頼むから静かにしてくれ

はじめまして パチスロの勝ち方、雑感 ニュージーランドの話や戯言 時事関係や政治・経済などなんでも書いていきます よろしくお願いします

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あるタクシー運転手との会話

短めに


普段はめったに利用しないタクシーに乗った

タクシーの運転手さんには饒舌な運転手に寡黙な運転手がいる
ふるびた居酒屋からそのまま出てきたような風貌のその運転手は饒舌なうえに偶然にも私と同じ大学出身であった


マンモス大学といえるほどの学生数を誇るのでなにも同窓の方に偶然会うのはめずらしい話ではないが私が同じ大学だと知ると饒舌な彼は弾みをつけたような声に変わり話しはじめた



深夜の一時だった

脇道を抜け国道に出るウィンカーをきるとせきもきれたのだろうか・・・急に収入について話し始めた
てっきり学部やゼミにキャンパスの話などをするのかと思ったのだが

収入など初対面の人間に話す内容ではないだろうと思ったが私は黙って聞くことにした


「毎日、みんなが寝静まってる間に車を神経使って走らせて30万も届かないんですよ、笑っちゃいますよね」
「それに離婚した時の慰謝料や住宅ローンもあって大変ですよ」
「昔、再就職しようと会社をやめたんですけどリーマンショックってあったじゃないですか、あれからどこも採用なんかしてくれなくて結局はタクシーの運ちゃんやってるんですけど」



前後あったがこれでもかというほど身の上話を聞かされてどうしようかと思ったがおそらくこの運ちゃんは喋ることで満足する人なんじゃないかと邪推してあたりさわりのない反応をしておいた
実際はただこういう話にたいする適当な言葉も経験も私は持っていないのだ

仕事に貴賤はないですよなどと口走りそうななったがやめておいた、野暮ったすぎるセリフに自分自身で寒気がしたからだ





世間的には良いと認知されている大学を卒業しても末端労働者として働く人もごまんといるなんてありふれた話ですがすこし考えさせられることがあります

学部生から大学院に進み博士号を取得してもアカデミックな環境に身を置いたり研究職につけるような人もそんなに多くはないと聞きます
大学に籍を置くためだけに院を留年する人もいるぐらいです



就職でも新卒でないかぎりはコミュ力や資格、実務重視で即戦力以外はどの企業も門戸はそれほど大きくはない
それこそ死ぬ気で勉強した受験のときのあの時間はいったいなんだったのかとタクシーの後部座席に座り考えていました




大学に行くのは意味がないなんてわけわからない話をするつもりはないですけどね
もう一回高校生に戻っても受験するでしょう



ただ深夜料金高くなったなという話
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 雑記 | 00:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勝つためのパチスロの話~だてめがね~

スロットブロガーのだてめがねさんから名前を勝手に拝借しました
目にかかりご迷惑でしたら記事のほう、即刻削除いたしますのでその際はご一報いただけるとありがたいです



ブログ更新してないと何をかきだすか迷いますね
無駄話とかは更新のすみに埋もれるように今回もパチスロの話を書きましょう


だてめがねさんのブログを拝見してました

もう機種情報は彼のブログだけ見てればホールにいる時にでも天井狙いなどで見落とさないかなと思ってみているのですがもう天井狙いは厳しいみたいですね



たしかに強力な天井は廃れましたしよど越しがきく台はほとんどないうえにホールもハイエナは意識しているのかリセットしまくってますね
私の知っているホールで完全によど越しが可能なホールは一軒もありませんしね、地域のホールの組合とかで決まっているのかと思うほどです

そんなに天井狙いしないうえに結構はまってないと打たないですがたまによどごしで打ってみるとだいたいリセットがかかってます


そのまま当日で最深部まではめたおして25kほどやられたり、まんまとひっかかっている私はもう養分なのか・・・




天井狙いがきつい、じゃあ消去法でゾーン狙いやリセット狙いが取りざたされていますがこれが収支のメインになるかと思うと私はかなり疑問なんですよね



ちょっと前にもゾーンやリセットがうまい機種ってありました
赤ドンなんかは朝いちから66パーセントでARTがループしましたしほかにもサラリーマン金太郎になんとかの巫女(名前忘れた)
ゾーン狙いで個人的にもっとも勝てたのがマッハGOGOGOです、あれも周期でARTに突入する仕様でしたがナビが複雑でボーナス後の高確が強くそのぶんが周期まで放出されない上にナビが複雑でミスした分が周期で出てくるなんてのもよくありましたが・・・


今ですとリセットだとバイオとか鬼浜、ゾーンですと番町とかですかね


これらのゾーンとかリセットとかって勝つまけるで言えば勝てますが稼げる、収支のメインになるかといわれれば私は難しいと思うんですよ


期待値1000円とかでも数打てば勝てるなんていいますが、じゃあ一日20台打てますか?といわれればかなり環境が整ってないと無理です

実際にホールで打ってれば台を探す時間と玉を借りる時間にメダルを流す時間がハイエナにはあります
それを補ってもあまりある期待値と効率の良さがよどごし天井狙いだと思いますがゾーン狙いで期待値かすめとる打ち方ってそのハイエナの手間を補うほど勝てないと感じます

車で30分以内ほどで私の地域でゾーン狙いしたら絶対に20台も打てません


よく今の台は事故待ちなんていわれますが天井狙いの期待値もその手間を考えると事故待ちなんですよね

たまに1000以上はまってて、なんでやめたのかわからない台を見つけることありますがそういったとんでもない期待値を拾える事故を含めたものが天井狙いであり

今の情報過多の状況を考えると期待値が事故ることってもうありえないとこまできてると思います

ちょっと前の強力な天井の時は期待値大事故(笑)でめったに拾えませんが拾った時が収支をカバーしてくれたのでしょう
もっと前になるとまだ知識浸透度が浅く、よどごしも効いた機種が多かったので単純にくそはまり台を見かけることもありましたが


今の機種構成とホール状況、知識浸透度を考えると期待値ベースで事故ることはもうかなり期待できない状況です

ホールにいて打っていないというのがハイエナという立ち回り方の強みで、そのおかげでお宝台が拾える
お宝台が見つからない状況でホールを徘徊する意味なんてそれこそ期待値で見ればもう皆無に近い

だからゾーン狙いというのには私は非常に懐疑的です


勝てる勝てないの話ではなくそれこそ勝ち組スロッターお得意の期待値の話です
昔から唯一、ゾーン狙いがメインですごい収支の人って聞いたことがないんですよね

デジパチ、羽もの、潜伏狙い、天井狙いに設定狙いで収支がすごいなと思う人はいますがゾーン狙いだけは見たことも聞いたこともありません




仮に上記の条件、期待値1000円で20台打てたとして20000円ですが
20台打てるほど台移動を繰り返していればほかの客にも店員にも目をつけられたりするリスクもあがります
シビアなうえに勝つうち方の中で最も機種情報を網羅もしなければなりません



手間やリスクがかかる上にリターンはすずめの涙



この機種のここがうまい、ここがあつい・・・ここがサンプルうん百件での実践からのゾーンで当選率はなんちゃら%で期待値はいくら


しかし導入から1月も経てばそもそも稼動がなく知識も知れ渡ってしまったってなんの冗談かとたまに思ったりします



無駄な努力おつかれさまでしたなんて言ったらひんしゅくを買いそうですが・・・ゾーン狙いっていっけんすごい難しくて上級なものに感じますが一過性なうえに天井狙いのうまみからずれているんではないでしょうか






だてめがねで見えるものもある、サングラスほど曇ってなくても、目が悪い人はちゃんとしたメガネ買ったほうが良いというお話
George
期待値稼いでレベルアップしたい方はクリック
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 00:48 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチンコの話~羽モノは楽しい~

ダメですね

前回の記事はすこしネガティブに書きすぎました、負けてるより勝ってるほうがいいですよね
勝ち組の不満よりも負けて陥る惨状のほうがひどいに決まってますなんて根も葉もないですがたまに記事あげてから後悔する時があるんですよね
お酒飲みながら書いているせいかわかりませんが


まあはちゃめちゃなことを書いているのは今に始まったものでもないですしね



たまにはパチンコについてポジティブなことでも書きます

パチンコとかパチスロって基本的に作業みたいなイメージが私は強いのですが唯一、羽モノは創造性があってすこし楽しいです





打ったことない人には意味不明かもしれませんが最近の機種の羽モノのたのしい瞬間ベスト5でも書いていきましょう



5位:デビルマン倶楽部の通常ルートで反対側にあるVに向かってIN

役ものの構造上、Vの箱が玉がはいった方とは逆にある時にはまずあたらないのですがたまに真ん中のSPの道が下がっている時に突き抜けて決まる時があります
玉とVが逆になった時点で半分あきらめているところからの入賞はしてやった感がありますね


勢いよくクロスして飛び込む時と手前のへりに当たってふわりと転がって向かう時、どちらも良い



4位:ビッグシューターで脇から蹴って結局当たらない時
脇に落ちた外れ玉をシュートしてくれる時がありますが、蹴った時に派手な音が鳴ります

派手な音で喜ばしておいて結局はずれ、鳴ってから外れるまで一秒もないですがその瞬間に「よし・・・ああん」という葛藤を楽しめます
ドMの方は喜ぶことうけあい




3位:ホースケミニ、羽根に5発拾い
すこし古い台ですが羽根モノの中でも連荘性能と攻略要素がありよくできています
捻ってだいたい3発拾えば「うん、まあ」4発拾って「よし」5発拾わせると「自分、パチンコうまいんじゃないか」なんていう大きな勘違いができます



2位:トキオデラックスの通常ルートからなんかごちゃごちゃしてIN
言葉で説明するのは難しいですね
トキオって基本的にSPにいかないとほとんど当たらないですがたまにわけわからない動きして当たる時があります

タワーに入って真ん中の分岐で停滞して落ちていって当たるのがよくあるパターンですがまれに妙な動き方をしてはいる時があります

「うん?あああ、ん?お、よし」で3ラウンドみたいなかんじです、たぶんわかる人にはわかるかな


トキオデラックスはよくできてますよね、ラウンド抽選の仕方もそうですが良いゲージでSPの落ち方も一癖あって楽しめます



1位:デビルマン倶楽部、ファーストからSPに向かってはずれ
デビルマンはセカンドじゃないとまずSPには向かいませんがたまに羽根開放直後に玉を入れると羽根をかすめてSPにいく時があります

私は打ってる時は役モノではなく羽根に拾わせようと打っていますのであんまり役モノのほうは見ないのですね
そのせいかファーストでSPにいった玉は羽根が閉じて役モノを見るとまるで消えたかのように錯覚できます

消えた、と認識して思考がSPのことを思い出すまで一瞬のラグがあります、さらにSPにいったと喜ぶのも束の間
次の瞬間には出てきた玉と箱の位置を確認してるうちに外れ


玉がSPにいって外れるまでわずか一秒強の間に脳はフル回転で現状を認識しようと努めますがけっきょくはずれ

パチンコを打っていて諸行無常を感じることができる貴重な台なのでおすすめです





デジパチとか打ってると基本的に通常時はもうボケッとするか携帯でもいじってるか音楽でも聴いてるかしかないのですが羽根モノは常にデジパチの確変中をまわしているような感覚で暇がないのでそのせいか玉の動きを見るしかないのですこし楽しいですよ


暇すぎるパチンコのマックスとか荒すぎるスロットに辟易している私のような人でも羽根モノは楽しい瞬間があります



とくにドMのみなさんにはおすすめです
George
気が向いたらポチっとしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 21:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~負けている人は勝てるようになどならないほうが良い~

いつもてきとうに書いているだけで持論などと呼べるものなどないつもりだが強く思うことがある


パチンコは不可逆的である


当たり前ですがパチンコで負けている人はパチンコなどでどうにかして勝てないかと勝つために努力をするのかもしれない

雑誌やネットで勝つための情報を集めたり、稼動する日の行動パターンを熟慮してこれでもかと考えたすえにいきつく先が天井狙いだったりボーダー理論だったりはたまたオカルトだったりと


いかがわしい攻略法を買う人もいるでしょう、天井狙いの期待値を盲信して自爆する人もいればボーダー理論などといって出玉の削りにも気づかない短慮な人もいる



しかしそういった紆余曲折を経ようがなにしようが今の情報化社会ならば正攻法で勝つ方法には誰でもたどり着けますよね


で、実際にパチンコで釘を凝視して店や台を厳選して仕事量を積んでいく、スロットでたしかな根拠がある設定狙いや期待値がプラスの天井狙いやゾーン狙いなどを繰り返していくと私は失われるものがあると思うのです





パチンコ屋にいる負けている人は過去の経験からのバイアスだったり新台だからとか変なオカルトだとかを拠り所として打ち散らかしていますがどれもとても直情的な行動で、良く言えば人間的な行動ですよね


あー、この台当たる気がしないとかこっちの台は当たりそうな気がするんだよなぁなんてなあんにも知らない子供のような自分の感情に素直な打ち方をしている人を見ていると・・・皮肉ではなく時に羨ましいと感じることがあります



そういったパチンコを遊びとして興じる童心のようなものは勝ちだしたら大小あれど失われてしまいます



負けている人達が勝つためにいざ打ち出してみると絶対にてきとうに打ち散らかすことなどできなくなる


機械割や仕事量などを知ってしまえば台を打っている時にこの台はいくら負ける台だなどと考え始めてしまえば打ち続ける理由などどこにもないことがわかり、もうすこしまともな台もあるはずだともう純粋な遊びとは言い難いでしょう



天井狙いに慣れてしまえばハマリ台以外を打つことなどできない体になっているかもしれません、高設定を打ち続ければ設定1を打つことなど苦行でしょうしパチンコなど回らない台を打つことなどストレス以外のなにものでもない


ずるいんですよね、人間は
一度勝つ味を知ってしまえば負け始めるなんてできない、負けていた人が勝つようになるなどありふれた話ですが勝っていた人が負け始めたなんてまあ聞きません



勝ち始めれば純粋に台を殴ることなどできなくなる、純粋に演出に一喜一憂することなどもない




楽しみながら勝っている人も大勢いますが彼らもどこかでは冷静に台やホールを眺めていることでしょう

なぜなら100%感情に任せて打てばパチンコは負けるようにできていますし勝ちながら楽しむにしてもどこかで線引きして冷静に見なければいけないのだから感情のいくつかはどこかに捨てなければいけない



ですがその捨てる感情は私はとても大事なものだと思うのですよね

子供のころ、とんでもなくくだらない事が楽しかった・・・


修学旅行の夜にトランプで大貧民をやっていた、大富豪て呼ぶ地域もありますね、どっちでもいいですが
けっこう頭脳的なゲームだけどよく遊んだもんで中学生なりにも体系化した法則なんかあったりしてさ、そんな理論なんて呼べるほどの代物じゃないんだけど変に誇らしかった

ありふれた話なんだけど負けたら罰ゲームで好きな女の子の名前を言うもんだからそりゃ真剣にやったよ
でもしょせん中学生の考えうる理論でゲームをやっていてもボロボロに負けることもあってさ・・・でも負けたり勝ったりして楽しかったよ

7のクローバーは幸運だから配られたら勝てるだとか変にオカルトじみたこともやっぱり楽しかったけど配られたカードで全力で挑んだものです


配られたカードの期待値がいくらだなんて考えることなんてなかった


子供なりに考えて勝負していた当時の感情はそのままパチンコにも通じるところがあるように思えます



だから間違った理論で全力投球している人たちをさ、ホールで見るときっと楽しいのかな・・・なあんて思ったりもするんだよね
けどやっぱ間違ってるもんは間違ってるんだから負けちゃうし負ければ勝てないかなんて考えるのも自然で勝つ方法なんて調べればいくらでも出てきますしね




でもほとんどの人は勝つ方法は教えてくれても勝って失うものなんて教えてはくれない



だからこんなネットの片隅にあえて書くことにします


パチンコなんて勝たないほうが良いよ





勝つために感情を排除すればストレスを感じます、ストレスを感じれば免疫力が低下します
勝ち始めれば負けている人たちにたいして罪悪感にも似た感情を持つようにもなります、罪悪感を感じれば劣等感を感じます、劣等感を感じれば適応力が低下します

罪悪感は感じなくとも負けている人に優越感を感じれば本来、パチンコという同じ趣味を持つ仲間とは同じ視点で笑えなくなる、喪失感を感じます、喪失感を感じれば虚無的な思考に侵されてしまうかもしれません
ニヒリズムなどとしゃれた言葉で謳えれば良いですがパチンコで勝ち始める喪失感はそんなに上等なものではありません




雑誌やネットにはパチンコは勝てるなんて言葉が踊ります、それこそ無責任なほどに狂喜乱舞します

しかし言葉に踊らされて勝ち始め自分が踊れなくなるなど冗談にもなりません

ホールで踊っているのはAT中のケンシロウだけのような気もします


踊って殴られてヤケ酒のデビルリバース

彼もあんまり楽しそうではありませんね
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 01:24 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。