頼むから静かにしてくれ

はじめまして パチスロの勝ち方、雑感 ニュージーランドの話や戯言 時事関係や政治・経済などなんでも書いていきます よろしくお願いします

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

逃走論

逃げるということ。
厳しい学業から逃げる、仕事から逃げる、コンビニに強盗に入ったので逃げる、人生から逃げる(自殺)。

様々な場面で使われることが多く、一般的にはマイナスなイメージの意図や目的として使われる言葉であるが、では逃げるという行いは否定されるべきであるのだろうか?

結論から述べてしまうと選択肢のひとつとして人生において必須なものであることは一部の強固な意志で生きている人間をのぞいてまちがいないであろう。

私も昔は多少ながらゲームにはまっていた時期があり、よくドラゴンクエストなどのRPGをやっていた。敵とエンカウントすると

・たたかう
・じゅもん
・作戦
・逃げる

などの選択肢からモンスターを倒していく、または死ぬか『逃げる』を選択するのだがこれまでの冒険で逃げることなくモンスターを倒してきてレベルアップしているパーティーならば容易に敵を撃破できるであろう。ではそうでないパーティーの場合どうだろうか?これはもう死ぬぐらいなら一目散に逃げるしかない。かっこ悪いなど気にしている余裕などないのである。これまでの旅を悔いてもしょうがない。死という現実の前には自尊心や良心の呵責、ましてや大魔王を倒して世界平和など糞以下程の価値でしかない。
ゲームで例えるのは少し話が現実的ではないかもしれないが一個人の人生においても類似したことが言えるのではないだろうか?

強盗は臭い飯を食べたくないので警察から逃げるべきだ。
毎日職場で上司にこづかれストレスの限界のサラリーマンは逃げるべきだ。
父親のDVに耐えられなくなった子供は逃げるべきだ。

逃げるという選択肢は使用されるかどうかに関わらず必要であるということである。
少なくとも私はそう思う。

それでもデスタムーアからはやっぱり逃げられないのだがね。


George

押してくれるとまだ訪問者もほとんどいないのでものすごく嬉しいです

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 雑記 | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~なぜ勝てるのか・なぜ負けるのか~

今日もパチスロの話を書いて行こうかなと思います。ブログを立ち上げた理由としてはパチスロは全く関係ないのですが私自身のことはすこしでも理路整然と書きたいので多少ながら駄文になってしまいますがパチスロについてまた書きなぐっていきます。

なぜ本来、客であるはずの私のような人間がスロットで勝つことができたのか。方法論としてはかなり簡単です。かなりくだいて言えば出す店に行く、出る台をうつ。
これだけです。ただいくら出す店に行こうと店の総割数が100%を越えて出すような店は新規開店でもないかぎりまずないのでここから出る台に座ったら長時間打つ、出ない台に座ってしまったら見切るということをします。これだけでも意識できればトータルでも収支がマイナスになることはほぼないです。これに店ごとの台読みの精度、同業者の存在、並び時間等を考慮して打つといわゆるスロプと呼ばれる人達が出している収支に近づきます。どの作業も特別な知識は全く必要なく一般的な人間ならば容易に行える作業です。

勘違いしないでもらいたいのが『そんなに簡単ならスロプになろう』などとは絶対に考えないでください。スロプがその人生を犠牲にしてまで十分な対価を得られる時代はもう終わりました。状況が当時のように戻ることはもうないでしょう。

ではなぜ容易に勝てるはずのスロットで九割方の愚かな人間は負けつづけ不毛に貴重な時を費やし金を捨て続けているのか。これも単純に言ってしまえば彼らは馬鹿なだけです。競馬、パチンコなど単純ギャンブルに言えることですがこういった思考いらずに賭けることができるギャンブルをやる人間は圧倒的に愚かな人間の比率が高くなぜ負けているのかもわからずに収支も記録せず打っている人間が多いです。東大や京大をでてスロプになってしまう人間はいてもパチンコにはまり負け続け人生を棒にふる人間はいません。
具体的になぜ負けるのかですが、勝つから負けるのです。誰も100%負け続けたらスロットなんていうくだらない絵合わせなどやりません。負けるはずだった台で勝った体験がさらに負ける台をうたせ、結局期待値ぶんきっちり負けるということです。長い目で見た場合パチスロはギャンブルではありません、莫大な数の乱数からフラグを抽出しているにも関わらず出玉のほうは期待値通りにほぼ分布します。ギャンブルでないものをギャンブルとして遊び一喜一憂して意味のない感情に振り回され熱くなる。
終末論のほうがいくらかましでしょうか


George



にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 スロットブログへ

| パチンコ パチスロ | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話②

前回、パチスロはくだらない。そう書かせていただきました。

なぜくだらないかですが前回は時間の浪費、時間対収入について書きました。

今回はその生産性のなさについて書きたいと想います。まず絶対的に言えることがパチスロを打っているのは何の役にも立たないということです。趣味として多額の金を消費してそれでもなお楽しい、人生に欠かせないものである。そう考える人は打ち続けて構わないと思います。いつも負けてばかりでストレスが溜まる、でもやめられない依存になってる人は何を犠牲にしてでもやめるべきです。また勝てる台しか打たない、パチスロは勝つために打ってるという専業の方は現状が限界だと思います、理由は多々ありますがこれ以上状況が好転することはまず間違いなくないでしょう。それでもこれで稼ぐしかないんだという人がこのような稼業をしているのだと思いますが、、、

パチスロを長い期間打ち続けて収支を記録していると結局は打った台と時間、それに応じた収支にしかなりません。具体例をあげるとエヴア魂の軌跡の天井まで300Gの台を100台打ったとしましょう、一台の期待収支は1500円です。ある一台が天井まで引っ張られコイン持ちもわるく天井中に追加投資させられたあげく10000円負けたとしましょう。では100台打った時はどうでしょうか?結果は100%勝てますし、実際の収支も誰が打っても確率の分布内におさまります。設定をうつにしても同じです。パチスロはほとんどの客が偶然勝てる、偶然そうなることを期待して打ちます、また実際にうっていてもそういった感覚に陥ることが多いです。ヒキが強い客は勝つ、弱い客は負ける。こう思わせられるところがパチンコ屋が営業できている理由の一つだと思います。

偶然を期待してうつが結果は必然にしかなりえません。必然に勝ち、必然に負けることのどこにギャンブルとしての面白さがあるのか。暇つぶしとしてなら現代社会には他にクオリティが格段に高いものが溢れています。

何も生み出さず、ギャンブルとしての面白さは二流、勝っている人間も所得としては不十分、どこに何を生み出す要素があるのか。


George



にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 スロットブログへ

| パチンコ パチスロ | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死んだ魚の目

よくやる気のない人間、何の感情も目から読み取れない人間の目を形容して死んだ魚のような目と表現するのを耳にする。

死んだ魚のような目、、、
外見は徳をあらわす。徳は外見をつくる。といわれるがはたして本当にそうであろうか?さっぱりした外見で口がうまく表情も豊かで包容力豊かに見える人間がいたとする。
はたしてこの人間は信用に値する人間なのであろうか?

一方、顔には笑いじわがほとんどなく顔から読み取れるのは厚い涙袋のみでそれこそ死んだ魚のような目をした人間がいたとする。はたしてこのような人物は人生で楽しいことなどなく陰欝に生涯をはってきたのであろうか?

私はどちらもわからないとしかいいようがない。表情豊かな人間は果たして人間性まで豊かなのであろうか?単純に物事を考えわかりやすい人間として処世してきた浅い人間なのではないだろうか?陰欝な人間はその思慮深さゆえ他人には理解されないであろう感性をもって生きてきたのではないだろうか?

すこしだけ考えて見てもいいのではないか。

すこしだけそんなことを考えた。

George



にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| 雑記 | 22:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話

すこしパチスロの話を書こうと想います。

いわゆる回胴式遊戯機といわれるものでレバーを叩くと各機種それぞれに用意された65536個のフラグから一つを抽出し各役において払い出し、ボーナスなどの放出を行い払い出し口からそれに応じた枚数を払い出すというくだらないギャンブルです。

パチンコ、パチスロに関してはくだらないという表現が1番適しているかと想いますのでこのように書かせていただきます。実は筆者は一年間ほどセミプロ生活をしていたことがあり、かなりパチスロの勝ち方については精通しています。そんなことはどうでもいいとしてなぜくだらないかをすこしだけ書いていこうと想います。

まず私がいわゆるスロプロ生活をしていてパチスロを打っていた時に最も感じたことが時間の浪費です。現在のパチスロ事情を考えると一日も休まず毎日パチンコ屋に通い、厳しい基準を設けて勝ちに徹してうつとすると月に30万円かつのがせいぜいといったところでしょう。何の保障もなく何の保険もなく何の生産性もなく稼ぐ額としては一般成人男性としてはすこし心許ない金額です。しかしこれはパチンコ屋にいる人間のわずか3%の人間で一般的なパチンコ屋の客は必ず負けます。パチンコ屋に通っていて勝ちに徹して台を選んでいると店に置いてある台の99%は負ける台ということがわかります。そしてそんな台をためらいもなくうちだし当然のごとく負ける客をみてきました。


すこし長くなってしまいましたので後日追記します


George



にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 スロットブログへ

| パチンコ パチスロ | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

教訓めいた話

昔々、ある船に乗った三人の兄弟がいました。

兄弟たちの船は激しい嵐にあい無人島に座礁してしまいます。そこは神様の所有する島で神様は天から三人の兄弟に今日からこの島で暮らしなさいと告げました。そこで兄弟たちは食料と水を確保するため島の中心に位置する山を登ることにしました。

山を少し登ったところには豊かな土壌と山からの雪解け水が流れてきており、末っ子のジムは僕はここで生活を始めると山を登ることをやめてしまいます。

一方、兄達はまだ山の上にはもっと素晴らしい環境があるのではないかと登山を再開します。すると山の中腹あたりにはオレンジ、バナナなどがなる緑豊かな植物に囲まれた場所を見つけます。すると次男のマイクは私はこの緑豊かな土地で生活するとなりました。

最後までのこってしまった長男マイケルはそれでもまだ山を登り続けます。中腹を越えるとあたりは生命の香りが消え、一面が岩や火山灰のなごりなどとても人が住める環境ではありませんでした。それでもマイケルは歩むことをやめず遂に山頂にたどり着きます。
あたりには何もなく風が吹きつけ空気も薄くなっていました。
しかしマイケルはひき返そうとは微塵も想いませんでした。
山頂からの景色はこの世とは思えぬ荘厳さでマイケルの心をうったのです。

George



にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| 雑記 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バトンなるものを使わせていただきました

自己紹介バトン

Q1 あなたのお名前は?
A1 秘密
Q2 生年月日・星座は?
A2 1986年2月13 バレンタインイヴ
Q3 血液型は?
A3 A
Q4 好きな食べ物は?
A4 うどん
Q5 逆に嫌いなのは?
A5 まずい焼酎
Q6 異性のタイプはどんなひと?
A6 三次元の娘
Q7 いま好きな人か付き合ってる人いる?
A7 NO
Q8 異性のどんなしぐさにグっとくる?
A8 鎖骨
Q9 好きな映画は?
A9 I am sam
Q10 好きな色は?
A10 群青色
Q11 趣味は?
A11 読書 麻雀
Q12 兄弟は?
A12 2人
Q13 ペット飼ってる?
A13 NO
Q14 なんか習い事やってる?
A14 NO
Q15 いまバイトしてる?してるとしたらなに?
A15 YES 秘密
Q16 いまの身分は?(学生・社会人など)
A16 ニート
Q17 携帯どこの使ってる?
A17 DOCOMO
Q18 何年くらい使ってる?
A18 三年
Q19 S?M?
A19 要望があればどちらでも
Q20 身長いくつ?
A20 177
Q21 体重は?
A21 62
Q22 足のサイズは?
A22 26.5
Q23 好きなマンガは?
A23 HAPPY
Q24 好きなテレビ番組は?
A24 テレビ見ない
Q25 何時に寝る?
A25 日による
Q26 何時に起きる?
A26 日による
Q27 持病ある?
A27 ない。
Q28 鞄のなかにはいつも何が入ってる?
A28 愛
Q29 いまの待ち受けは?
A29 携帯かったときのまま
Q30 いまの着信音は?
A30 電子音
Q31 パソコンには強い?
A31 強くはない
Q32 ブログを始めたきっかけは?
A32 記事参照
Q33 ブログを通じて友達がほしい?
A33 正直いらない
Q34 特技は?
A34 英会話、サッカー
Q35 質問長い?
A35 うん
Q36 資格は何かもってる?
A36 TOEIC700等
Q37 これからとりたい資格ある?
A37 貿易実務検定 通関士
Q38 実は自分は○○○だ。
A38 ちゃねらー
Q39 子供のころの夢は?
A39 何不自由のない暮らしを送ること
Q40 今髪の長さどれくらい?
A40 普通?
Q41 何色?
A41 黒
Q42 スリーサイズをどうぞ
A42 知らん
Q43 チャームポイントは?
A43 んー、こんなの自分で宣うことじゃない
Q44 今ままで生きてきて一番恥ずかしかった事件は?
A44 特に想いだせない
Q45 得意料理は?
A45 炒飯 親子丼
Q46 大分あなたのことがわかってきた気がしますが?
A46 そうですか、ずいぶん表層だけしか見ないのですね。幸せな人生を送れるとおもいますよ
Q47 正直、ここまで答えるのに疲れた?
A47 YES
Q48 正直、手を出したことに後悔している?
A48 そんなことないです
Q49 このバトンをまわすひとの名前を5人どうぞ
A49 え?
Q50 最後にひとこと!
A50 頼むから静かにしてくれ

| 雑記 | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログ開設の理由~贖罪~

太宰治の人間失格の冒頭は次のような言葉で始まる
『恥の多い人生を送って来ました』

彼は晩年、人生に絶望して死を選んだがはたして彼の生涯は絶望に満ち、辛辣なる苦汁に悶えながら生きていたのであろうか?
私は違うと想う。走れメロスでは生き生きとした裸で走る少年を描いている。

何がきっかけになるかわからず人は全く予期せぬ道に迷い込み、迷い込んだら出口は見つからず、入口に戻ろうとしても盲目になり見えなくなることがある。手探りで進むにはあまりにも暗く恐ろしい道に


私もそのような暗い道を経験しいくつかの...いや当時の私にとっては全てともなるものを裏切り、捨ててきた。これは自分を卑下しているわけではなく、厭世的な考えから書いているのではなく、ただ単純にオナニーが終わった後に横たわっているティッシュのように事実としてそこにあるだけである。もしくはそうなってしまっただけである。

そうなってしまった信頼や自尊心などをこれからの人生をかけて取り戻す努力をすることが私の贖罪であり、ブログを開設したのはその足がかりとなればと考えてのことである。

George


≫ Read More

| 雑記 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日からブログなるものを徒然に書いて行こうと思う

簡単に自己紹介でも

25歳いわゆる世間一般でいう二流大卒ニート...

簡単すぎましたね
ブログ作ってみたはいいけどどうしたもんか考えています。

ちょっと2ちゃんねるにでも相談してきます

| 雑記 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。