりました


両者に共通するのは上記のような我欲、エゴイズムに他ならないでしょう


オタクの人は革新的だと言われることがあります、自分の感情に素直ですから他人の目を気にせずに創作活動ができることで普通の人には考えもしないようなものができることがある


そういう意味で私はオタク文化というのは良いものであるととらえていますがどこか受け入れきれないような印象を持つのはやはり欲望に忠実だという卑しい側面なのでしょうか



いっぽうでハイエナと揶揄される天井狙いという立ち回りの言い訳によく使われるのが「ホールは戦場」のようなニュアンスのざれ言ですね


ハリウッド映画やアニメにゲームなどの思考をそのままトレースしてホールで言い訳に使っているだけ


鬼頭先生の言葉をそのまま借りるなら

自分達が主役と思い込み、ハッピーエンドを追求するが、その過程で多くの他人が巻き込まれ不幸になっても「しょせんは養分」と無関心になる。多くのハリウッド映画や日本の漫画にも共通する感覚です。


ハイエナをしている人全員ではもちろんないですが多くは他人はどうでもよくて金がほしい、欲望的であざといように見えてしまう


欲に忠実という意味ではオタクと同じです


だからネットで機種情報なんか検索してたどりつくハイエナブログなんかにはたいてい萌え要素がついてくる
ハッピーセットみたいだ




おそらくもうスロットを打っている人ってそういう欲か依存かの人が大部分を占めているんじゃないかな
純粋にスロットが打ちたくて楽しんでいる人ってもうほとんどいなくてここ数年でスロットの文化的な面は後退したんじゃないだろうか


期待値という金欲、萌えという性欲?、光による洗脳、荒さによる射幸心

そんなものしか残っていない


それでもホールは戦場なんかじゃない

他人は他人、自分は自分という考え方は時と場合による


誰だって自分が大切だ、一枚のパンを食べるために人を殺すこともあるかもしれない
困窮してハイエナするしかないのかもしれない

だからこれは漫画や映画のような他人と自分という二元論ではなく優先順位、順番の問題だと思います


自分のことでいっぱいいっぱいになって他人のことなど手にあまっても目で見ることぐらいはできるはず



好きな言葉がある
四葉のクローバーを見つけるために三つ葉のクローバーを踏み荒らしてはいけない、幸せはそんなふうに探すもんじゃない


ましてやハッピーセットなんか食べても肥え太るだけだ
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 01:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログの話~ネガティブを愛そう~

昔、大学時代の友人がどうやったらもてるかと島田伸介の喋り方をコピーしていたのを思い出す

以前から苦手だなぁと思っていたのだが恥も外聞もない喋り方を修得してどうしようもないやつだなぁと思っていたのだが彼にはその後、彼女ができた


島田伸介コピー話法は見事に成功して彼は楽しそうだったのでまぁいいかと当時は思ったものだ



人の真似をすることに一切の臆面も見せない友人は超ポジティブ人間だったに違いない




ポジティブな人はどちらかというと苦手だ


苦手であり嫌いではない、どころか人としては尊敬できる部分はポジティブな人のほうが多い


悲観的よりも楽観的なほうが生き方として見れば楽なのでしょうが一方でネガティブな人は面白い人が多い




私も人間いろんな人がいるよなぁぐらいの感想しかこの手の話にはなかったのですが自分がブログを始めてから他人のブログなどものぞくようになって感じたのですがネガティブな人の話って面白いんですよね



普通に会話なんかしているとネガティブな人は面白くないイメージがあります


むしろポジティブな人のほうが勢いや声のトーンなどがあり面白く見えることのほうが多いですがウィットに富んだ面白さはまるでなく嫌な言い方をすれば道化やピエロ、傀儡のように見える時すらあります



そういったコミュニケーションを円滑にはかる能力は重要なのは言うまでもないですがことネット上に関してだけはネガティブな人のほうが一枚上手なんじゃないかなあというのがいろんなブログを漁った私の結論です




ポジティブな人ってなにか悩みなどを抱えた時に酒があれば全て忘れることができてしまったり、友人とばか騒ぎすれば発散できたり

はたまた自己啓発本なんて読んでマインドなんつうどこかで借りてきた言葉に酔って落しこんでしまうのだと思います


直列乾電池みたいな考え方は処世術としては素晴らしいものですが他人から見れば全然面白くはないんですよね






一方でネガティブな人はなんでネガティブかっていうとネガティブだから考えるんじゃなくて考えるからネガティブな人が多いんではないでしょうか


簡単に結論みたいなものを出さないからぐちぐち言うし断定できないし時にはもごもごしたり、なかにはカートコバーンや太宰治のように自殺しちゃうぐらい考え込んじゃう人もいる




考えれば考えただけ思いは重量や熱量を持ちますし、言葉は紡ぐ

実際にはそれを簡単に口に出したりはしないのがネガティブな人なのだろうが、推敲して校正して書く環境があればこれほど面白いものはない


だからブログという文化は素晴らしいものだと特にここ最近は感じています





とはいっても本当に読む価値のあるブログって驚くほど少なかったりしますけどね、いやブログなんか自由に書けばいいんですよ


それはそうなんですが2ちゃんねるのまとめサイトなんか他人の文章で土俵をとってる、けどお金は欲しいうんこだらけですし
スマフォのトップページに誤クリック誘発の広告があるサイトは内容以前の問題です、どれだけ面白かろうが読む気がうせますというかあけていきなり広告ですから読ませる気がないのでしょうね



それでもブログを書き始めてから参考になる、単純に面白いブログを求めてネットを徘徊していると衝撃を受けるようなブログに出会ったりします



そしてどうも読んでみると8割ぐらいはネガティブな人が書き手のブログです



だからもっとネガティブは愛されても良いのではないか



なんてことを考えてみたがおそらくぜんぶ雪のせいだ
George
ポチポチ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 00:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すこし真面目な話~資本主義というOSは不具合が多発だ~

最近、経済学を勉強しなおそうと思いてきとうに本やネットなどいろいろ見ているので真面目に政治経済の話
わからないという方は申し訳ないですが読み飛ばしてください、ただのオナニーです

浅い記憶で書いているので間違っていれば指摘していただけると助かります




若者の貧困


最近、ネット上問わず特にそんな話を聞く機会が多い



普通に生きていれば見えない、あまり実体験として知る機会もない、もしくは知っていてもホームレスなどのようにどこか異世界の人のような印象を受けるかもしれない



しかしどうもそういうものはあるみたいだ、いや、隣りで寝ていると言えなくもないのかもしれない


若者の貧困、格差社会、閉塞感エトセトラ


側面で切り取れば様々な面が見えてくるが全てを包括して言葉とするなら2ちゃんねるのスレタイに秀逸なものがあるので引用させてもらう



資本主義というOSは不具合が多発だ


経済学はよく言い訳学問だと揶揄されます


ケインズ、アダムスミス、マルクス、フリードマンなど史に名を連ねる学者はやまほどいるがある偏狭の国の2流大学の経済学部でてきとうに勉強してもうほとんど忘却してしまった私ですらこれら全てに反論できるというのが現実です


冷戦の資本主義と共産主義や外生説と内生説、有効需要とセイの法則・・・あとなんかあったっけか忘れました


どれが正しい、どれが間違っているなんてもうそれこそ100年近くやっているが答えなど出ていない

日本はもうずっと10年20年構造改革などと言ってやっているが小泉政権での郵政民営化や障害者自立支援法などの新自由主義は今になってみれば格差がましただけに見えるが当時はそれが希望にすらやはり見えたのかもしれません


経済学に答えなど出ていないゆえにわからないのだからそれが机上の空論であるかどうか、もしくは過去に他国が同様の政策を用いていたとしても思想や行動様式、地政学的条件が同じということは絶対にありえないのでやはりわからない


だから経済学には統計学や心理学、哲学、法学、国際関係学などあらゆる学問がからんできてみんなで解剖しようと頭が良い人達で必死に考えていますが・・・やはり答えなど出ない

論理的に見えて答えのように見えるものがノーベル賞を取ったりしますが




ある意味とても不毛な学問であると言えます



しかしだからといって今の安倍政権のやり方に100%イエスとは言えません




財政政策と金融政策


金融政策は公定歩合やマネタリーベースを変化、為替介入などによって、端的にいえば金を動かして景気を喚起するという方法ですね
去年、株価や為替が上昇したのはこれです

財政政策は国債や税金、社会保障や公共投資など



株価は上昇して市場に金がまわるようになり金融政策は成功したように思えますが市場に流れる金、投機的貨幣需要が無限大になると市場に溢れかえるだけで実体経済には波及しないので金融政策としては機能しない、流動性の罠と言われますが今の日本どころか世界中でこれですね


だから資本主義というOSは不具合ばかり、どころかもう容量を超えているのでグローバリズムなどの外圧などというHDDを追加しなければいけなくなっている



流動性の罠たいする解決策がインフレ期待をうながす、財政政策で企業の設備投資や雇用を喚起することで同時に民衆の需要もうながすことなのですが・・・



消費税増税は財政政策としては真逆でしょう、増税する時はインフレがいきすぎて物価があがりすぎている時期にこそすべきです
税収として見込んでいるとしても過去に3%から5%になった時には税収はむしろさがっています



一般的な経済学で見れば資本主義というOSも外付けHDDも機能しないからいらないものをアンインストールしているとしか見えません



だから冒頭に書いたように安倍政権のしていることはますます若者の貧困を増加させるだけのように見える

非正規雇用と正規雇用の問題もそうでしょう、日本ほど非正規と正規の待遇の違いが激しい国は他にないみたいです


たしかにこの国で時給1000円のアルバイトなどしても永遠にらちなどあかない



いっそのことベーシックインカムでも導入すればいいのにと本気で思ったりすることがある




windowsのようにXP、7、8となればいいんですけどね


どうも現実はそうはいかないみたいだ
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 政治経済 | 01:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。