頼むから静かにしてくれ

はじめまして パチスロの勝ち方、雑感 ニュージーランドの話や戯言 時事関係や政治・経済などなんでも書いていきます よろしくお願いします

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無駄話~三島由紀夫とアダルトビデオ~

タイトルを見て釣られたエロい人はブラウザバックしたほうが良いです


昔、マネーの虎という番組が放送されていたのを覚えている人はいるでしょうか


知らない方のために書きますと資産家、実業家などが5人ほど集まりそこになにか事業を起こしたい人がきて面接を受けてお金を投資してもらう番組でした



その番組の中で投資家にアダルトビデオメーカーの社長がいたのですがうどん家を経営したいという人間に説教していた場面がありました

あろうことか少女を食い物にして金を稼いでいる人間が実業を始めようとしている人にたいして人間性について講釈を垂れるのにものすごい違和感を感じました



人間性についてならむしろアダルトビデオを作っている人間が糾弾されるべきが通常だろうと思うのですがこの世は金さえ持ってればどこまでも傲慢になれるのだろうかと幼心にも、むしろ幼心だからこそでしょうか・・・触れるものがありました



余談ですが今の教育ですと女性の性の自覚というものを芽生えさせるのは難しいものがあります

若い女の体はとんでもない価値のあるもので生物学的にも高校生、中学生の女性のころが肌の質感など性的な魅力に長けているみたいです
昔は15才ほどで結婚するのもめずらしいものではなかった



今は高校を卒業してもそういった知識などを得る機会はなく自らの体にどれだけの価値があるかもわからないから数万円程度のはした金で売ってしまう、ゆえにアダルトビデオメーカーの利潤は高くなる

実業でもなく虚業でもなく社会の構造をついた詐業なんですよ


しかしマネーの虎みたいに詐業だろうがなんだろうが金を持っている人間が発言権を持つのが資本主義なんですよね




三島由紀夫の言った通りです

三島由紀夫の遺言抜粋

二十五年間に希望を一つ一つ失つて、もはや行き着く先が見えてしまつたやうな今日では、その幾多の希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも希望に要したエネルギーがいかに厖大であつたかに唖然とする。これだけのエネルギーを絶望に使つてゐたら、もう少しどうにかなつてゐたのではないか。私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行つたら「日本」はなくなつてしまうのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである




狡猾で猛々しくも思慮に欠けうる人間が跋扈するのはニュートラルで無機的でからっぽだからこそなのでしょうか
おもいっきり私見ですが成功者は良い意味でも悪い意味でもどっか感覚がぶっ飛んでいる人が多いと感じます



アダルトビデオだろうがマルチだろうが資本主義につかりきっている人が成功する

記事のきっかけになったASREADさん抜粋

このような全ての種類の人たちと、この不可避の流れに苦悩し、命を賭してでも抵抗することに価値を見出す三島のような人とは思考的には永遠に平行線を辿り決して分かり合える時は来ないでしょう。なにしろ、一方は
「不可避の流れに逆らって、わざわざ苦悩することに何の意味があるのだ?」
と考え、もう一方は
「この大きな流れに身を任せ何の疑問も抱かず機械のごとくプログラム通りに生きることに何の意味があるのだ?」
と考えるのでありますから、この両者の溝は決して埋まることはないでしょう。





なにか偏屈なことを言えば「痛い」「暑苦しい」「スルースキル」などと言われてしまう世の中ですからね


なーんてことを考えても埋まらないものは埋まらない


病理だとか感じることもあるけどね、生きてるだけで儲けものなのかな
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 雑記 | 00:46 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~無意味なゾーンを打つ負債に設定差が見合うとは思えない~

こんばんわ、最近すこし体調がかんばしくないです
最近は換気が悪いくせに稼動が良いホールで打っていたせいかただでさえホールはうるさくて環境が劣悪なのに煙も目に見えて白く半日も打っていると頭痛と倦怠感などが襲ってきてやばいですね

今度からマスクとサングラスに耳栓つけながら打つことにしようかな、ゴト師と勘違いされそうだけど



今日はスロットの話


G数管理の台を設定狙いで打っているとチャンスゾーン以外のところも自力で回すのですが・・・高設定だろうがなんだろうが最近の台は小役を引いてもなんにもならないことが多いのでゾーン外を打っていると


これ金をドブに捨ててるのと一緒だよな、などと思えてきます


北斗の250~550、鬼武者は128~800(え?)、AKBの128~230



解析などを見てもほぼノーチャンスのゾーンが搭載されている機種がさいきんは多いです、低設定だけではなく高設定でもそうです


実際に打っているとまずまず当たらない


しかし設定を狙って一台を追う以上は当たらなくても回さないといけないのですがこの無意味なゾーンを回すのに設定差が見合うとは思えないのですよね



見合わない・・・のではなく見合うとは思えない


高設定ならば無意味なゾーンがあろうが全ての事象を織り込んだものが機械割なので事実としては見合うのでしょうが今の台は機械割・・・もっといえばヒキなんてものは台が設置している期間ではどれだけ頑張って追っても収束などしない



確率の解釈の仕方に有意水準というものがあります

ある試行をこなした時にこれだけの範囲におさまる確率は~%ですよというものですがスロットを打ってい
る方ならほとんど聞いたことがあると思います


この~%から外れた結果になるとなにか他に干渉しているものがあるとされてこの水準が有意水準といわれます



この言葉を借りて有理水準とでもなづけましょうか

無意味なゾーンを回すだけの理由をもつのは最近の台は非常に難しいものがあります



例えば番長の高設定を回していて夜の8:30に天国否定の70Gの状態で打っていると仮定すれば待っているのは200のゾーンまで絶望の130Gで4000円で当たることは6を打っていても非常に難しいと感じてしまいます


4000円をほとんどドブに捨てて回して事故待ちの機種の6を残り2時間で追うことはきっと期待値的にはプラスなのでしょうが2の足を踏む人が多いのではないでしょうか



台移動して設定狙いで打つのもそうでしょう
ホールを見まわしてみるとゾーン抜けで捨てられている台ばかりですが無意味なゾーンを回してまで履歴が良好なだけの台を打つかと言われれば普通はすこし台の前で立ち止まって考えてしまいます

「この台は6でもまず5000円捨てなきゃいけないのか・・・」なんて考えだしたらもうおしまいですね




機種ごとに設定差もいろいろありますけどゾーン外を回すほどの設定差ってそんなにでかいものだと思えないのですよね

よくある自力解除CZ確率が違うとか言われても事故のチャンスのチャンスのチャンスなだけで出玉に直結するようには思えない
ゾーン振り分けが違うなら最初っから低設定でも濃いゾーンだけ打ったほうがむしろ期待値的には良いだろうし
小役確率が違っても微々たる差な上にレア役を引いてもどうにもならん台が多いですしね

昔のエヴァなんかはベル確率で出玉がまったく違ってきたので設定差が直接に出玉の差として感じれましたが




どれもこれも無意味なゾーンを回すことに見合う設定差とは思えないんですよね


思えない、感じれないってスロットやパチンコでは非常に重要なものでだからパチンコでも当たるかと感じれるほど煽ってきますしスロットでも無駄にフリーズしてみたりしますが

結局、客が見てるのは玉やメダルが出るか出ないかですからね
無意味なゾーンで煽られてもむしろあきれてしまう人のほうが多いでしょう



設定差も機械割で見れば1と6では全然違いますし総合すれば出玉の差になるのはわかってはいるのですが・・・期待値的に見れば違っても打つ理由として感じるのはすこし難しいものがあります



オカルティックに響いたら嫌なのですが今の台は完全確率ではないとすら感じることがありますが




体調のせいにしておきます
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 02:09 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無駄話~99%の善意~

眠いので簡潔に

慈善と偽善っていったい何が違うのでしょうね



日本ユニセフ協会の寄付の拠出金額が話題になっています

私もいろいろ調べてみたらユニセフと日本ユニセフは協定こそあれ違う団体みたいですね
ユニセフのサイトに飛ぶと日本ユニセフへのリンクを見つけることができるので一見すると同じ団体にも見えますがあくまでも別の団体で日本ユニセフのほうは独自に寄付金を募って80%をユニセフ本体のほうに拠出し残りで活動費をまかない運営しているようです



問題になっているのは日本ユニセフに寄付すると全額ではなく80%ほどがユニセフ本体に拠出されるのでそれならば直接ユニセフ本体(日本では親善大使の黒柳哲子さんの口座)のほうに寄付すればいいのではないかということですね




そもそもなんでこれが騒ぎになっているのかよくわかりません


NPOであろうと最低限の運営費が計上されるなど当たり前ですが・・・日本ユニセフが寄付金の一部をまるでピンハネしているかのような論調が目につきます


日本ユニセフに寄付しても問題ないのではなく100%を寄付金として送っている黒柳さんのほうが特別なだけでありこの論法で日本ユニセフをおとしめるのは世間知らずもいいところでしょう




震災の時にもアグネスさんが大使である日本ユニセフはすこし話題になりましたね

児童ポルノ関連とか豪華な自社ビルを建てたり、自宅の写真がものすごい絢爛なものであったりして守銭奴のようなイメージが私にもありますが・・・大きな仕事をまかされている人が質素な生活をしていたら逆に嫌ではないでしょうか



旧自民政権の時にも安倍さんか麻生さんか忘れましたが3000円のカツカレーを食べていたのをマスコミはこぞって報道していましたがむしろ総理大臣が立ち食いそばや牛丼を食べているほうが問題でしょう


低俗な妬みつらみでNPOや公務員を非難するのは浅ましいにもほどがある




100%の善意は存在しないとは言い切れませんが限りなく少ないと個人的には思います

今回のように自分が100%のつもりであげた寄付でもお金が届くのにはコストがかかりますし
プレゼントなどのように個人的に送ったものでもどこかで見返りを求めていたりするでしょう、取引先にお歳暮をおくるのは仕事が円滑に進むようにだったり彼女や彼氏にプレゼントをあげるのもどこか義務感のようなものが付帯してくる

バレンタインにチョコをあげる女の子はホワイトデーにチョコ以上のものを期待しているのかもしれません




憂いているのではない、それが99%の善意であり偽善と呼ばれようとも



人の為と書いて偽善と読むのだから
George
ポチポチ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 01:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~ビターチョコレート~

パチンコを打つのに忙しい・・・は適切な表現ではないですね


パチンコを打っている時間が最近は長くてブログを書く時間があまりなくなっています

まぁ時間はあるものじゃなくて作るものだっていいますからただの言い訳なんですが、けれども自分のサイクルとか周期みたいなものもやはりある

そんな話





最近、パチンコを頑張って打っているのですが・・・パチンコを打つことを頑張るなんてのもまた変な表現ですね




パチンコを打つ時間てそれぞれの生活環境だとか専業か兼業かでまた違ったりしますがホールは基本的に11時近くまで開いていますので極端な話でいえば羽ものやジャグラーなどを駆使してパチンコを打つことを頑張っちゃうと毎日11時までホールで稼動していることも可能です



しかし毎日、休みの日や仕事終わりなど朝から晩まで営業時間ギリギリまでホールにいる人は稀でしょう


みんなそれぞれホールにいる時間をコントロールして生活しています


収入をパチンコに依存している方だったりなにかお金が入り用だったりする人は意識的にホールに長く滞在することで収支をあげますし半分は趣味として打っている方はてきとうにきりあげて帰宅するのだと思いますが問題は意識的にホールに長く滞在する人たちのほうですね




脅迫観念というと少し違うかもしれませんが私は専業だった時の経験からか、もうスロットで6だったりパチンコでも高い台だったりすると用事もないのに帰るということがほとんどできません



しょせんパチンコやスロットなんですから打っている時には飯でも食ったりてきとうに外に出て空気を吸ってみたり飽きてきたら帰れば良いのですが台を捨てることができない

スロットで6を打っている時に飯を食いに行くとかちんたら回して7000Gしか回っていないとかなると自己嫌悪にも似た感情を持つ
思っていることとやっていることは全然違う


専業だろうが兼業だろうが自由に稼げる面が強いからパチンコやスロットを打つのに実際に打っている時には飯を食いにいく自由すらない状況、というか心境があります


6を打ってても後ろに張り付いている軍団にくれてやればいい、新台に設定を使う店でも後ろで待っているお客にくれてやればいい



けれど実際にやるとなると躊躇したりする人が多いのではないでしょうか
カマを掘られるのが嫌だったり自分が打って判別した台を他人に無償でくれてやるのは嫌だ、なんていう悪どい根性で必死に打ち続ける



台を捨てることができないのならまだましかもしれません

なかには打つ台にあぶれたりすることで危機感を感じて1000円でも期待値を積んでいこうと躍起になって台を探す人もいるでしょう
私は今ではそういうある意味では無駄で効率の悪いことはしなくなりましたががむしゃらに打っていた時はそういうこともやっていました


天井狙いなんかは性質上、歩けば歩くほど微少でも期待値はあがっていくので徘徊することをやめられなくなるのかもしれません
しかし天井狙いでも効率が良い時と場所はありますよね






パチンコを打つことは自由でなければならない、一方で打っている時はどうしようもなく不自由を感じる

相反する二つの感情があれば当然、ストレスを感じます



こういうストレスは普通にパチンコを打っていても感じるものではなくおそらく専業やパチンコの収入に依存してガチガチに打っている方にしかわからないかもしれません
うまく昇華できれば良いのでしょうが自由に打つと収支は減少するのは間違いないのでようはバランスの問題なんでしょうけどね




かっこよく言えば期待値を追い続ける宿命、悪く言えば病気やワーカホリックならぬパチンコホリック



こんなしょうもないことでストレスを感じるのが甘いという人も当然いるとは思いますが人それぞれパチンコの稼動限界時間がある



パチンコに救いなんかは求めていないがビターチョコレートのような少し甘いぐらいの自由は望んでもいいんじゃないかな
George
このチョコレート臭いなと思った方はクリック
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~殴り書き~

ブログ読み返してみたら最近はすこしおためごかしの記事が多いですね、意図したわけでもないのですがちょっとはっきりといろいろ書いていきます




もう抜けるだけ抜いたもん勝ち


なにか最近そんな考えが頭をよぎることがある、悪心に他ならない


パチンコとかパチスロってものすごくドライな考え方で言えばいくら勝てるかでしかない、負けている客から搾取しているとか店の対応とかのあらゆる雑念を振り切って勝つためだけに関して行動する



パチンコでも等価で持ち球があるのに現金投資してる人とかマイカップ持ち込んだり常にスマホいじっていたりあからさまに捻ってたりマーク屋など
勝つことだけに集中すればそういった行動にいきつくのでしょう


スロットでも張り付いたり掛け持ち上等、徘徊も辞さずに100%期待値しか見ない



倫理もなにもあったもんじゃない、そういう打ち方は大嫌いですが・・・最近のパチンコやスロットを見ているとわからなくもないのですよね
私もどちらかといえばパチンコは手段という側面が強いですし、ただ踏みとどまるべきところは踏みとどまるだけであり人としてブレーキを踏むところでアクセルを踏んでいく人はしょせんパチンコなどとしか思っていないのでしょう

そしてしょせんパチンコという感覚もわからなくもないんですよね




ウルトラマンウォーズなんて台が出ました

プレミアフラグをひくと設定が6になる革命的な台ですがリンク先のかえるさんのところでも書かれていましたがこの機能は今のスロットにたいするアンチテーゼで同時に危ういものでもあります


こんなことができるならメーカー側でホールでの出玉は全て操作できるようになるということですよね

プレミアフラグにしないで現実的に引ける確率で設定がころころいれかわるようにでもすればスロットの設定自体が無意味なものになる可能性もあります



仮に設定1の機械割が95%、6で110%の台に設定変更フラグを搭載してホールでの実動だと全て99%におさまるように設計するなんてことも可能なんでしょうか

さらに稼動G数によって機械割が変動するなんてことにでもなればホールが台を選ぶのではなく台がホールを選ぶなんてことにもなりそうです



おそらく他社からも似たようなものは出てくると予想できます、スロットとかパチンコはなにか流行りがあればそれの模倣の繰り返しですからね
ちょっと前の無限ARTや今のAT機など



ただこんな台が席巻するようになれば本格的に設定狙いは死語となりホールには依存症とハイエナしかいない末期になりそうです

今も似たようなもんですが



あとこの台、エナ要素が多いのか雑誌やブログなど見てみると猫も杓子もウルトラマンウォーズなんですね、ゾーン狙いとか回数天井狙いとかいろいろあるみたいです



今さら情報の流通速度についてどうこう言うつもりはないのですけどこれだけ騒がれたら競争が激化してうまみなどハイエナにしゃぶりつくされて終了でしょう

ウルトラマンウォーズも仕様だけ見れば客に打ってほしいというスペックでメーカーさんの意志が見える台で悪くはないのでしょうけどもうホールに出てしまえばハイエナがうまいだけの台でしょうし・・・根本的に今のパチスロは構造が歪んでいるんでしょうね



もう情報戦なんてものに心血を注ぐのなど馬鹿馬鹿しいほどに客の知識浸透度は高く、私はもう付き合う気はないです
北斗の筺体などあべしは見るなって設計がされて天井前にストッパーがあって天国にもいきにくい
ハイエナするなっていうメーカーからのメッセージがあるにもかかわらず空台すべてにメダル入れておじいちゃんみたいな態勢で歩いている人がいますが見苦しいったらないです


スロットはハイエナが取りざたされていますがパチンコでもスロットでも探せば普通に打てる台はあります、遊戯人口減少にメーカーさんも苦慮されているのかここ一年ほどはむしろ甘い台が多いようにすら感じます


無駄に競争が激しくなったハイエナなどパチンコでも打ちにいった時にスロットを覗くと800とかで放置されている台があれば打つ、甘すぎますがそれでなんの問題もないです
ゾーン狙いとか知ったこっちゃない、特に兼業でパチンコも設定狙いもするとなると解析は知っているのに打つ機会がなく撤去されるなど今はザラですからね

打つか打たないかわからないものを調べても無駄になるだけですし最近の台は解析も複雑で入れ替えも早くスロットの情報を熟知するのは私には厳しいものがあります


北斗、番長、AKBなどは設定を狙いにいく機会があるので解析は頭に入っていますがその他雑多な機種は全然知らないです



そんなものでも勝てるんだからパチンコ、スロットはやはり甘いのでしょう






今のパチンコ、パチスロが衰退している理由はハイエナとか期待値しか見ない人の増加もそうですがホールの問題が大きいと思います


パチンコホールは商売として欠陥がある
単純に違法なんてこともそうですがホールはいくら出しても良い、毎日全台6にしてもかまわない


毎日全台6にして近隣ホールから客をブッ飛ばしてもかまわない
商売なんだから競合他店にたいして勝負するのは当たり前みたいに聞こえますがこういった行為は小売業などでは不当廉売で禁止されています


すこし考えれば当たり前ですがこういったことをしだしたら中小の小売や商店などは全て潰されて潰した後に値上げすれば結果的には売上があがります
一部の資本が供給の全てを握れば社会的な生産性は失われて国民経済に損失が生じる


だから公正な競争を維持するために独占禁止法なんてものがあったりするのですがパチンコの場合には最近は大手ホールに客が集中して小さいホールなどはどんどん客が飛んでいます



一般客から見ればホールは信用が全てなので一度大手のホールに流れてしまえば体力のない中小ホールに客を戻すことは難しくなる

さらに困ったことにパチンコ屋は営業形態が特殊で客が飛んだぶんだけ回収率をあげさえすれば利益は変わらずに営業できてしまうので危機意識を感じることが少ないのかもしれません

他の業種ではそうはいきませんね
いきなり売れないからと缶ジュースが150円になりでもしたら誰も買いません



がそうなってしまったらある日、全台1にしても回収しきれないほどしか客がいなくなってしまいもう手の施しようがない状態になって閉店になるのでしょう



今はまだそういったホール寡占化の過渡期だと感じます

大手のホールは一律調整で公平感がすごいですからね、公平が信用と感じる一般客であれば大手に流れるのもわからなくもないですが勝つために打っている人間からしたらウルトラマンの様な設定がはいるわけがない台が公平なホールに設置されればもう本格的に終わりじゃないでしょうか





そろそろ規制でもはいって6号機になるんじゃないのかな
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 23:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうでもいい話~感想と警鐘~

電車に揺られていた、痴漢発生率が高いことで有名な路線のある車両


満席だったのでドア付近に陣取り特にやることもないので呆けていたらいつのまにか人間観察に変わっていたのか他の乗車している人達を無意識に眺めていた




1、2、3、4・・・とスマホをいじくっている人達をカウントしていくと9割に近い人間がスマホを使用して何かやっている


乗車なうとでもツイートしているのだろうか、そんなことはどうでもいいがありふれた景色が私の目にその時は不思議に写った

と同時に電車で立ち尽くしているのが窮屈に感じてきたのはなぜだろう

同調欲求とでもいうのだろうか、電車に一人で乗車している時にスマホをいじっていない私が異常なのか一様にみんなでスマホをいじっている景色が異常なのか



よくわからなくなってきたので私はandroidのウォークマンでNirvanaのheart-shaped boxを聞くことにした


同調してスマホをいじろうかとも思ったのだがやめておいた



ささやかなる抵抗なのだ







私見ですがネットやスマホなどは企業や社会で見ればメリットのほうが大きいが一個人で見ればデメリットのほうがはるかに大きいと思います


いわゆるネット依存に代表されるもの以外にもいろいろあります


政治的なものでいうとネトウヨになってしまうなど
外資でバリバリ働いていた人がドライな環境のせいで感情的なものを求めていたのかネットでの扇情的な右翼思想に感化された事例も見たことがあります
あんな新大久保や新宿などで口撃している人など悲劇以外の何物でもない
テレビなどでは放送されませんがユーストや二コ生などでデモの様子を中継しているので暇な人は見てみるとおそらく驚くと思いますよ




恋愛などでもそうでしょう
手軽に出会い系や婚活などに手を出して迷走している人達、xvideoが優良すぎてセックスする相手を探そうとも思わない男たち



マルウェアやスパイウェアなどの被害や情報漏えいなどもそうですね
つい最近アメリカのNSAがグーグル、ヤフーの通信回線に侵入などもニュースになっていたりしますしネット上の全てのメールは一度インドネシアを経由して送信されるなども有名な話です
2ちゃんの●購入者の書き込みが勤務先にばれてしまい首になったなんてのもすこし前にありました


どこかで書きましたが・・・ネットの情報量は膨大ですが知らないほうがいいことも多い
宮崎駿さんが極左だなんて知りたくありませんでした




メリットも数えきれないぐらいあるんですけどね

ネットがなければいろんな人の考え方に触れる機会はこんなにないでしょうし、顏が見えないから書ける推敲した文章などもある




ネットはツールとしては非常に優秀だがすこぶる危険でもある



ただの感想と警鐘です
George
ポチポチ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


まったく関係ない蛇足:そういえば最近かっこいいってあまり聞きませんね、死語なのかな

| 雑記 | 23:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無駄話~奇麗言~

陸上の為末選手の発言が物議をかもしていますね


「努力すれば成功するは間違っている」とツイッターに書き込んだことで炎上?しているみたいです



おそらく身体的な能力が重要な陸上選手ならではの発言ですがこれはド正論で真摯に受け止めるべき言葉だと思います

3月のライオンを思い出しました、以下引用


“「信じれば夢は叶う」

それは多分 本当だ

但し 一文が抜けている

「信じて”努力を続ければ”夢は叶う」

— これが 正解だ

さらに言えば

信じて
「他のどのライバルよりも1時間長く
 毎日 努力を続けていれば
 ある程度迄の夢はかなりの確率で」

叶う — だ

キャッチコピーというものは 短いほうがいい」

— でも これは あまりにも はしょり過ぎだと思う

それじゃまるで
「何もしなくても」「ただ信じていれば」

叶うみたいじゃないか

この文章を
ここまで削ったヤツに
何を思って
ここまで削ったのかと
問いただしたい






こちらは信じれば成功するというおざなりな意見にたいしての憂いですが現実問題として夢を見たばかりに不幸になった人もたくさんいるでしょう


サッカーや野球などでもプロで活躍してとんでもない年棒をもらっている選手の下では2軍3軍で一般サラリーマンの給料に毛が生えた程度のお金しかもらえない人がたくさんいます



現役の時に活躍して有名になり解説者や外郭団体にでも呼ばれるようにでもなればいいですが、肉体的な限界があるプロの寿命は短く現役生活を下部組織ですごしたプロスポーツ選手の末路はあまり良いものではないと聞きます



起きている間は一日中、玉を追い続けて果てしない努力の末にプロの選手になることができたとしても中年にでもなって引退して玉を打ったり蹴ったりするだけしか能がない人間を雇ってくれる企業を探すのにもまた努力を要する


夢として憧れうる職業、音楽や演劇、画家、小説家、社長などいろいろありますが夢を見る代償というのは残酷にもこの社会には存在する



純粋な綺麗言はそれこそ奇麗言であることのほうが多い




それでも少女漫画のような純粋すぎる綺麗言も私は大好きですし努力して成功するという結果よりも過程のほうにこそ大事なものはあると思います




まぁこのブログは夢もかけらもないただの世迷い言ですが・・・
George
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| 雑記 | 23:21 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~パチンコとカジノ~

東京オリンピックが決まってカジノが東京にできるなどとニュースになっていたりしますね


法案のほうも早くて来年には成立する見通しみたいですが、すこし気が早いかもしれないですがパチンコとカジノを関連づけて考えてみます





ニュージーランドに留学していた時に現地のカジノに遊びに行ったことがあるのですがはっきり言えることはパチンコとカジノは全く別物ですね



同じようにお金が出入れするギャンブルですが賭博などに貴賤を論ずるのはすこし気おくれしますがパチンコ屋にいる客がカジノをやるようになるかというと私はやらないと思います





パチンコ屋って今や日本全国どこにでもありますがなんでこれだけパチンコが普及していったのかは単純に射幸性とか以前にとんでもない気軽さだと感じます



普通、どこかに出かけたりして何かしようとする時には絶対にどこかで人と関わって会話して物事を進めますよね
食事にいったら口頭で注文して会計します、一蘭とか特殊な店もありますが普通は従業員に頼んでメニューなり配膳なりしてもらいます




いっぽうでパチンコ屋は入店して台に座って玉を流して交換して換金する
ホールのうるささもあいまって一連の流れは全て声を出さずともできます、玉やメダルを流す時には店員に×とジェスチャーするだけで伝わりますし景品交換の時はうなずいたり指さしで対応する人も多いのではないでしょうか




仮に台の前がバーのカウンターみたいになっていたりして店員に口頭でお金を渡して玉を貸してくれるようにでもなったりしたらますます客は減っていきそうです



こんなこと言ったら誤解を招くかもしれませんがパチンコ屋にいる人間ってクズでバカだらけです、私含め見ているかぎりは


蔑んでいるわけではなく楽してお金を得たい、休日にやることがギャンブルしかないような人達が集まるところがパチンコ屋であり掃き溜まりのような雰囲気があります
勝っている人間もさして特別なことをしているわけでもなくそういった意味では同じ穴の狢と言えなくもないでしょう


一般的にくくられるパチンカスというのは実際に見ていてもその通りであると感じることが多い



それでもそんな誰にも干渉されずに機械と戯れていたい人達もいますのでやはり必要な場所だとも言えますよね



パチンコ屋って高揚感とか非日常感よりもそういう気楽さのような部分が大きい




じゃあカジノはというと入場するにはIDの確認が必要で店内はハイクラスの方達のために敷居がなされており肝心のゲームはといえば

ブラックジャックでセカンドディールを駆使するプロのディーラーと勝負、神業のような正確さでルーレットの目を操るディーラーなど



とてもお気楽に手を出せるものではなくパチンコでリーチ中に打ち出しまくっているおじちゃんなどがその調子で手を出したら勝てる余地などまずない
勝つ負けるでいえばパチンコほど甘いギャンブルはないのだから



そもそも最大の理由は空気が違います



例えばカジノにツインエンジェルでも置いてあってパチンカスが「ベルなのれふ~」とか聞いて萌えていると横ではどこかの会社の重役が女といちゃついているのなど嫌でしょう


彼はきっとパチンコ屋にいき爆音の中で聞こえる幼女の声にこそ安らぎを得るのだろう



掃き溜まりでいそしむ情景というのはあるのかもしれない、それが必要悪であろうとなかろうと選択肢としてパチンコがあるというのが誰かの心の支えになっていたりするのかもしれない


正直、萌え豚の気持ちはよくわからないが現場で見ているかぎりはそんなことを感じたりする



カジノができて顧客としてパチンコユーザーを見込んでいる企業などがあるとしても


クズに品格などいらない・・・などと胸をはって言うのかもしれませんね
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 00:01 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。