頼むから静かにしてくれ

はじめまして パチスロの勝ち方、雑感 ニュージーランドの話や戯言 時事関係や政治・経済などなんでも書いていきます よろしくお願いします

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~サイレントマジョリティ~

パチンコを打っている人の大部分は物言わぬ多数派・サイレントマジョリティだ


業界関係のブログあるいは個人のスロット・パチンコブログや情報サイトに掲示板

感情的に書きなぐっていたり理知的に書き連ねていたりするけれどどれもこれもある種の余裕が感じられる文章だったりしてホールとの違和感を覚えます


かなり引き負けているのだが先日、懲りずにパチンコのルパンを打っていました
朝からぶん回していたのですがマックスを打っている時は暇でスマホをいじるのにも飽きすこしまわりの様子を伺いながら打っていました
隣の台にはかわるがわる若者からおばちゃんにおっさんなど5人ぐらいいれかわって座りましたけどみな一様に盤面に釘付けで大当たりを祈ります
叩かれているのは釘か心か、ゲージ棒で計られているのはへそか器か



ある者は願いが通じまたある者は無残に散る、華々しさなどない

彼らが考えていることは

「出てよ、勝ちたいよ、うるさいよ、けむたいよ、やめたいよ」


そんな直情的なものしか出てこなくなるでしょう。私もどちらかといえばこちら側ですね
ブログでなにか無理やり屁理屈を並べていますけど私も依存症です

タバコをやめてみて気づきました
自覚症状のない病気でやっているうちはいいんですよ、実害はなくて平気なふりして歩けるんです

大丈夫大丈夫ってね


でもそうやってパチンコ台の前に座り大当たりを祈る大多数の人々が考えることってそーーーーんな難しいことじゃないんですよね


当たってくれ、頼む、フリーズしろ、GOD引け、6だろこれ


依存すれば余裕がなくなっていき思考は単純化して感情的になっていく、もしくは静かになっていく

パチンコ屋にいる人ってそういう人達が大半なんじゃないかな
理知的に台を見つめ完全に客観視できている人ってまず見かけることはありません


だから期待値がどうたらこうたら引きよわ引きつよなんだかんだホールのマーケティングがどうたらなんてネット上で見るとなんだか妙な違和感を覚えます

いったいどこの誰に向けて遊戯人口の減少は憂うべき事態ですなんて書いているんだろうと感じることがあります
大多数の人はパチンコの隆盛なんて望んでいないのだから


サイレントマジョリティの方が思うのはただ当たってほしい、ひきよわでもひきつよでもどっちでもかまわない、期待値があるかないかすらどうでもいい、ましてや遊戯人口の減少なんてクソどうでもいい

できればパチンコやスロットなんてやめたい、けどやめれない
からせめて今日は当たってくれ、救われたい、死にたくない

まぁこれは極端ですけどこんな悲壮観漂う考え方はしなくとももっと淡白で似たような拒絶感を抱く人は多いでしょう

だからサイレントマジョリティにとってブログに書いていることってほんとにどうでもいいことばかりなはずなんですよね、稼動日誌とかは代替物として疑似体験できる媒体として有用なのでしょうけどまぁ小賢しい論説なんかをありがたがる人は少数ですよね



依存症ではないと、スロットが好きで趣味ですって人も長いこと専業でやっててこれが生きがいなんだって人もストックホルム症候群だけだったりしますしいったいどこの誰のためにスロットとかパチンコって存在するんだろうなぁなんて疑問に思うことがあります



ハイエナに正義はあるのか、専業はありかなしか、収支はどれだけぶれるのか
長く打てば打つほど依存していきやめるのが一番という結論になり情緒も正義も分別も瑣末でしかなく疑問に思うのもめんどくさくなり
静かになる大多数の依存症達、サイレントマジョリティ

しょうがない、考えるだけ無駄ってどんどんふわふわした考え方になっていき薄っぺらくなっていく



だからね、いいかい?お願いするんだよ

お願いです。お願いします。どうか、私に、私の重みを、返してください・・・ってね
忍野george
気が向いたらどうぞ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| パチンコ パチスロ | 20:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~確率的な世界の中で可能性の高いほうに賭けて張ってつくばっていく~

例えばルーレットの中を転がる真球のように、パチンコ台の中を走る真球のように蓋然性の高い動きをしているものがほとんどであればこの世に宗教もうさんくさい運命論も占いも詐欺もなかったのかもしれない


パチンコで勝っている人は確率がどのぐらいの残酷さをもって襲ってくるか、どのぐらいの「期待値」があるかについて考えることにはかなり長けているのであろう



それは単純に統計なんてものではなくてもっと精神に根を張った覚悟に近い


給料の半分を一日で得ることで喜ばない人はほとんどいない、能面のような顔をして喚金所に向かうその足取りにいっさいの軽快さはなくかといってしっかりと踏みしめて歩いているわけでもない
踏みしめたら割れてしまう薄氷の上を歩いているような危うさだ


差し足抜き足忍び足・・・


割れてしまうような氷なら今すぐに踏み抜いたほうがいい、水に沈み凍えることになろうともだ



人生は選択の連続だ

人生とか人間とかいう言葉は極力使わないことにしよう、したり顔でそんなことを言う人間はろくな人生を送っていない←




選択をするということは確率的に可能性の高いほうに賭けていくことであるのならば確率論はこの世界では聖書よりもためになる代物なのかもしれない

かもしれないじゃない、おそらくは無神論者か汎神論者が大多数を占めるこの国では断定的に確率論のほうが「バイブル」たりえるものだ




さもすれば統計的に分解されつくしているこの世の中で理想的な、確率に基づいた「人」というのはどういう人なのだろう


資産家の子供に生まれることは成長を妨げるとしばしば言われるので不自由なく暮らせるほどの家に生まれる

両親は健在で兄弟は一人に犬が一匹、3LDKのマンションに住む
幼稚園では花組に入れられて花壇を育て美的感覚を養い小学校から野球をはじめ身体的能力や運動神経を促進させる
中学に進み高等教育の準備のために教養を深め友人とすこし悪いことをし、下の毛が生えてこないなどと誇るべきでもなく恥ずべきでもないが重要な悩みにさいなまれる
高校に進み彼女をつくり青春を知る
大学に進み講義のノートを集める要領のよさに助けられロースクールに同時に通い法に傾倒していく
検事を目指すが挫折を経験し弁護士事務所に勤めて雑務に追われ社会性を養う
勉学が実り検事になり正義を下す



モデルケースとしては疑問だらけでしょうが確率的にはおそらく大きなずれがない理想的な人生たりえるものでしょう
じゃあこの人はいっさいの後悔をしていないのだろうか?


100%の確率でノーだ


日常的に確率の高いほうに賭け続けることで後悔しないようにする
しかしそれはあまりにも無意識のうちに行われる、いつどこで可能性の高いほうに賭けたのかなどほとんど覚えていられない
いつどこでどんな選択をしたことを後悔すればいいのかもわかったものじゃない
なんとなく後悔すべきそれらしきものは誰でも思い出すことはある

後悔はパチンコ台の中を走る真球がフロックに吸い込まれるような限りなく偶然に近い必然だ

どうしようもない


それでも期待値があればまわし続けるしかない、打ち続けるしかない、まわし続けるしかない


たとえ、いくら負けようともだ



















4月収支ー134187円
George
安い後悔だと思った方はクリック
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 23:51 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロの話~整合性の欠如ってやつだ~

うみねこのなくころに


設定1でもプラスとは聞いていただけで今まではスルーしていたのですがこの台、機械割が1をフル攻略で102.8%あるみたいです

一日回せば日当てで2万、時給で1500円程度あるみたい
パチンコで2万から3万の間で四苦八苦して探して打っている最中には止め打ち注意を気にする現状を考えればめちゃくちゃ甘いですね


ということで今さらながらすこし触ってきました



ひさしぶりにビタ押しなるものをしてみた結果、かなり下手くそになってました

けっこう目押し力とか早回しとかは自信があるほうだったんですがビタ押しが必要な機械は最近はほとんどないうえにそもそも打っている時間も減りましたしね


それでも初めの2回とも30Gだったのはへこみました





最初は直視だけで普通に、スイカを狙うのと同じように狙って止めたらなんか止まらない

どうしたもんかと思案した結果、直視とタイミング押しの併用とでもいうんですかね
10秒ぐらいリールを回してタイミングを取りながら同時にリールを凝視することでその後の20回ほどは全て成功しました


バシバシッバシなんてかっこよく決めたかったのですが現実はバシバシジーーーーーーートントンバシでした

はたから見たら最近打ち始めた人のように写ったでしょうけどどう打とうが成功させることのほうが大切です
体裁を取り繕ってもしょうがない


大切なのはいま自分にできることを数え上げ最善を尽くすことだ





なんて割の良さばかりが取りざたされていますけどこれシステム面や出目などスロットとしてなかなか良くできてます

ビッグ後に必ずはいる完走型RTと比較的軽い初あたり、まっさきにガンダムⅡを思い出しましたがあれも割が甘くRT中の演出進行度でボーナス期待度の示唆と出目の良さがよくできてましたね


スロットとしてもよく出来てますしRT中の会話などがサウンドノベルとして面白げです
いかんせん内容が内容だけにストーリーが途中でぶつぎりになっているので原作を読んでいない私には完全には理解できませんでしたけど概要ぐらいはどのエピソードも掴めます


魔法かトリックか、その暴きあいばかしあいの謎解きのような物語だと見受けられましたがこういうのはけっこう好きだったりします
逆転裁判のようなものですかね、家裁の人・・・はちょっと違うか




ひさしぶりにスロットを打って原作を読みたくなったのでamazonの欲しいものリストに加えておきました






うみねこを打っていたり羽根ものを打っている時もそうなのですが、パチンコやスロットに大事なのって緊張感と達成感だと感じることがあります


うみねこに関して言えばビタ押しを失敗してRT30Gしかもらえなかったとなってもなんだか納得がいくのですよね、それは自分が招いた事態ですから不幸というよりかは自分の技量が至らなかったと納得するだけの理由があります

羽根ものでも単純に自分が下手くそで出ないんだなと感じる時は練度が足りないと自分を戒めることで目の前の少量の出玉にも納得がいきます


納得がいくというのは事実を消化できるだけの整合性があるので心地よいし快いし楽しいものです
それを快楽と呼ぶのなら単純な運の出来に大半が左右される今のスロットやデジパチは享楽と呼ぶべきですが


パチンコは享楽では回らない

かといって快楽を得るためには今のパチンコはあまりにも状況が整っていない、整合性の欠如ってやつだ


だからみんな享楽に走る

けどね、享楽の台はボーダーが低いだけなんだよ
George
気が向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 01:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

村上春樹風スロット小説

小説って書いてみたかったんですよね
暇な方はどうぞ



完璧なスロットというのは存在しないんだよ、完璧な依存というものが成り立たないようにね


そういって彼は重い目のくまをたくしあげ笑った。ずいぶんとしわの少ない顔に見えた。綺麗な顔とは言えない。死んだ目をしているわけでもなくどこかを見つめているようにも見えた。過去の思い出でも回想しているのだろうか


違う。宵超し天井を探しているのだ



「ねえ、ここにいる人たちはみんなハイエナしてるわけ?」と緑はジャグラーのパネルを不思議そうに見つめながら言った
「おおくは・・・ね」そういって彼は目のくまを重たそうに下ろした
「男の人ってどういうこと考えながらスロットを打つわけ?」
「勝った金で風俗でも行こうかとかかな、上等なので家族サービスとか」
「ふうん」



ずいぶんと関心の薄い緑がバレンタインデーの下駄箱にチョコが入っていないぐらい当たり前で予想を裏切らない反応をしたことに僕はがっかりしたし安堵した



ホールを回って見るがハイエナできそうな台はない。放水車で撃退された学生運動の成れの果てのようだ

すこし打ってみようか、そういって彼女を誘った。ジャグラーだ。ピエロはいつも笑っている。失笑か嘲笑か微笑みかはわからない。
笑っている。とにも、かくにもだ


「ねえ、いい大人がこういうことしてるってやっぱり異常じゃない?」と緑は怪訝そうな瞳を向け、訊いた
「異常・・・だね」
歯間にホウレンソウでもつまったような物言いだ

「あ、光った」紫色の光に包まれた緑はそう言った。怪訝な瞳が破幻の瞳だと考える僕の思考回路にドロップキックしたい。カナディアンバックブリーカーでもかまわない。

「777と揃えればビッグだよ」


そう聞いて緑はしどろもどろにリールを止めた。ビックだ。スリーセブン。6000円とちょっとだ。

出玉を全て飲ませて「飽きたわ」緑はつまらなそうに言った
「そうだね、つまらないし無為だね」
「無為?ずいぶんと聞きなれない言葉を使うのね。無駄ではダメなの?」
「駄馬でも荷物を運ぶくらいはできるだろ。ためにならないから無為なんだよ」
「そう」



車に戻りカーステレオの電源をいれる。こなーゆきーと聞こえてきたが僕の地方では雪など降らない。粉雪に共感などできない。



「じゃあ、ホテルでもいこうか」彼はギアを入れながら言った
「パチンコに連れてきてそのままホテルってあなた何を考えているの?」
「それはそれ、これはこれである。冷たいようだけど地震は地震、野球は野球である。パチンコはパチンコ、ボートはボート、そしてファックはファックである」



緑は帰ってしまった
George
いまいちかなと思った方はクリック
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 02:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチンコの話~出来そこないラプソディー~

こんばんは

パチンコやパチスロの演出についてですがいいかげんに作ったほうがむしろいいんじゃないかと思う時があります


激熱演出はちゃんと当たって欲しいとか赤保留は最低でも期待度30%は欲しいとか客の要望でそうなっているのでしょうがもっとバランスもめちゃくちゃにしてどの演出でも当たるぐらいのほうが打ってて心地良い気がします


というのも最近、バジリスクを打っていたんですよ
スロットではなくパチンコのほうなのですがもう演出バランスが一昔前の出来そこないみたいな台で作画もけっこう目につくところがあったり作りこまれているとはお世辞にも言えませんでした




けれど作りこまれていないはずなのに他の台より打ちやすかったんですよね



これ、パチンコだけの話ではなくゲームなどもそんな風に感じる時が多いです
ドラクエも8より4や5のほうがとっつきやすい、良い意味でのチープさがありますしFPSよりも昔の任天堂64の007のほうが面白いという人も多いでしょう

黄金銃を探して打ち殺すというシンプルなゲーム性でしたがゲームもパチンコも遊びはシンプルなほうが受けると思います




技術的に進歩すればそれだけ複雑難解な表現の仕方が可能になるのでしょうけど盤面に写っているものを見るのは人の目であり脳が処理するものなので処理能力が疲れを感じてしまえば目の前の美麗な映像もわずらわしくなる


美術の進歩はグラフィックの発展の歴史でも画材の発展でもなく感性による発展なんて言われるかどうか知りませけど単純な図式の美しさ、フィボナッチ数列とかそういうところに美しさはあるんだと思います



だから奥村のバジリスク開発陣があれを意図して作ったのかどうかは置いておいても個人的には好印象な台でした


昨今の演出事情に関してはこれがこうなってここでチャンスアップがあってカットインがきてボタンが赤かったりでかかったりしてようやく当たるか当たらないかの勝負に立てる台が多いですがバジリスクはいきなり発展してそのまま当たったりしました


謎当たりというやつですね


ちょっと前のパチンコはこういう台が多かったのにいつのまにか演出がインフレ化しすぎて野暮ったくなったのか



慶次がまさに演出の歴史を表している台ではないでしょうか

初代慶次はマックスタイプの先駆けということもあり大ヒットでしたがあの台のなにがすごかったかっていうと演出バランスの奇跡的な崩壊具合だったと思い出します


保留4個の状態で変動開始してものの1秒でいきなり大ふへんもの図柄が降ってきて大当たりやボタンプッシュでセリフ白字でのキセルからストーリー、無予告から発展して襖赤タイトル赤セリフ赤で当たりなどなど



なにがどうなってもなんとかなるんじゃないと思わせるようなバランス具合でしたがその後、出るたびにマイナーチェンジを繰り返してしまう惨状





どうしてこうなったのかは知りませんし最近でもAKBなんかはよくできていると感じましたが綱渡りで渡りきれたら当たりという台がほとんどになりましたね


どうだ、こんだけ綺麗な液晶でウーハーを聞かせてすごいだろというのもたしかにすごいんですけどパチンコやスロットの演出って当たるか当たらないかを見せたり考えさせたりするのがメインで綺麗かどうかは二の次ですから綺麗にしたぶんパチンコの本質からずれていっては本末転倒です


綺麗なものを見たければ美術館でも水族館でも登山でもいろいろありますし
パチンコの演出に綺麗さとか求めてる人なんて遊戯人口の1%もいないんじゃないでしょうか



だから目の前で打ってる人の服装ぐらい着崩れて汚れてたりしてても大丈夫だよ
George
飢餓向いたら押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| パチンコ パチスロ | 00:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。