頼むから静かにしてくれ

はじめまして パチスロの勝ち方、雑感 ニュージーランドの話や戯言 時事関係や政治・経済などなんでも書いていきます よろしくお願いします

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雑文・お礼・ブログについてなど

どうも、スロットのガロを打っていたら隣の人に目押しを頼まれて横からだと銀7がものすごく見づらくて一度失敗してしまいました

Alcholidayです


2012年も終わりですね

政権交代やらなんやら金融緩和だ憲法改正だなんだと世間は騒いでいますが円安株高になっても来年いっぱいほどは庶民にとって景気がよくなっている実感などわかないでしょうね

流動性の罠というとすこし意味が違いますが名目賃金には硬直性があるので円安で物価だけ上昇して厳しい一年になることを覚悟したほうが良いかもしれません



話は変わりましてすこしブログについて
ブログ再開してからすこしずつアクセス数もあがって今ではこんな偏狭ブログに100人以上300ビュー近い数のアクセスがあります
大手ブログ様から見れば屁みたいなアクセス数ですが完全に趣味でやっている私としては心地よい感じの数字で年を越せそうです



思えばなぜブログをはじめたのかすら忘れてしまうほどに、それ以上に文章を書いて誰かに読んでもらえる

それだけでなにか満たされていくというのは不思議なものです
これからも駄文、乱文、暴論などぼちぼちと書いていこうかと思います(暴論や批判的なことはすこし自重しようかな)


ブログを書いている人なら理解していただけると思いますが筆が進まないときにはどこの中学生の作文だみたいなことにもなりかねる当ブログですがそういう時にはそっと左上の矢印でも押してください



またパチスロの話はただの日記ではないというブログの性質上かいつかネタが切れるかとも思いますがなんとかこねくりまわして書いていくので私の頭が枯渇するまでお付き合いいただけるとありがたいです
(質問や書いてほしいことなどあったら拍手からのコメントか↓のコメントで書いてくださると管理人が嬉々として書きます)



2012年に訪問してくれたすべての読者様
ブックマークしてくださっている方もコメントなど残してくれた方も拍手をしてくれた方もただ読んでいただけた方も


ありがとうございました


良いお年を<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
George
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 雑記 | 23:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~秘宝伝ペナルティ打法~

どうも秘宝伝に攻略打法があるようですね


逆押ししてリプレイが揃うとデータ機上のカウントがリセットされるけども天井までのカウントはリセットされないのを利用するみたいです

要は300~400あたりで落ちている台を変則押しでカウントリセットさせて天井までの情報を改竄して他人に打ってもらうというものです

またデータカウンター上では大当たり枚数が0またはマイナスになっているので履歴から他人が行っていた場合には確認可能なホールもあります


※こちらは真偽不明ですが変則押ししていると1kで100g近く回るらしくARTとボーナスが無抽選になるだけで天井までのG数も増えないとの情報もあります


すこし調べてみるとこの打ち方に関しては他人を欺くのでやめたほうが良いなどの意見が散見されます





これはハイエナで稼いでいる人間なら喜んでやるのかと思いましたがなぜか道義的な意見が目立ちます


そもそもハイエナという言葉自体が死肉をあさるという動物から揶揄されていて道義的も道徳的も倫理的もくそもない打ち方として表現されているのでどうにもしっくりきません


ハイエナ行為をしている人間はホールで道義的な正義などそもそも持っていないから張り付いたり徘徊したりすることができるのだと思うのですが・・・



どうも他人を欺くのは嫌みたいです

他人の無知につけこむか他人を欺くか

泥棒か詐欺師か

それだけだと思うのですがハイエナにはハイエナの機微があるのですかね



牛丼か焼き牛丼かぐらいの違いしかないように感じますが・・・

ゴトではなく正攻法で効果はやるまでもなく抜群だと思うのでハイエナの皆さんはぜひ積極的にやればいいと思いますよ
すくなくとも張り付いたりするよりも効率ははるかに良いでしょう


ただこれどうも刑事罰に問われる可能性もあるみたいですので捕まりたくなければやらないほうが良いでしょう
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 22:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録31

さて思い出の部屋をあとにし新居に移り住むことになった私ですが現地の方の部屋をわけてもらい住むことになりました


オークランドの中心部からはすこし離れた場所にマンションの1室のなかのそのまた1部屋のみが私のプライベートな空間

同居人はカジノで働いていたため夜中に仕事していて完全に私とはすれちがいの生活となってしまっているので以前の同居人のように一緒に料理をしたりなどする機会もほとんどなくなって一人で生活することになります



ニュージーランドに来てからというもの、ホームステイの家族・語学学校の友人・毎週参加していた草サッカーの仲間・ひょんなことから出会った友人などありとあらゆる場所で出会いがありそのたびに助け合える友人に支えられながらここまで来ましたのでルームシェアといえど一人で暮らすということには多少の不安がありました


もちろん自分の空間を持つというのは心身ともにポジティブな面も多々あります


そんなこんなで再々スタートを切った私の留学生活



英語にも完全に慣れてどこに行くにもコミュニケーションでの不安というのはなかったのですがそれがはたして友人ではなく他人にたいしてはどうなのだろうか?とふと思い仕事としての英語のブラッシュアップをしようということで現地でアルバイトを探すことにしました



語学学校在学中に現地企業でのインターンなどは探したことはあったのですが私の英語がビジネスレベルではなかったようでどうにも見つからなかったのでアルバイトという最低限のコミュニケーションができるのか?

日常会話は全く問題なかったので働く前から通用するだろうとは考えていたのですが海外で働いた経験というのはいつかきっと役にたつだろうと時給などは完全に無視して探すことにしました


ニュージーランドにきてまで働きづめるというのはどうにも本末転倒だと思っていたので週2、3で働ける場所が理想だったのですが異国人を雇ってもらえるようなところはアルバイトといえどそうはありません


工場のライン作業や皿洗いなどの単純労働は国籍とわず、英語の能力問わずのようなところが多いのですが直接お客様と話すような仕事というのはそれほど多くはなかったです



選択肢として当時あったのが

カフェの店員
フェリーチケットの販売員
テレアポ
現地日系企業での事務員等々



なにせ流暢とはまだまだ言えない私の英語・・・それでもなんとか現地での仕事というのを見つけることに成功することになります



蛇足ですが日本人は舌の構造自体が違うため欧州のかたのようには一生発音できるようにはならないようですね
たしか「あ」の発音の一部が出せないようですよ


さてなんの仕事をしていたのでしょうか・・続きます
注)スロプではありません

George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~セーフティーネットとしてのパチスロ~

パチンコを打っている人間は必ず負けている


こんな反応が世間では一般的ですがパチンコやパチスロにたいして知識が豊富な方々はパチンコやパチスロは長期で見ればほぼ100%勝てるというのを知っています


長期で見なくても1ヶ月で負け越すというようなことは専業のように稼動時間が十分に取れる場合にはほぼありえません

いちいち計算するのもしちメンドクサイですが期待自給2000で稼動時間が150時間ある人間が負け越すというのはおそらく1割もないでしょう。パチンコのMAX機を打ち続けてようやく1割負けるかどうかというところですかね




また運用資金・・・というのも変ですが軍資金の話でも20万円もあればことたりるというのがパチスロです
まぁ20代の貯蓄がない人間の割合は3割近くあるので20万円がないいという人も想像以上にいるのでしょうけれども


どれだけの軍資金があれば大丈夫なのかというと脱線してしまいますが有名なところで「バルサラの破産確率表」というのがあります

他サイト様(http://systemtrade.ninpou.jp/yougo/hk.html)から引用だせていただくと以下のようなものになります

ペイオフレシオというのは損益率のことです
損益率=平均利益÷平均損失


hk.jpg


パチンコで一日の勝率が4割に満たない台を打つというのは勝つために打つ選択肢としてはありえないので4割以上の表に目を通すと損益率2というのが分岐点になるのかなと思います

また勝率5割で損益率が1、つまり期待値がプラマイ0の台を打つことがいかに危ないことか
そして勝率が5割であっても期待値がプラスである台を打ち続けることはいかに重要か

破産確率で見るとその差は数字として歴然となっています



この表はリスクにさらす資産の割合が0,1の場合で計算されているようです
パチンコですと平均投資金額といったほうが良いですかね

例えば30万持った人間が平均投資金額3万円の台を打ち続けたら破産する確率というのが上記の表です
そんな単純なものでもないですがまぁふわりと感覚としてとらえていただけると良いでしょう
詳しく知りたい方は以下に詳しく書かれているのでどうぞ

http://www.kogures.com/hitoshi/webtext/or-hasan-kakuritu/index.html





かなり脱線してしまいました

上記の表を見ても期待値がプラスの台を打ち続けることができれば軍資金というのもそこまで必要なくいかに容易にかつことができるのかということがわかります


パチンコで勝つということ

世間的に見るとまるで御伽噺のように聞こえそうですがみんなが知らないからこそ金になるということは世の中やまほどあります

昔、私がFXについて調べていた時にはポンド豪ドルのスワップ0の会社があって他業者と両建てすれば1枚につき毎日80円入ってくるような嘘のような本当の話があったり時給2000円でただ座っているだけみたいな仕事も世の中にはあります

知恵を駆使して金になるというよりも知識そのものが金になるということがあります


パチンコも似たような面があり、勝てるということを知っている

それだけでも十分にアドバンテージになりますしセーフティーネットにもなります


普通に労働してお金を得ようと考えた場合には履歴書を書いて面接をしてはたまた適正試験や圧迫質問なんかされたりして人間関係を考慮して等々、田舎でアルバイトなどしたら時給750円からみたいなところもあります


それでも仕事がないというような方があふれています
生活保護やワーキングプアの方など


しかしパチンコを打ってお金を得るというのは履歴書も面接もなにもないですし拘束時間もありません
根本的な勝ち方を知っていれば好きな時に打って激熱だと言っていればいいだけです
それでも時給に直すと2000からという高時給なまるで夢かと見まごうような世界です(現実的には悪夢ですが)


なぜそんなにアルバイトなどと比較してパチンコの時給は高いのか?
おそらく疑問に思ったこともある方も多いと思いますがパチンコは付加価値を全く生まないというのが最も大きなことです

例えばアルバイトをしていた場合には労働しても売り上げや純利がまるまる労働者にはいるというようなことは絶対にありません。誰かの社員の給料になっていたり設備投資やサービスの充実化に人材育成などさまざまですが労働者が労働することによってそこに他者にとっての価値が生まれますのでそのぶんだけ差し引かれて時給というものが計算されて支払われます。これは社長や社員もその大小あれど同じですね



一方でパチンコの場合にはただ玉をはじいて換金して終わり

労働として考えると誰のためにもなっていません

誰のためにもなっていない、労働における価値を分配しないからこそパチンコはその時給が高いということですね


国富論という本があるのですが労働における価値の創造という点で見るとパチプロやスロプというのはその存在意義がありません
消費という点で見ると貢献していますが



まったく付加価値を生まないでもある程度の収入になるパチンコ

国富という点で見るとその存在意義はありませんが国のためどうこうよりも目先の金のほうが大事な時もありますしね
そういう意味では資本主義の盲点とも言えるかもしれません



付加価値を生む余裕もない時、そんな時はパチンコをセーフティーネットとして機能させると・・・良いとは言いませんが人間らしいんじゃないでしょうか





なんでクリスマスに破産確率とか調べてるんだろ・・・
George
トナカイさん押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 21:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録30

同居人を見送りに行って帰ってきた私は部屋にはいるなり、いつもの部屋が喪失感からか妙に広く感じたのを覚えています

家賃のほうも2人で払っていたのを一人で負担しなければならなくなったので、そろそろ留学に用意したお金もきつくなっていた私はこの思い出の部屋を出てどこかまた新しい部屋を借りる、またはオークランドをあとにしようかなと考えていました


オークランドをあとにするということが私には最もしっくりきていたのですがここを離れてしまうと彼女とも離れてしまうことにもなり付き合って2ヶ月でさよならというのもどうかと思ったので住まいはオークランドにかまえながらいろいろなところへ行こうと決めました

彼女と一緒に住むということも考えたのですが、彼女は今の住まいからは家庭の事情から移れないそうでした。私が彼女の家に居候する形も考えたのですが彼女にも女性の同居人がいて異国の男がずかずかと踏み入っていいようなものでもないと感じたので結局はどこか新しい住居を探すことになりました


とはいっても以前の住まい探しのようにばたばたと慌てるようなこともなく、この頃には友人知人も多くできていましたしまだ今のフラットから出て行くのも1ヶ月弱ほどあってたのでゆっくりと探すことができました

ゆっくりといっても3日もまたずに次のすまいは友人の紹介で現地の方の部屋を借りて住むことに決まることになりました。
オークランド唯一のカジノでディーラーをしている方で仕事の関係で昼夜逆転している方と一緒に住むことになります


カジノのディーラーという日本ではほとんど会うことのない方と一緒に住むというのはものすごく貴重な体験となるのでした


George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~正しい捨て台詞の吐き方~

ホールでなすすべなく5万ほどやられてしまった時のための捨て台詞集




へみんぐうえい

人間は負けるようにはつくられていない。
殺されることはあっても、負けはしない。


アーネスト・ヘミングウェイ




ketarin.jpg

999回失敗しても、1回うまくいけばいい。それが発明家なんだ。失敗は、うまくいくための練習だと考えているんだ。

チャールズ・フランクリン・ケタリング




へっせ

過ちも失敗も多かった。だが、後悔する余地はない。
ヘルマン・ヘッセ




みすさん

負け犬がどういうものか知ってるのか?
本当の負け犬は、勝てないことを恐れ、努力もしないようなやつのことを言うんだ。


映画「リトルミスサンシャイン」







期待値は稼いだ(爆)
Alcholiday




たまには過去のボツ記事でも載せてみようかと・・・
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 22:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録29

クリスマスが明けて年末へとさしかかろうかという時に同居人は帰国の荷造りなどをしていました。



荷造りを終えていよいよ翌日には帰国の途につこうかという日の夜に私達は食事に出かけました

同居人の友人や私と私の彼女に同じフラットに住む友人など計10名以上いて南島からわざわざオークランドまで来てくれた人もいて私にとって初対面の方も多かったのを覚えています


どこで飲むのかまったく決めていなかった私達はいったん私達のだだっ広い部屋に集まって話していました。


日もすこしだけ暮れ始め私達はオークランドの街へと歩いていきます

街へ行くといっても私達のフラットはクイーンストリートという最も大きい通り沿いで市街のど真ん中にありましたのでぞろぞろとクイーンストリートを下り、1軒のすこし落ち着いた店まで歩いていました


オークランドの夏は日が暮れるのが大変遅く夜の8時近くにならないとまだ太陽の光が雲間からすこし差し込んで、日本人の私にとっては時間の感覚が異なるので奇妙に感じたのを覚えています

この日の夜も例に漏れずまだ陽の光がうっすらと私達を照らしてくれていました。日本にいるとクリスマスや年末は寒くてこたつにみかんなどというような慣習がある私のような典型的な日本人にはこのニュージーランドの年末の気候や気温はとても新鮮に感じました

そんな夏のオークランドの街をすこし歩いていると1軒の店に到着します



大衆居酒屋というと日本人の私の感覚からするとすこし違いますがBARというほどしゃれたところでもなく、気兼ねなく飲めるとても雰囲気の良い店で私達は飲むことにしました


席につくと「とりあえずビール」なんていう協調性を重んじる日本独特の風習もないのでそれぞれが思い思いに飲みたいもの頼みます
私は日本人なので「とりあえずビール」です


南島からわざわざ来てくれた人にお礼を言いながら同居人である私が乾杯などと言うことになります


He has been my family in NZ, I thank you are here.
Please join me in drinking a toast to all of us


Cheers!

などと乾杯して私達は飲み始めました


別段にいつもとかわりなくあいもかわらずに他愛もない雑談をしては笑いながらしゃべっていると私達の生活の終わりとおなじようにニュージーランドの長い陽も暮れていきました


期待するような感動的な場面もほとんどなく、ほんとうにまるで明日からも同じように暮らしていくのだろうなと錯覚するほどの空気でした。
私も明日からあのだだっぴろい部屋で一人で暮らすことになるというのに全くもって悲しくもさびしくもなく、おそらくそれは同居人も同じだったのかと思います

国も違えば、思想も歴史も違う私達でしたがその日の夜の気持ちは同じだったのだろうなという奇妙な確信を持つぐらいまでに私達はおたがいに自然な関係になっていたのかもしれません

友人の1人は別れの寂しさに泣いていました

そんなこんなで酔いもまわってきて、帰路につく私達の頭上に散りばめられた星が一層強く光っていたようでした


翌日になって空港の搭乗口にはいる同居人を送り出す時にもまるで私達のフラットの近くにあるマーケットに買い物に出るぐらいの自然さで笑いながら送り出しました

その後一人になってとてつもなく寂しくなったのはその反動からなのかはわかりませんが私はなにはともあれ次なる旅に出かけるのでした

一人になってしまった私の留学生活


TO BE CONTINUED

George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録28

もうすぐにでも新年を迎えるというのに学業についているわけでもなく働いているわけでもなかった当時の私の留学生活

いろいろと相談してはふんふんと聞いてくれていた同居人ですが年末に韓国へ帰らなければいけないとのことだったので私は1人で20畳ほどのだだっぴろいワンルームの部屋に残されることになります

寂しい気持ちも当然、これからどうしようという不安や焦燥もありました



同居人の帰国により私の留学生活は一変することになるのですがニュージーランドの年末と同居人の帰国について振り返る前にすこし当時の私達の生活について振り返っていきます

私たちは食事をする際にはほとんど自分達の部屋でどちらが担当するわけでもなく食事を自然に分担して作っていました

同居人はチャプチェやナンプル、キムチなどの日持ちのよいものなどを手作りで作っては狭い冷蔵庫にはいるだけ詰め込むたびに私は「他に何もはいらないんじゃない?」などと言い
同居人は「食べれば良い」などと無茶な返答をしては本当に毎日キムチ300グラム程度食べてしまうのですから驚きました

私はというと野菜や魚などを焼いたり煮たりしてはその日食べる分だけ作ってまた買いに行ってと
買い物がとても楽しかったので全く苦にならないどころか、ニュージーランドの青い空の下で買い物袋片手に歩くのはとても心地よかったのです



またお互いが喫煙者であったのにフラットは禁煙で煙を感知するブザーがついていたので外に二人でタバコを吸いに出たりと、なにをするにしてもそつなく他愛もなく本当に自然に2人ですごすことができました


おたがいとも口数が多くもなく、思慮深くなんとなく察しているような関係で老年夫婦のように私達は3ヶ月ほど同じ部屋で暮らしていました

それが私には素晴らしく心地よかったのです

ニュージーランドでは時間がゆっくりと静かに流れています
喧騒にうちひしがれるようなことは私の留学経験では全くありませんでした。どこにいっても穏やかで優しくおおらかで、そんなニュージーランドの空気が私達の静かで心地よい関係の根幹にはあったのかもしれません


そんな同居人が帰国するということで私達は同じフラットに住む友人や学校の友人などを集めて飲みに行くになりました


続きます
George
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年衆議院選挙~外交・TPP~

外交・安全保障・TPP

民主党 日米同盟を深化させ、同時に経済関係の強化を図る。専守防衛の原則の下、民主党政権下で策定した防衛大綱に基づき防衛力を着実に整備。海上保安庁を中心に領土・領海の守りに万全を期す。尖閣諸島は平穏かつ安定的に維持・管理。北朝鮮の核・ミサイル開発・配備などに全力で対処。


自民党 日米同盟を再構築。北朝鮮の核開発を阻止。行政改革推進法の自衛官への適用を見直し、部隊での実員不足を解消する。領土・主権問題を所管する政府機関を設置。尖閣諸島の実効支配を強化するため公務員の常駐も検討。TPPは、政府が「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り交渉参加に反対。工業製品の数値目標は受け入れない。


日本未来の党 独立国家としての責任に基づいた日米関係を構築。安全保障基本法を制定するとともに、国連平和維持活動への参加を進める。「拉致国家」の汚名返上のため、ハーグ条約を早期に批准し、国内の子ども連れ去り行為も禁止する。TPPの交渉入りには反対。FTA、EPAは積極的に推進する。


公明党 日米関係を再構築。尖閣諸島は海上保安庁の人員増、装備の充実などで有効な支配をさらに強化。非核三原則を堅持。核不拡散条約(NPT)体制を強化し、核兵器禁止条約を提案する。TPPは、国会に調査会か特別委員会を設置、十分審議できる環境を構築する。


共産党 オスプレイ配備を撤回。普天間基地の無条件撤去を求める。集団的自衛権行使を許さない。尖閣諸島、竹島、千島列島いずれも日本の領有権に根拠があり、冷静な外交交渉による解決を進める。農業と食料自給に壊滅的打撃を与えるTPPには絶対反対。


みんなの党 日米同盟を安全保障の基軸としながら、日米地位協定改定を提起、「思いやり予算」も見直す。中国とは相互の信頼醸成に努めながら、尖閣諸島で領土問題は存在しない事実を国際社会に周知する。TPP交渉には速やかに参加する。


日本維新の会 日米同盟を深化。海防力の強化や実質的な防衛費GDP1%枠の撤廃で実効支配力を強化する。集団的自衛権行使や領海統治などを定める国家安全保障基本法の整備。海上保安庁の警備力強化、自衛隊の武器使用基準を見直す。尖閣諸島問題は中国に国際司法裁判所への提訴を促す。FTAの拡大、TPP交渉参加で自由貿易圏を拡大。


社民党 オスプレイ配備、低空飛行訓練に断固反対。普天間飛行場は県外・国外移設による即時閉鎖・返還を求める。朝鮮半島の非核化と戦後処理問題の全面解決を目指す。領土問題は長期的な視野から冷静な対話で解決。TPP参加には断固反対。


私見
外交は多岐にわたるのでこれだけ見てもなにがなんだかわからないかもしれないですね

以前に記事にもしましたがTPPは反対です
あれはたんなるブロック経済・・・どころか文化的な面もどうにかされかねないものでEPAやFTAとは似て完全に非なるものです

過去記事http://alcholiday.blog81.fc2.com/category0-5.html#no99



あと自民党が「国防軍」などと言っていますがあれには反対です
平和ボケなどと言われそうですが完全に心情として嫌悪してしまいます




国民新党・新党大地、新党日本、新党改革については申し訳ありませんが省略させていただきます
詳しく知りたい方は以下引用サイトへどうぞ
http://senkyo.yahoo.co.jp/manifesto/category/gaikou/

| 雑記 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年衆議院選挙~エネルギー・環境・災害対策~

エネルギー・環境・災害対策

民主党 原子力発電所は、40年運転制限を厳格に適用、原子力規制委員会の安全確認を得たもののみ再稼働、新増設を行わないことで2030年代に原発稼働ゼロを可能とする。再生可能エネルギー・省エネの類型別に開発・普及を支援。ハード整備に偏りすぎることなく、地域防災力を強化。


自民党 原子力発電所の再稼働について3年以内に結論。安全性については、原子力規制委員会の専門的判断に委ねる。再生可能エネルギー供給を引き上げ。温室効果ガス削減のための新しい国際的枠組みを提唱。国土強靭化基本法、南海トラフ巨大地震対策特別措置法、首都直下地震対策特別措置法を速やかに成立させ、減災対策を強力に推進する。


日本未来の党 原子力発電所は稼働ゼロの状態から遅くとも10年以内に完全廃炉を実現。原発稼働ゼロに伴う雇用・経済対策などを実施し、国民生活や経済への混乱を避ける。東京電力は破たん処理し、国直轄で福島第1原発の処理や損害賠償に当たる。大胆な省エネルギーと再生可能エネルギーの飛躍的普及で石油・石炭への依存度を引き下げる。


公明党 原子力発電所は新規着工を認めず、40年運転制限を厳格適用することで、原発ゼロを目指す。再生可能エネルギーを2030年に電力の30%まで普及させる。防災・減災体制再構築推進基本法を制定、10年間で100兆円規模の防災・減災事業の実施を想定。危機管理庁(仮称)を設け、災害発生時の応急対応を一元化。


共産党 即時原子力発電所ゼロを提案。過渡的に5-10年程度、火力での電力を確保し、その間に再生可能エネルギーと低エネルギー社会へ移行。災害政策を抜本的に転換し、住宅と生業再建への公的支援を復興の基本原則にする。東日本大震災の復興予算流用をただちにストップさせる。


みんなの党 2020年代の原子力発電所ゼロに向け、新設は禁止、40年廃炉を徹底。電力不足は、環境負担の軽い天然ガスコンバインドサイクルなどで代替、徹底した省エネ、新エネルギーをの普及を促進する。原発国民投票法を制定。復興庁の本庁を被災地に移転させ、地域主権型道州制移行の先行ケースとして現地主導の復興事業を進める。


日本維新の会 原子力発電所の安全規制、使用済み燃料の総量規制、乾式中間貯蔵、損害賠償のルール化などで脱原発依存メカニズムを構築。自然エネルギーをフル活用。


社民党 原子力発電所稼働は直ちにゼロに。大飯原発3・4号機の稼働停止を求め、新増設はすべて白紙撤回。国会による原子力規制当局や電気事業者の監視体制を構築する。省エネ徹底と再生可能エネルギー促進で、2050年に自然エネルギー100%を実現。ハード中心の開発型復興ではなく、コミュニティとソフトを重視した分権型の生活復興を目指す。




私見
エネルギーというよりも原発をどうするかという点ですかね

原発に反対・賛成と私も意見をしたいのですが肝心の原発のリスクについて信頼に足る数字というのがいくら探しても出てこないのでなんとも言えません

産学協同という言葉があります
民間企業の利益のために学者がその裏づけに協力するというものです

あるアメリカの大学の教授はこんなことを言っていました

原発がメルトダウンする確率は2万分の1で、
これはヤンキー・スタジアムに隕石が落ちる
確率とほぼ同じ低さである


これだけ見ればとんでもない低い確率のような感じがしますが、じゃあ隕石が落ちる確率は?と検索してみると
70年生きる人間が隕石で死ぬ確率は70万分の1という数字が出てきます

ヤンキースタジアムの歴史を考えるとすくなくとも2万分の1よりもはるかに悪い確率というのがわかる。
これは矛盾しているのでどちらかの数字が嘘であると考えられます


偉い学者が出した数字とうのは信頼できるように感じてしまいますが客観的に計算できる確率以外ではその数字自体を疑ったほうが良いでしょう

さらに原発事故後の放射線量についてのマスコミの報道の仕方も見ていてわけがわからなくなってしまいそうになったのは私だけではないでしょう

0,00001キロマイクロシーベルトやら0,1マイクロシーベルトなど単位を変えて数字自体に印象を持たせようと報道していました
さらに外部被爆と内部被爆の違いについてもごちゃ混ぜにして見ているほうとしてはまるで理解不能でした


いったいなにがどうなっているのか
原発に関しては信頼できる情報というのがそもそもないのでなんとも言いようがありませんので賛否を唱えられるようなものでもないと思っています


災害対策についてはぜひというか必ずやるべきだと思います

国民新党・新党大地、新党日本、新党改革については申し訳ありませんが省略させていただきます
詳しく知りたい方は以下引用サイトへどうぞ
http://senkyo.yahoo.co.jp/manifesto/category/energy/

| 雑記 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年衆議院選挙~景気対策~

景気対策

民主党 デフレ脱却にむけ、2013年冒頭に大規模な補正予算を編成。税制、立地支援、規制などの見直しで企業が活動しやすい環境を整備。過度の円高、為替相場の急激な変動に対しては断固たる措置を講じる。


自民党 デフレ、円高からの脱却に向け2%の物価目標を設定、大胆な金融緩和で名目3%以上の経済成長を達成する。企業の国際競争力を強化するため、法人税を思い切って減税。
日本未来の党 行政の規制、ムダを徹底排除して内発的経済の発展を促し、デフレ脱却と経済の再生を実現。子育て、医療、福祉、教育分野での産業、環境配慮型産業などの振興や戸別所得補償による農林漁業の活性化により雇用を創出する。


公明党 2012年度中に補正予算を編成し、大胆な景気対策を打ち出す。エコカー補助金の復活、国内立地補助金拡充などで景気を下支え。2年以内のデフレ脱却、実質2%程度、名目3-4%程度の経済成長を目指す。環境、医療・介護、農業、観光などを中心に、500万人の雇用を創出。


共産党 大企業の260兆円の内部留保を雇用や中小企業に還元。所得拡大と内需喚起を実現し、デフレ不況の悪循環を断ち切る。


みんなの党 年率4%以上の名目成長で、10年間に所得の5割アップを目標とする。日銀法を改正し、日銀の目標と
責務を定めた協定を政府と締結、国会に総裁、副総裁、審議委員の解任権を与える。20兆円の政府保証付き中小企業ローンを証券化、地域型投信を促進。政府金融資産300兆円のうち3分の2を流動化し、金融市場を活性化させる。


日本維新の会 名目3%以上、物価上昇率2%以上の経済成長を目指す。日銀法を改正し、政府と日銀の役割分担や責任の所在を再構築。政府・地方自治体の予算事業を徹底して民間に開放。破産法制を見直し、経営責任の明確化、債権者側の不良債権処理を促進し、再チャレンジ可能な社会を構築する。


社民党 日銀による金融緩和に頼るだけでなく、市中銀行による貸し渋り・貸しはがしを防止。環境・脱原発分野への投資で、内需を拡大し、経済成長を実現する。


私見
どこもデフレ脱却を掲げているぶん比較対象に乏しいように見えますが大切なのはその内容ですかね
10年以上にわたって甘受・継続してきたデフレを既存政党がどうにかできるのかという不安があります
デフレは物価下落や円高に景気低迷などが槍玉にあがりますが現実的な問題として資産家の資産価値は増大していくという面が忘れられがちです
インフレにすると困る人たちが少数ながらも莫大な権力を持って政治に関与しているのではと考えれば既存政党にそんなことができるのかと・・・

若者の投票率が半分にも満たないシルバーデモクラシーでは必然のデフレともいえますが


自民党の国土強靭化には賛成ですが公共事業に乗数効果が生まれなくなってしまった現在の日本では機能するのか、復興需要は経済を刺激しうるのか
さまざま疑問がありますが経済政策としては公共事業を拡大して需要そのものを喚起するしかないのでしょうね

デフレを現象としてとらえているうちにはいくら公共事業など行ってもどうにもならないでしょう
今の日本のデフレは構造的な問題(民間貯蓄の肥大化と格差に日銀)でもっといってしまえば病気といってしまっても良いかもしれません




新党大地、新党日本、新党改革については申し訳ありませんが省略させていただきます
詳しく知りたい方は以下引用サイトへどうぞ
http://senkyo.yahoo.co.jp/manifesto/category/keiki/

| 雑記 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年衆議院選挙~税制~

期日前投票で投票された方以外はいよいよ明日が総選挙ですね


はじめにひとつ言いたいことは

20代は白票でもかまわないから絶対に選挙に行ってください

自分用プラス記録・誰かの参考にでもなればと主要政党についてそれぞれ分野別・政策別にまとめてみます


文字が膨大な量になるので複数記事にわけてそれぞれ見ていきます
現在19;20・・・12時までには終わるかな



税制

民主党 2014年4月の消費税率引き上げに合わせ、低所得者への給付措置を実施。15年10月の再引き上げでも低所得者対策を行う。引き上げによる増収分は、すべて社会保障の財源に充当。15年度にプライマリーバランスの赤字を半減、20年度までに黒字化。所得再分配機能などを高める方向で、所得税・相続税の改正を行う。


自民党 消費税率は2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げるが、半年前に内閣が実施について最終判断。消費税は全額を社会保障費に充当する。20年度をめどに、国・地方のプライマリーバランスを黒字化。公務員人件費を国・地方で合計2兆円削減する。


日本未来の党 消費税増税は凍結。必要な財源は、特別会計の全面見直しなど行財政改革によって捻出する。業種・業界によって損税、益税が生ずるなど現行消費税の欠陥を是正。国の補助金と政策経費は自主財源として地方に交付することを原則にする。


公明党 消費税率引き上げは、経済状況好転が前提。8%にする2014年4月までに確実な経済成長を実現する。消費税率引き上げに際しては、食料品などの軽減税率適用を目指す。所得税は累進制を強化、相続税は最高税率引き上げ、基礎控除の引き下げなどで構造を見直す。


共産党 消費税増税中止法案を提出し、成立のために全力を挙げる。株の配当・譲渡益への課税を強化。所得税、住民税、相続税の最高税率を引き上げ、高額資産に課税する富裕税を創設。所得税の累進制を強化。法人税減税を中止し、為替投機課税を創設する。


みんなの党 消費税増税は凍結。国家公務員を10万人削減、給与を2割削減し、国の地方出先機関を廃止する。財務省の予算編成部門を切り離し、首相官邸に内閣予算局を設置。20兆円以上の「埋蔵金」を発掘し、国家予算をゼロベースで見直す。


日本維新の会 消費税は地方税化、新たな財政調整制度として地方共有税を創設。プライマリーバランスの赤字ゼロ目標を設定し、財政を健全化する。法人税減税、再投資税額控除制度の導入などフロー課税を引き下げる。


社民党 消費税増税法廃止法を制定し、消費税増税を撤回。消費税額戻し金制度や複数税率の導入で、低・中所得者への逆進性を解消する。所得税は累進制を強化し、最高税率を当面50%に引き上げる。法人税率の引き下げを転換し、租税特別措置の見直しなどで課税ベースを拡大。


国民新党 名目3%、実質2%の経済成長達成を条件に消費税率を引き上げるが、食料品などへの定率減税を実施し、低所得者に配慮。郵政株の売却で震災復興財源を確保。交際費の課税を減免し、飲食業の活性化を促す。原発依存度を引き下げるため、再生エネルギー普及に向けた優遇税制を充実させる。




私見
消費税増税に関しては自民・公明の意見に賛成です
インフレターゲット・名目GDPの成長率が増税のトリガーとされていますが日銀の金融緩和・買いオペの公共事業でインフレに転換するのかと言われるとまず1年では達成できないでしょう
アメリカ含め世界的に金利引下げや追加緩和が行われている世界で日本はすこし遅きに失した感が否めません

唯一の疑念は本当にインフレターゲット達成やGDPが成長するのかどうかというよりも達成されなかった時に本当に増税はとめられるのかという点です


民主党がまたおかしな事を言っていますが低所得者にばらまく金があれば消費税をあげる必要などそもそもないはずです
社会保障費が足りない・年金が破綻するという理由で消費税をあげてそのお金をまた低所得者に再分配する
政府のさじ加減ひとつで所得を再分配する、もはや民主主義というよりも共産主義的な色が強いですね



国民新党・新党大地、新党日本、新党改革については申し訳ありませんが省略させていただきます
詳しく知りたい方は以下引用サイトへどうぞ
yahooみんなの政治:税制・財政運営

| 雑記 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録27

ロトルアから帰ってからというもの、気づけばニュージーランドもすっかり暖かくなり夏の臭いがする時期と同時に新年もやってくるほどの時間が経過していました
ニュージーランドの四季は日本の真逆です

4ヶ月もの時が経過し
英語にはすっかり慣れてしまい日常会話はなんの問題もなく話せるようになり、そのうち思考も英語で考えるようになって英語を日本語の意味として捉えるのではなく英語を英語そのものとして吸収できるような素地が備わっていました

夢も英語ででてくるようなったりして逆に日本語をろくに話していないことに一抹の不安を覚えるそんな新年の話でもしていきます


年の末に最も私の生活に影響を与えることになったのが同居人がその年末に帰国してしまうということでした
友人の帰国や離別も到着からこの4ヶ月で嫌というほど味わってきたのですがニュージーランド到着から1月ほど経ってから共に住んできた同居人の帰国は私にとってとても特別で名残惜しいものでした

同居人は韓国人だったのですが、国柄というか歴史柄対立することも多い間柄で私たちは同じ部屋で共にすごし共に笑いました
歴史や教育が韓国のことをなんといおうが、韓国が日本のことをなんと言おうが、竹島問題や慰安婦問題などあれこれありますが私の友人である同居人はとても和やかでおおらかでたいへんに素晴らしい人間でした

国同士が歴史上でどうこう言い合っていても個人と個人の関係はそんなことが些細に見えるほどに透明です


韓国にたいする陰謀論や水かけ論、そんなもので極端なレイシズムに走るのはあまりにも短絡的でもったいない行動だと留学は私に教えてくれました


感動も他愛もないようなそんな関係が素晴らしく心地よかった同居人との最後の晩餐
たいした話でもないのですが次回はそんなことを書いていきます

ポチ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~無題~

先日のパチスロの記事にたいしてやたらとたくさんの拍手を頂きました

ありがとうございます



批判的な内容にもかかわらずにも反応が良かったようでホッといたしました

普通の会話などと違いブログというのはどうにも内向きになり読者様がどのような記事を読みたいのかがわかりにくいので勝手に書き連ねてしまい投稿してすこし後悔のような感情も湧いてきましたが・・・


ブログというのはそこに表情もなければ空気感も、機微や所業もないものですしメールなどのように文字からの反応にも乏しいのでどうしてもただの独り言のようになってしまうような面があります



そういった独り言が好きなセンチで寂しい人間だからこんな文字だらけのブログを書いているのですが





パチスロに関する記事

パチスロの話に関してなんですが今は正直いいましてネガティブなことばかりが目についてしまいます
昔のように専業ではなくすこしパチスロそのものに好感が持てるようになったというのに今度は台やホールのほうが私から逃げてしまっている状況


追いかけるつもりもないのですがすこしだけ遠くから振り返ってもらえないものかなとも思ってしまいますね

どんなことにも必然に良い時期もあれば悪い時期もある
当たり前にめぐるだけでこんな批判にも賞賛にも意味などないのかもしれません・・・

在庫循環で景気がめぐるのは経済学的にいいますとおよそ40か月かかる(キチン循環)と言われています


エウレカ、鬼武者のころが最もホールが盛り上がっていたことを考えると次は2014年初頭あたりでしょうか

パチンコ台の販売方法は特殊なのでそんな机上の理論どうりに動いてくれるとも思えないですがいちおうの目安にはなるでしょう


6号機は2014年夏から秋にかけて出る


などと無責任な予言のようなものでも書いておきましょう





遊戯人口が減り続けても、台の仕様が極悪でも、ホールが設定を入れなくても、エナに張り付かれても

それでもパチスロを打つ人間はいる

それでも命は道を探す


道を探すための交通費ぐらいは残しときましょう
George
気がむいたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録26

リュージュを終えたのちに、まだ陽は照っていましたが私達はロトルアをあとにしてオークランドへの帰路につくことにしました


車に揺られながらオークランドへと帰る車内ではちょうど幹線道路沿いに夕日が沈んでいくのを見ることができ、オークランドに帰っても特に学校や仕事などがない私はどうしたもんかと夕日を眺めながらぼんやりと耽っていました


How do you think I gonna do after this, my dear red sun

なんて問いかけても答えてくれるわけもなく、ひとり考え事をしていました

まぁ考えるまでもなくお金がすこし心配になってきたのでとりあえずオークランドに帰ったら求人でも見て回って彼女に会いに行ってみやげ話でもしてあのでかい部屋に帰るとするかなんてゆるく考えて私は眠りにつきました




しばらく眠りについて起きてみるともうそこには見慣れたオークランドの街並みがあり連れ立った友人に車の手配などのお礼をしてフラットの前で下ろしてもらいました

部屋に帰ると同居人はまだ帰ってきていないようで旅行で溜まった洗濯物などを片付けて夕食の準備などでもしていようかと雑事をこなしていると、妙に彼女に会いたくなってきて彼女に連絡をとることにしました


すると一緒に飯でも食べようかと私の部屋までくるとのことでしたので、同居人と彼女と私と3人分の食事を用意していると同居人が帰ってきました
旅行の話などをして談笑しながらてきとうに料理していると彼女がやってきたので3人で食事を食べてはいつもと変わらないようなやりとりをしながら夜もふけっていきました




寝床につきこれから真剣にどうしようか

そんなことを考えているうちに旅行の余韻とあいまって不思議な気持ちになり、その日の夜はよく寝付けなかったのを覚えています


George
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録25

壮観な間欠泉と水柱を見たあとに私たちは硫黄のにおいから逃げるように車をはしらせリュージュを遊びに別の山までやってきました


冬季オリンピックでボブスレーを見たことがある方はイメージしやすいかと思うのですがリュージュというのは雪の上を滑るのではなく舗装されたコンクリートの上を車輪つきの乗り物で山頂から滑り降りていくというものです

山のふもとにつくと私たちは山頂まで行くためにロープウェイに乗り込みました。ロープウェイからはしだいにロトルアの景色が見渡せるようになり、その景色を楽しみながら談笑しているとちょうどロトルアの全容が見渡せるぐらいの高さまで上ったところでどうやら到着したようで私たちはロープウェイから降りてしばし歩きます


2分ほど歩くと遊園地のゴーカートのような乗り物が私たちの目にはいってきました

どうやらあれがリュージュというものか
チケットを買い、操作の説明を受けて私たちはいよいよリュージュで山を下ることになります

仲間のなかで私が1番最初に滑りだすということになり係員の「GO」の声とともに滑り出しました
うしろで待機している友人が「Enjoy yourself」などと言っているのが聞こえましたがそれなりにスピードがあり返事を返すのも声が届かないと思い私は手を振り上げて答えます

しばらく行くと友人たちの姿も視界の端にかろうじて捉えるほどまで来たところで山の傾斜がきつくなりスピードも上がってきます

リュージュでは基本的にハンドルとブレーキしかついていなくブレーキを踏みながら、景色を楽しみながら、そしてすこしだけ童心にかえりながら硫黄の香りがほのかにする風が気持ちいいなどと思いゆっくり滑っていると後ろから友人がものすごいスピードで追いついてきました

子供のような笑顔で私のところまで追いついてきた友人はととても楽しそうに滑っています

私も感化されたのかブレーキペダルから足を離してスピードを限界まで上げて滑っていきます


次第に増していくスピード感に比例して増していく恐怖につられて、私は笑った


風を切る爽快感と共に気がつくと私は友人と談笑しながらふもとまですべってきてしまいました


リュージュから降りて小さいころ、ゴーカートが好きだったなとそんなことをふいに思い出しました

大人になると楽しむではなく楽であることのほうに依ってしまいがちですがリュージュは当時の私にとっても楽しく面白いものでした

汝既に成長しけれども、童心未だ失せず

今川義元の言葉ですがリュージュはそんなことを感じさせてくれました


続きます
George
気がむいたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~もうダメかもわからんね~

長くなりますがちょっと書きたいことを全て書いていきます
批判的な内容にアレルギーのある方は今すぐブラウザバックしてください
ただの殴り書きです


客がぶっ飛んでいます


これでもかというほどホールから人が消えています

2ちゃんで拾ってきた遊戯人口推移でも貼っておきますか
パチンコ参加人口・売上高推移



これは実際にまだホールに足を運ぶことがある人間からすると実感がわいてくる数字だと思います
私の地域では大型店と駅前などの立地条件だけでかろうじて営業できている店以外は完全に閑古鳥という状態です


新台のみ3日ほどは満席になりますが1週間もすれば通路と化して残るのは粗大ゴミとホールの負債だけ
悪循環もいいところですが現状の設定不明台では出玉アピールもできないうえにイベントも禁止でどうしようもないのでしょう


メーカーは機械割を詐称というよりも完全に偽って、詐欺に近い台を乱発してホールにたたき売り
リッター30キロ走りますよと謳いながら実際には10キロ程度しか走らないような欠陥車(台)だらけ

ホールは台が勝手に暴れてくれるのをいいことに、イベント禁止で競争がなくなってベタピン放置

頼りの新台もそろそろその集客力が逓減しています
タイムリーな話ですと秘宝伝ですが、ふとサイトで見つけた中古相場の価格がすでに7万円まで暴落しているようですし実際にすでに大型店以外では夕方でも半分ほどしか稼働していないホールもありました
私も新台に力を入れているホールで触ったのですが仕様がもうひどすぎます


チャンス目を引いて20%程度の高確率にあげる

15Gの間にもう一度チャンス目を引いて50%の壁を超える

40Gの間にもう一度チャンス目を引いて5%程度だろう振り分けの3ケタのせるか1/1000を超える確率の役を引く

やっと勝負になる

確率は周りなどと照らした勝手な推測確率ですがそこまで大きくは違わないでしょう

どれかひとつでもかければ延々と追加投資
今の台は偏差が高すぎるんですよ

ある一定のところまで到達すればはっきり言って4号機よりも爆発力はあります。個人的に感じるところでは万枚達成率は平均的に見たら現在のART機のほうが4号機後期よりも上でしょう
まぁ出すのに時間がかかるので乗せまくって時間切れ、残念でしたみたいな切ない光景も多々ありますが


現実的に爆発力という要素が稼働を支えるには今の台はその頂が高すぎて目視するには霞みすぎているので客はそんなものには釣られません
高尾山を登山しようとする人間がいてもエベレストに挑む人間などそうそういないでしょうし現在はその高尾山の頂上でさえ不況という雲で見えるかどうかわからないのですから

4号機がなぜ人気があったのかは現実的に2000枚程度なら難なく出せるイメージの植え付けに成功していたからでしょう


目に見えないような現実味のない夢を追うなら宝くじでも競馬の3連単でも買ったほうが手っ取り早いです

メーカーが客のことを考えているなんて微塵も感じないのでただ煽って版権だけ適当にあてがって青臭いケツでもたたかせとけば喜ぶんだろうと考えているんでしょうが



これほど客のほうを向かない業界もないでしょう
まぁパチンコで人生ぶっ壊す人間もいるんですから本当に客のことを考える人間がパチンコ屋を経営していたり台を作っているというのは矛盾しているのですが


パチンコなど所詮はギャンブルです
いくら私のような人間がまっとうに勝てる、ギャンブルじゃないなどとのたまっても大衆の捉え方としてはただの下賤な賭博、違法でグレーどころか真っ黒な産業です
今はホールに入ると可愛い店員が笑顔で接客していたりしますが現実的にやっていることは依存症の人間から借金させて人生をぶち壊して金を落とさせて成り立っているんですよ


ギャンブルにはまってしまうようなおとなしい人間から理不尽に搾取して店をあとにする時には笑顔で見送る
世が世、国が国なら殴り飛ばされてもおかしくないと個人的には思います


客のほうは向かないのにどうにかして客を集めようと新台を入れて、はてにはどこの誰ともわからないライターや芸能人に高額なギャラを払って呼んでいます

攻略雑誌のライターというのもひどいものです、そもそも攻略雑誌が攻略しないほうが勝っている客は攻略できるんですからその存在意義がもはや意味不明です
宣伝誌にでも変えたらどうなんでしょうかね?


はてにはそこで出てくるライターがいざ打っているのを見てみると台についての打ち方すら知らないような人間が打っていたり、ただ確率をつらつらと並べているだけだったりはたまたオカルト全開のいかがわしい人もいたりします

高額のギャラをもらって仕事として打っているなら台の確率などは全て暗記してゴッドを打つならギリシャ神話の勉強でもしとくとか勝ち方をのたまうなら最低限の統計学の勉強でもしとくとかとてもじゃないけど見ていても何も役にたちません

勝つために打っている人間にしてもそうです
いざ打ち出すと勝つために打っているというよりもいつのまにか台を捨てるために打っていたりしますし本末転倒です。具体的な数字での設定期待度などから算出した機械割など見たこともありません

見たことがあるライターさんで役に立ったと思えるのはがりぞうさんとしのけんさん、パチンコだとミネッチさんぐらいです
申し訳ないですがあとはもうただ適当に打っているだけの人にしか見えません


台の知識もなにもなくただ愉快に打つ
そういうのが攻略誌のライターなどと名乗るのなら歌舞伎町2丁目のゲイにでも打たせたほうが面白いんじゃないですか?




メーカー、ホール、自称攻略誌、さらには警察や政治
全てがまるで客のほうを向かないでも営業できてしまっている現状


それでもパチンコ中毒の飼いならした人間の人生を破壊することでなりたっています

依存症でもない、中毒でもない
普通にパチンコを趣味として楽しんでいる方はたくさんいます


勝つために打っている寄生虫のような私のような人間が書いてもまるで説得力がないかもしれませんが
楽しんで打っている人間から見放されていっている状況ではもう終焉は想像以上に近い・・・のかもしれないですね





パチンコ業界の歌は終わりました。それでもまだメロディは鳴り響いています

できれば旋律に想いを感じることができるような・・・そんなメロディが鳴り響けば供養にもなるのでしょうが


m(__)m
George

| パチンコ パチスロ | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録24

ハカを見てすっかりと眠気も吹っ飛んでしまった私は他の展示品などを見て回ることにしました

マオリの伝統的衣装
建造物の様式や思想体系や文化、信仰

はたまたイギリスの植民地時代の凄惨な労働事情だったりとこれまでの留学生活ではあまり触れてこなかったようなニュージーランドの素晴らしい大地の中にあったもの

今では多種多様な人間が都市には溢れかえり、ここはいったいどこの国だ?というような奇妙な感覚になることもしばしばあったのですがここで触れることができたマオリ人の歴史は私の浅すぎたニュージーランドについての認識を大きく改善してくれました


そんなニュージーランドの本質に触れることができた私達はその後ロトルアに充満している硫黄の臭いのもとである間欠泉とリュージュというアトラクションをするためにまたしても車を30分ほど走らせます

山に向かっていくにつれてだんだんと硫黄の臭いが社内にも充満してきて時には刺激臭のような強烈な香りが私達の鼻を襲います

ロトルアは地表に噴出してきた温泉や間欠泉がたくさんあり、南半球でも屈指の温泉のスポットなのですが、そのかわりに街中に硫黄の臭いがして初めて来た方は大変に驚きなかにはその強烈な臭いが嫌になり帰ってしまう人もいるそうです


私達はそのの密集する付近まで車で行ってそこから山の麓に車を止めました


車を降りるとこれでもかという硫黄の臭いが漂ってきますがもう慣れてしまったのかそこまで苦ではなくなっていました
ちょうど通院していると慣れてくる歯医者や病院の独特の臭いや薬品の臭いのように考えてもらえるとわかりやすいかと思います


しばらく歩き活火山を目の前にした私達は展望台?というよりかはかなり近かったのですがそこからじかに臭いのもとである地盤を見ることができました


ロトルアの間欠泉
写真が私達もはいっているのしかなかったので公式サイトから借りさせていただきましたかんけっせn


強烈な勢いでふきだしているこの水柱は時には高さ300mまで吹き上がることもあるそうです
私達が見た時には50mあるないかぐらいの高さでしたがそれでも充分にその大地の荘厳さと、もっと言ってしまえば地球を感じることができました


そんな硫黄の臭い漂うなか私達はリュージュといわれるボブスレーのようなそりで遊ぶためにさらに移動します

蛇足ですがボブスレーの映画、クールランニングは個人的にとてもお薦めです



George
このブログくっさ!!!と思われた方はクリック
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録23

翌日の朝になってもほとんど眠れていなかった私はどうせ眠れないのだから全員の朝御飯でもつくってコーヒーでも入れて一服でもしようかと起き上がり準備することにしました

朝御飯を準備するのにも手元にある食材はパンとヨーグルトと卵ぐらいしかなくどうしようかと考えていたところ友人の1人が起きて一緒に歩いて5分ほどのコンビニとは現地では呼ばないのですがコンビニのような小売店へ行くことになりました


ちょうどこのころの朝はほどよい湿度とすごしやすい気温でしたので私たち2人は足も軽く、太陽が幹線道路沿いにちょうど重なりその光がなおさら私たちの気持ちを明るく照らしてくれます



しばらく歩いていると小売店に着き、アボカドやレタスなど野菜を中心に買って店をあとにします

往復30分程度の道のりでしたがモーテルに帰ると残り2人の友人も眠たそうな目をこすりながら起き上がっていました


朝食を私が中心につくりひととおり食べ終えるとモーテルを後にしロトルア観光のため車に乗り込みます



1時間ほど車に揺られながら走っていると眠っていないせいか私はいまごろ眠気が襲ってきて寝入ってしまい、心地よい車の揺れに揺られながら気持ちよく寝ているとどうやら目的地についたようでレム睡眠に入るか入らないか

そんなタイミングで起こされてどうにも体が重いなか車を出て観光することとなりました


いったいどこに行ったかというとマオリと呼ばれるニュージーランドの原住民の歴史や踊りや文化が見られるところです

世界最強のラグビーチームのオールブラックスの試合前のハカも元々はマオリの踊りになぞられており私達はその背景や生活様式などに触れるためオークランドではあまり見られないマオリの空気に触れるためここに来ました


ニュージーランド代表オールブラックスのハカです



これを私達はマオリ本人が伝統的衣装を着て踊っているのを見たのですが

完全に圧倒されました

動物がもつ本能に威嚇するような踊りで大地に根付いた揺るがない精神を主張している雰囲気で私のような現代日本人にはとても衝撃的でした



続きます
George
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録22

モーテルについた私達は次の日に何をするかビールと安物のワインを飲みながら話しました。

NZの北島では最もポピュラーなライオンレッドです。
7b8d0d3b.jpg

ワインは2リットルで10ドルのパックに入っているような安物のワインでしたが、とても飲みやすかったのを覚えています。
下手に高級なワインよりも安くて上等なワインがニュージーランドにはたくさんありました。単純に私の好みの問題かもしれませんが


ほとんど無計画でロトルアに来てしまった私達は気の向くまま、風のふくまま行動すればなんとかなるだろうということで初日に入手した観光案内と地図で翌日の行く先を決めることにしました


翌日の行き先や行動をある程度、適当に決めたあと私達は酒を酌み交わし談笑しながらいつしか夜も更けそれぞれが狭いモーテルの中で自由に就寝していきました。


BATHですこし感傷的というよりもホームシック気味な気分になってしまった私は酒を飲んでもそれほど眠くもならず一人で散歩に出ることにしました

ライオンレッドを片手に扉を開き外に出ると夜の静けさのせいか幹線道路がただただ永遠と続いているような気にもさせられすこし怖いほどの静けさでしたが私はこつこつとすこしだけ歩いていくことにしました


あいも変わらずニュージーランドの夜空は満天の星が敷き詰められています、

星を眺めながら歩いていると小さな公園を見つけて、持ってきたビールを飲み干してしまおうと腰を下ろして飲んでいました

道路のほうを向きながらほとんど通らない車を見つけてはしげしげと眺めているとなにやら騒々しい車がアクセルを吹かしながら走ってきました



FUCK YOU HAHA」




などと罵声が聞こえたのですが驚いている暇もなく卵が私に向かって飛んでくるのに気づいて咄嗟に避けた私はさらに眠気が吹き飛び、その日の夜はろくに眠れずに翌日を迎えることとなります


George
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~パチンコのやめ方~

勝手な推測ですが私のような文字だらけのブログをすんなりと読むようなある程度リテラシーの高い人間には必要ないかもしれませんし
そもそもこんな基本的な勝ち方は書かずにこねくり回した論説を読んでいる読者様には負けている人などひょっとしたらいないのではないか?

そんな疑念がありますがまぁ誰かの参考にでもなればと書いていきます


パチンコをやめる方法

誰かを依存症から回復させた実務経験があるわけでもなければ確たる論理的な証左もないです

机上の空論・・・になるかもしれませんが



まずはっきり言えることは

パチンコが社会的、道義的に悪であることとパチンコをやめることはほとんど相関性がないということです



若宮健さんの著書:なぜ韓国はパチンコを廃止できたのか?
こんなブログを書いている身としては読んでみるかと私も動画で興味を持ち半日かけて読んだことがあるのですがそこにはパチンコ産業の依存症の数や天下り議員にその機関名になぜ依存するのか?ということが書かれていました



そしてこの本を読んだ人は若宮さんのような見識ある方なら私の依存症を治してくれるかもと相談するようですし独自の相談窓口というかラインのようなものもあるそうです

私はなにもこういう反パチンコに批判的というわけでもありません。むしろたいへん良いことで是とされるべきことだと、賞賛に値する活動だと思います



ですが一言だけ言わせていただくならば

人間一人をパチンコからやめさせるには視点がマクロすぎます
実際にパチンコを現場で打っている人間からするとパチンコをスーパーリーチ中でも打ち出しまくっている主婦などが

「パチンコは悪ですよ→じゃあ道徳的にやめなきゃな」なんて考えることができれば「保留満タンだな→打ち出しやめなきゃな」という理解力があるはずです

もうね、単純に負けている人間というのは馬鹿なんですよ
物事を単一的にしか捉えられない人間だからパチンコで当たることしか考えなくなってどれだけ玉を残せるのかということまでは考えが及ばない

そういう人間だからパチンコにはまる

つまりパチンコが社会的に悪だからやめるなんてことができればそもそもがパチンコで負けているわけがないんです



この若宮さん、動画内でこんなことも言っていました

「遠隔操作はある。勝っている人間などいない」

全くといっていいほど現場を知らないのがよくわかります。
遠隔操作という機械はありますが費用対効果とリスクバランスで見たら現在のホールで行っているところなど限りなく0です。そんな物を導入するほどの経営音痴なホールは早晩つぶれます
勝っている人間はいます。実際に私は勝っています


一人の人間がパチンコをやめるというのはもっとミクロに考えなければなりません


なぜパチンコにはまるのか?ということよりもなぜパチンコをやめるのか?なぜパチンコをやめなければいけないのか?なぜパチンコで負けるのか?



けっきょくパチンコにはまってしまうことによって失うものがあるからやめなければいけないんですよ
じゃあその失うものとは何か?と言われれば金と時間ですね




パチンコをやめられないのであれば打ち方を変えて金だけでも失うのを減らしたらどうでしょうか?


もちろん勝つためには負けている時のように適当に打ち散らかしたりはできなくなりますが・・・

具体的な方法としては

パチンコを打つ時は33玉以下の低換金で朝から長時間打てる時に客の多い機種を粘る

スロットを打つ時は天井狙いの割合を4割程度含ませて閉店2時間前からは絶対に打たない


約束します


これだけで勝てるようにはなりませんが少なくとも年間通して生活が困窮して借金するようなとんでもないことには100%なりません



これで余裕が出てきて負けるようなことがなくなったら打つたびに必ず金額だけでもかまわないので収支をつけてみましょう


自らの収支表を見ていると次第に黒い数字を伸ばしたくなる向上心が出てきます

向上心が出てくると勝つためにはどうすれば良いのか?ということを考えるようになりさらに効率が良い打ち方をできるようになり、その効率のために金のみではなく時間を大切に使うようになれます


時間とお金を意識するとパチンコを打つということ自体にはたいしてその意味を見いだせなくなってやめようと思えばいつでもやめれます


というかむしろよくこんなクソつまらないものを嬉々として打っていたなと反省することになるでしょう


私のような底辺を這いずる人間は金のためにばかばかしくても打っているのですが・・・


勝ちだすとパチンコほどバカバカしいものはありません


それでもやめられないというのであればそれはもうあなたにとっての必要悪なのでしょう
無理に突き放さずに上手く付き合っていくことをおすすめ致します



こんな記事を書いていますがすでに今年は遊戯人口が激減というレベルじゃなく減っているみたいですね
そりゃデフレ化でみんな金がないのにこんなゴミみたいな事故待ち煽り台だらけだったら客は飛びますよ

意図的に飛ばしてるんじゃないのか?って思ってしまうぐらいですから


依存症の方もほっといてもやめられるかもしれませんね


謝々
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランド備忘録21

Agrodomeで羊を十二分に楽しんだあと私達は風呂に行くことにしました。

風呂といっても檜でできた浴槽に壁には富士山、露天風呂で裸でくつろぎサウナで汗を流すようなものではありません。というか日本でも富士山を描いてるところなど今は見ないですね

ニュージーランド、海外ではBATHと言われるものです。

そこは男女混浴でヌーディストビーチのように開放感あふれる世界が広がっている。。。わけもなく混浴でしたが水着を着用で入るものでした。

服を脱ぎ水着に着替えて扉を開くといきなり外に出て大小はありますが5つほどの風呂がありました。全て露天風呂だというように考えてもらうとわかりやすいかと思います。

ロトルアは火山活動が盛んで硫黄の臭いなどするところもかなり多いのですが私が入っていた浴槽から見える景色は

遠くには隆起した山が悠然と構えてその手前に見える湖には月の反射により静寂を強く主張します。空を見上げれば無数の星が瞬き、火山はその荘厳さとは裏腹に湖に写る月と星によりむしろ寂しいようにさえ見えてどこか落ち着かない、それでいて目を奪われるような美しさがそこにはありました。


景色に見とれていると湯につかりすぎたのかもともと低血圧の私はすこしのぼせてしまい、湯冷めのため椅子に腰をかけてまたその景色を見ていました


ぐったりと椅子にもたれていると自分がすごく遠い所に来たんだというような実感が湧いてきてニュージーランドに到着してから初めてともいえる望郷の思いに駆られ

大学生活のことや、部活のこと、家族のことなど日本のことを思い返していました。
これまでの3ヶ月間では1度たりとも「帰りたい」などとは思わなかったのですが不思議なものです

ホームシックに駆られるのがニュージーランド到着後、最も荘厳な景色を見ている時に初めて感じたのですから

ただ単に低血圧でのぼせて弱ってしまってたので家族や友人が恋しくなった、それだけのことかもしれません


そんなこんなで体もすっきりした私達はBATHを後にしモーテルに向かいます。幹線道路沿いにあるモーテルまで1時間とすこし車を走らせます

羊が1匹、羊が2匹、羊が3匹
牧歌が聞こえてきそうなほどの風景を脇に


George
待ってたよなんて思われた奇特な方はクリック
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ニュージーランド備忘録 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。